think-cell、ダルムシュタット工科大学でC++講演シリーズを開催

ベルリン、2013年10月8日

2014年2月17日~21日に、think-cellの共同創設者兼CTOのDr. Arno SchödlがモダンなC++プログラミングに関する一連の講演をドイツでトップクラスのコンピューターサイエンス学部がある、ダルムシュタット工科大学で行います。

現在、ダルムシュタット工科大学でコンピューターサイエンス、数学、物理学を専攻している学生なら誰でもこの講演を聞くことができます。C++の基本的なコンセプトと特長のほか、標準ライブラリに関する説明が行われ、C++ソフトウェアの開発で生じる問題のベストプラクティスの解決策を学ぶことができます。

トップクラスの大学でC++の教育を促進することは、プログラミング言語自体の将来を守るためのthink-cellの活動の一部です。2013年1月現在、think-cellはドイツ標準化機関(DIN)でコンピューター言語グループの主要なスポンサーを務めており、国際標準化機構(ISO)でのC++標準化活動に積極的に参加しています。

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cellの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。