21. オートメーション機能のご紹介

think-cell の高機能により、PowerPoint で高度なデータグラフを作成することができます。定期レポートを自動化する、またはパラメーターを基にしたグラフを作成するためにウェブサービスを利用する、または業務レポートをPowerPoint のスライドとしてエクスポートする場合にはどうすれば良いのでしょうか? think-cell のオートメーション機能を使えば、Excel や JSON のデータを使用して、よくみられるミスなく、この種の作業を手作業で素早く実行できます。以下を用意します:

1.
think-cell グラフのあるPowerPoint プレゼンテーション
2.
オートメーションを制御するプログラム ロジック

まず、think-cell のグラフとスライド タイトル用のテキストボックスを使用して、オートメーションのテンプレートとして使用する PowerPoint プレゼンテーションを作成します。

1.
グラフの作成方法」 で提供されている説明の通り、PowerPoint でグラフを作成し、チャプターを作成します。軸、矢印などあらゆるデコレーションなどがthink-cell のグラフで対応できます。無名称オートメーション用のthink-cell テンプレート

初期データは後でプログラム上、実データと交換されるので重要ではありません。

2.
グラフのコンテキスト ツールバーで、UpdateChart Nameと表示されるフィールドをクリックします。
3.
後で参照する固有の名前を入力します(例:Chart1)。名称オートメーション用のthink-cell テンプレート
4.
スライドにスライドタイトルを表示させる必要がある場合、[Elements](要素)メニューから[Named Text Field](名前入りテキストフィールド)を挿入します。
5.
テキストフィールドのコンテキストツールバーで、[UpdateChart Name](グラフ名の更新)と表示されているフィールドをクリックします。
6.
後で参照する固有の名前を入力します(例:Title)。名前オートメーション用のthink-cellテンプレートのテキストフィールド
7.
template.pptxとしてプレゼンテーションを保存します。

次の手順では、ExcelやJSONのデータとテンプレートスライドを統合するプログラムロジックを作成します。

上記のプロセスを使用し、think-cell グラフの任意の組み合わせでプレゼンテーションを作成できます。必要に応じて、グラフのライブラリとさまざまなデコレーションが可能なバージョンを作成することができます。その後、これらのテンプレートを自由に組み合わせ、ExcelまたはJSONのいずれかを使用して新しいプレゼンテーションで使用するデータをテンプレートに入れることができます。

注:この方法を使えば、グラフ作成やグラフ デコレーションの追加が非対応の一般API を使う必要はなくなります。

think-cell は、本サイトの機能、パフォーマンス、セキュリティを強化するためクッキーを使用します。本ウェブサイトのすべての機能をお使いいただくには、お客様の同意が必要となります。think-cell によるクッキーの使用およびお客様のプライバシー権に関する詳細は、当社のプライバシーポリシーでご確認いただけます。