think-cellの最新機能

継続的改善

think-cellサブスクリプション ベースのライセンス モデルにより、お客様に追加費用を負担させることなくソフトウェアを継続的に改善することができます。安定性とスピードの通常の改善に加えて、優れた新機能を含む無料のアップデートを定期的にリリースしています。これにより、think-cellの機能性と効率性が向上し、さらに簡単に操作できるようになります。このページでは、ソフトウェアのこれまでの改善履歴について簡単にご紹介します。

アップデート方法

think-cell 12は既存のすべてのお客様にご利用いただけます。追加費用はかかりません。また、無償トライアルですべての機能をお試しいただくこともできます。

think-cell 12:これまでのthink-cellの良さはそのままに、コントロール性能をさらに向上

think-cell 12でPowerPointをさらにパワーアップ。プロファイルグラフの追加により、拡張を続けるグラフのポートフォリオがさらに充実。本リリースの新機能として、さらに多くの情報を簡単にコントロール、接続、そして表示できる機能も加わりました。複数のパーティションに色付けが可能になったり(従来は片側にだけ可能)、ハーベイボールやチェックボックス、さらには画像までもExcelのデータにリンクすることが可能になったりと、think-cellは毎日の作業時間短縮を実現し、プレゼンテーションの魅力を高めます。こんなにシンプル。

本リリースの新機能:

回転した折れ線/コンボグラフ

回転した折れ線グラフ. 回転した積み上げグラフや集合グラフと同じ方法で、プロファイル グラフとも呼ばれる回転した折れ線グラフや回転したコンボグラフを作成できます。

同様に、回転した積み上げグラフまたは集合グラフの場合、グラフタイプコントロールを使用して、回転を維持しながらグラフタイプを折れ線に変更できます。

think-cellのプロファイルグラフを使えば、非常に複雑なデータのトレンドを特定のトピックエリアに関連するバリューエリアや管理点を示すデータによって簡単に視覚化することができます。

一般的なユースケースには次のようなものがあります:様々なカテゴリーにまたがる企業または製品の比較、パーソナリティプロファイル、金融業界および銀行業界向けのマーケットプロファイル

回転した折れ線グラフとエラーバーを使用して、サッカーフィールドを作成できます。これらを使用して、アイテムの低い値と高い値、およびそれらの間の広がりを視覚化できます。

低値と高値、2 つの値の幅がバーで表示されたフットボール チャート.

フットボール チャートグラフの作成方法:

  1. 回転する折れ線グラフの作成
  2. データシートに低い値と高い値を入力します。 Football field chart datasheet.
  3. 低い値と高い値の両方のラインを選択
  4. 右クリックして think-cell のコンテキスト メニューから [誤差範囲の追加] を選択します。
  5. 低値と高値のバーとデータ ポイント両方に希望のエラーバーと形式を 1 つ選択します。通常、サッカーフィールドグラフでは6ptなど、太いエラーバーに切り替え
  6. チャートの背景を右クリックし、コンテキスト メニューから [グリッド線を追加] を選択します。グリッド線のスタイルを設定するには、いずれか 1 本を選択し、Ctrl+A を押してすべてを選択します。薄い色など、フローティング ツールバーから書式設定のオプションを選択できます。

散布図のパーティションの塗りつぶし

散布図とバブルチャートで個々のパーティションを直接選択できます。これにより、必要に応じて、各パーティションに異なる塗りつぶし色を簡単に適用できます。前に、パーティションラインを選択して、ラインの片側だけに塗りつぶしの色を選択しました。

塗りつぶしの色を選択するために1つのパーティションが選択されている散布図.

4つのパーティション塗りつぶしを含むグラフを作成するには、次の手順に従います。

  1. 通常どおり散布図を作成します
  2. 交差する2つのパーティションラインを追加します
  3. マウスポインターをパーティションの1つに移動すると、選択対象としてオレンジ色で強調表示されます。
  4. パーティションを選択し、塗りつぶしの色を選択します
  5. 他のパーティションについても繰り返します。

これは、非線形のトレンドラインで囲まれた領域でも機能します!

データレイアウトが編集可能

内部データシートのレイアウトや、Excelリンクのレイアウトもカスタマイズ可能になりました。

これは、レイアウトを変更したくない既存のExcelシートにグラフをリンクしたいときに特に有用です。例えば、このようなExcelのシートがあり、選択された範囲から縦棒グラフを作成したいとします。

グラフ用のデータが格納されているExcelシート.

  1. 範囲を選択して[挿入]think-cell[PowerPointへのリンク][積み上げ] をクリックします
  2. グラフをスライド上の好きな位置に配置します。

リンク範囲結果では、最初のデータ行が100%の値、最初のデータ列が系列ラベルとして誤って解釈されます。

データを正しく解釈するために:

  1. リンクした範囲の緑色の境界線を右クリックして、[データレイアウトの編集] リンクされたExcel範囲、コンテキストメニューが開いた状態、データレイアウト編集の上にマウスを置く. を選択します。
  2. 系列ラベル100%= リンクされたExcel範囲に [データ レイアウトの編集] メニューが表示されます. を無効にします。
  3. PowerPointのグラフ上の緑色の更新フラグをクリック。

リンクがすべてのリンクされたセル(最初の行を除く)をデータの数値として正しく解釈、データ列が系列を示す。

系列にラベルを付けるには、グラフを右クリックし、[系列ラベルの追加]を選択し、ラベル内のプレースホルダーをそれに応じて入れ替えます。最終的にはこのように表示されます:

リンクデータから作成した積み上げ縦棒グラフ(レイアウト編集済み.

注記: グラフの内部データシートで作業をする際は、[データレイアウトの編集]ボタンはウィンドウ上部のクイックアクセスツールバーの中に表示されます。

データリンクダイアログで[スライド上の強調表示]をクリックすることで、外部ソースにリンクされたスライド上のすべての要素を強調表示し、データリンクの管理を簡単に行うことができます。

Excelにリンクされている スライド上の強調表示リンクテキストフィールドとその横のデータリンクダイアログ. テキストがデータリンクダイアログにリストされるようになりました。

テーブル、テキストボックス、その他の要素の位置をデフォルトでロックするオプション

think-cellテーブル、テキストボックス、およびその他の要素は、自動的にサイズ変更および配置されます。この高度な自動化により、時間を大幅に節約できますが、PowerPointの標準モードとは大きく異なります。新しいオプションにより、サイズと位置を自分で制御しながら、think-cellの新しい要素にアクセスでき、両者の長所を活用できます。これは ツール メニュー アイコン. [ツール ] メニューにあります。

デフォルトで位置をロック]オプション. ロック アイコン. [デフォルトで位置をロック] は、think-cell 12ではデフォルトで有効になっています。

ロック アイコン. [デフォルトで位置をロック] がアクティブな場合、追加したthink-cell要素はすべてロックされています。

すべてのロックが閉じられたテーブル.

  • 要素を移動するには、テーブル全体を選択してドラッグします。サイズは維持され、ロックは新しい位置に移動します。
  • サイズを変更するには、それぞれのロックまたはハンドルをドラッグします。たとえば、要素の幅を広げるには、右のロックまたは右端のハンドルをドラッグします。

以下も参照してください既定で位置をロック ロック位置とthink-cell レイアウトにすでに習熟している方は、このオプションがそれらの動作にどのように影響するかについての詳しい説明を既定で位置をロックする方法から入手できます。

すべての think-cell レイアウト要素の水平中央揃え/垂直中央揃えのオプション

think-cellレイアウト要素、またはthink-cellレイアウト要素のグループの水平中央(オブジェクトの水平中央揃え)または垂直中央(オブジェクトの垂直水平揃え)を、相互に、またはスライドに揃えることができるようになりました。

Think-Cellのスマートレイアウト要素間の他の配置と同様に、この関係は何らかの理由でスライドのレイアウトが変更された場合でも維持されます。

例えば、議題のスライドに固定サイズの画像を表示するときに、常に目次の真ん中に縦に並べ、水平方向には常にスライドの中央に配置したい場合を考えます。次のようにして、これを簡単に実現できるようになりました。

  1. think-cellの[要素]メニューから[]を選択して、議題のスライドをプレゼンテーションに挿入します。
  2. [要素] → [ストック画像]で目的のストック画像を選択し、スライド上で議題の目次の左側をクリックして挿入します。
  3. 境界線をクリックして目次を選択し、ロックが表示されるようにしてから、[ホーム][描画][配置][整列][中央揃え] をクリックします。目次の中央に、ロックがかかった赤い線が表示されます。

    スライドの中央に整列したthink-cellの目次.

  4. [Ctrl] を押しながら、画像と目次の両方をクリックして、複数選択します。[ホーム][描画][配置][整列][中央揃え]をクリックします。両方の要素の中央を結ぶ灰色の線が表示され、その位置で互いに整列していることを示します。
    画像と目次の中央で揃えられた整列線.
  5. 画像を選択し、Ctrlキーを押しながらサイズ変更ハンドルの1つをドラッグして目的の画像を修正します。

章、節などを通常どおり議題に追加できるようになりました。think-cellは、スライド、目次、および画像の間の望ましい関係が維持されるように自動的に処理します。

追加機能

ガントチャートの外観のカスタマイズ

スタイルファイルの新しい<gantt>要素を使用して、ガントチャートの外観をカスタマイズできるようになりました。さまざまな要素にデフォルトの背景塗りつぶしを設定することから、チャート内のすべての種類の線のプロパティをきめ細かく制御することから、日付スケールの外観の新しい選択肢まで行えるようになりました。詳細な説明は、ガントをご覧ください。

また、特定の曜日(平日)に開始または終了するために「うるう週」が必要となる事業年度への対応をガントチャートに追加しました。また、4-4-5、4-5-4、5-4-4のカレンダーへの対応も追加しました。例えば、以下の要素をスタイルファイルに追加することで、1月31日に最も近い金曜日に終わる事業年度を使用することが可能になります。また、4-5-4の規則に従った13週の四半期を使用することもできます。

<fiscalYear>
	<end month="jan"/>
	<weekAlignment lastWeekday="fri" lastDay="nearestToEndOfLastMonth" weeksPerMonth="454"/>
</fiscalYear>

詳細説明は、 fiscalYearをご覧ください。

think-cellがARM上のWindowsをサポートできるようになりました

これは、たとえば、Microsoft Surface Pro Xで使用できるようになったことを意味します。

グラフのX軸/ベースラインを削除する

画像または背景画像の上にグラフを配置するには、軸を右クリックして 削除アイコン. [削除] ボタンをクリックするか、 軸を左クリックして選択し、[Del]キーを押します。再度追加するには、X軸領域の強調表示されたセグメントを右クリックし、 [軸線の追加] アイコン. [軸線の追加] を選択します。

ベースラインのない縦棒グラフ.
Excelの未使用のリンクを削除する

開いているワークブック内の未接続のデータリンクをすべて削除することができるようになりました。Excel内のthink-cellの ツール メニュー アイコン. [ツール] メニューから単純に[切断されたリンクの削除]をクリックするか、赤で強調表示されたリンク範囲を右クリックして、コンテキスト メニューから [切断されたデータ リンクを削除] アイコン. [切断されたデータ リンクの削除] を選択します。

クリーニングおよびサニタイズ

think-cellは、内部またはクライアントの機密データの漏洩を防止するために、クリーニングおよびサニタイズオプションを拡張し、それらを1つの[クリーンアップ...]ダイアログにまとめました。たとえば、think-cellでは、すべてのコメントとプレゼンテーションノート、プレゼンテーションに埋め込まれた未使用のスライドマスターとレイアウトを削除できます。また、プレゼンテーションに含まれるすべての数字をランダムなものに自動的に置き換えることもできます。think-cellの[スライドの送信/保存...]ダイアログを使用すると、同じ機能を利用できます。

定義済みのスライドレイアウト

スタイルファイル内でスライドのレイアウトを事前定義することができるようになりました。これらはグラフを挿入したり移動する際にサムネイルで表示されます。サムネイル上に矩形で示されたエリアのうちのひとつをクリックすると、その位置およびサイズで、素早く正確にグラフを挿入することができます。これは、スライドのテンプレートと組み合わせて、他の要素の関係においてグラフの配置を一定に保ちたい場合に特に有用です。より柔軟性の高いthink-cellグラフのためのプレースホルダーとお考えください。この使い方に関する詳細の説明は、グラフの配置で使用するスライドレイアウトの定義をご覧ください。

スライドのサムネイルで挿入位置をプレビュー.
カラーピッカーを改良

think-cellの色選択ツールを使いやすく改良しました。すべてのカラーコントロールから[カスタム...]を選択することで使用可能です。選択した色をスライドにすぐに適用することができるので、プレビューが便利になりました。また、選択した要素で色選択を行う機能(塗りつぶしの色やフォントの色など)を簡単に切り替えることが可能になりました。また、スライド上で要素を選択するだけで色の選択を行う要素を切り替えることもできます。十六進法(#82a617)または十進法(rgb(130, 166, 23)またはR119 G119 B119)で定義済みのRGBカラーを選択したい場合は、右下のボックスに入力します。

think-cellカラーピッカー.

think-cell 11

この短い動画では当社 CEO、Markus Hannebauerが、think-cell 11 の最も重要な新機能をご紹介いたします。詳細は、以下をご覧ください。

リンクされたデータテーブル

PowerPoint を使って、Excel のデータ範囲から、リンクされたデータテーブルを作成することが可能です。

Excelデータにリンクされたグラフとデータテーブル.

グラフとデータテーブルの両方を作成するには:

  1. 通常どおりリンクグラフを作成します
  2. Excelで、シリーズラベルと数字のみを選択します
  3. Excelで、think-cellの[要素]ボタンから[テーブル]を選択します
  4. データテーブルをスライド上に配置し、ロックを使用して必要に応じてその位置を制限します。たとえば、グラフの下に合わせて配置します。

リンクテーブルの更新は、グラフの更新とまったく同様に機能します。Excelでデータが変更されるたびに、自動的に更新されるように設定することもできます。詳細については、「」を参照してください。

画像要素 & ストック写真の挿入

ビットマップの画像の図形を think-cell の要素に変換できます。画像を選択し、「≡」メニューで [Convert image to think-cell] (画像を think-cell に変換) を選択してください。スマートテキストボックス、プロセスフロー、表を自動配置する際、think-cell によって画像が考慮されるようになります。

メニュー項目 [Convert image to think-cell] (画像を think-cell 要素に変換).

[要素]メニューの[ストック画像]ボタンを使用すると、自動スライド レイアウトの一部となるストック写真を直接挿入できます。初回使用時に、Getty の認証情報を入力する必要があります。もしくは、Unsplash の無料画像をお使いください。詳細については、「画像」を参照してください。

メニュー項目 [Insert Stock Photo] (ストック写真の挿入).

Tableau用のデータコネクタ

think-cell を使用して、Tableau ダッシュボード上のビューと PowerPoint のグラフを接続できます。詳細については、「Tableauデータ」を参照してください。

  1. Chrome で Tableau のダッシュボードを開きます。
  2. think-cell の拡張機能のアイコンをクリックします:

    think-cell Chrome の拡張子のアイコン.

  3. ダッシュボードの異なるビューが検出され、マウスポインタ―を合わせると緑で色がけされます。ビューをひとつ選択します。

    Tableau ダッシュボードでビューを選択します.

  4. ビューのデータが表示された新しいタブが開きます。作成するグラフの種類を選択します。

    think-cell のグラフ タイプを選択します.

  1. Assign columns to the parts of the think-cell datasheet pertinent to the chosen chart type, i.e., for a stacked chart, categories, series and values.

    Tableauのデータ列をthink-cellのデータシートの一部に割り当てます.

  2. Click Create to create a think-cell chart in PowerPoint.

    Tableau データから作成された think-cell グラフ.

think-cell は Tableau データとの接続を記憶します!PowerPoint でグラフのデータシートボタンをクリックすると、ビューのデータが表示されたタブが Chrome で開きます。開いたタブで [Update] (更新) をクリックすると、更新されたデータを PowerPoint に送信できます。think-cell の [データリンク]ダイアログからデータの更新を開始することもできます。

グラフの一番上の項目ラベル.

Excel にリンクしているテキストフィールド

Excel のセルにリンクしているテキストフィールドを think-cell のラベルや PowerPoint のテキストボックスに挿入できます。

画像.

  1. Excel では、リンク付けしたいコンテンツが含まれたセルを選択します
  2. PowerPoint では、カーソルをラベルまたはテキストボックスに合わせます
  3. Excel で think-cell の[要素]ボタンから [Excel にリンクしているテキストフィールド]を選択します

Excel のセルのコンテンツを変更すると、リンクしているテキストフィールドのコンテンツが必ず自動更新されます。

同じ目盛でのユーザー インターフェイスへの変更

[同じ目盛] 機能が改善され、柔軟性が高まりました。これにアクセスできるようボタンを移動しました。2つ以上のグラフ全体が選択されても、[同じ目盛] ボタンはもう表示されません。その変わり、両方のグラフで同じ目盛にする部分を選択します。

  • 2つのセグメント(各グラフにひとつずつ)
  • 2つの軸(各グラフにひとつずつ)
  • 2つのグリッド線(各グラフにひとつずつ)
  • 2つのデータ ポイント(各グラフにひとつずつ)

2つの目盛線を選択した後に同じスケールを適用.

折れ線グラフのデータ点と縦棒グラフのセグメントを選択するなど、別の要素を選択し、比較することもできます。

前と同様に、右クリックしてコンテキスト メニューから [同じ目盛に設定] を選択します。また、同様に2つ以上のグラフを同じ目盛に設定することも可能です。たとえば、各グラフでひとつのセグメントを選ぶなどして、[同じ目盛] を適用します。別の例については以下を参照してください。ここでは2つのグラフで2つのセグメントを使用しています。

2つのセグメントを選択した後に同じスケールを適用.

自動スケーリングに戻すには、セグメント、軸、グリッド線、またはデータ ポイントを選択し、コンテキスト メニューから [独立した目盛にリセット] を選択します。

追加機能

Ctrl+A がさらに有用になりました。繰り返し押すと、より大きなセットが自動的に選択されます(1 シリーズのすべてのラベル → すべてのシリーズ → 表内のすべてのラベル)。1 シリーズのすべてのセグメント、表内のすべてのセグメント、同じスライド上のすべての表内のすべてのセグメントについても同じです。次に行うフォーマットの変更は選択全体に適用されるため、広範囲の変更を高速化します。

グラフ自体を反転させることなく、項目ラベルをグラフの一番上に移動させることができます。

グラフの一番上の項目ラベル.

常にすべてを表示するにはサブ項目が多すぎる複数階層のアジェンダに煩わされていませんか? 指定したタイプのチャプターすべてを非表示にできるようになりました。例えば、第 3 階層のアジェンダ項目を選択し、右クリックして [Hide this and similar chapters] (このチャプターと類似のチャプターを非表示) を選択します。現在表示中のチャプターはもちろん非表示にできません。戻るには、議題全体を選択し、コンテキスト メニューから [すべての章&節を表示] を選択します。(詳細はこちら)

指定したタイプに該当するすべてのチャプターを非表示にするボタン付きのアジェンダ.

セグメント、データ ポイント、またはグリッド線を選択し、通常の軸ハンドルを使用することで、グラフのスケーリングは軸が表示されていなくても調整できます

軸が表示されていない軸ハンドル付きのグラフ.

アラビア語やヘブライ語など右から左に表記される言語を使用する場合に向け、右から左方向に向かうグラフをサポートしています 言語を変更すると、既存のグラフすべてが自動的に右から左、もしくは左から右に切り替わります。

右から左表示のヘブライ語のガント チャート.

JSON で直接塗りつぶしの色を選択します。

{"number":4,"fill":"#00FF00"}
{"number":6,"fill":"rgb(33,66,0)"}
{"number":8,"fill":"rgb(80,8,52)"}

ガント チャートで、暦年とは異なる事業年度を設定できます。9 月に終わる事業年度向けに、次のスニペットをスタイル ファイルに含めます。次の年度の第 1 四半期は 10月から開始されます。

<fiscalYear> 
    <end month="sep"/> 
</fiscalYear>

think-cell 10

macOS に遂に登場

数年間の開発期間を経て、弊社は他社がまだ実現していないこと、すなわち「機能を一切犠牲にすることなく複雑な Windows Office のアドインを Mac の Office に移植すること」に成功いたしました!Windows でお使いの think-cell のライセンスは、macOS でもご利用いただけます。think-cell 10は、Mac OS X 10.10 (Yosemite) 以降で実行されている Mac バージョン 16.9 以降向けの Microsoft Office 2016 で機能します。

think-cell 10では、ご希望の作業環境を選ぶことができ、どちらの動作環境でも同様の素晴らしいユーザー エクスペリエンスを提供します。インターフェースは全く同じで、全ての機能が使用可能です。

ユーザー インターフェース

think-cellは、現在複数のプラットフォームで使用されています。弊社は、この機会を活用し、ユーザー インターフェースを更新しました。[要素] メニューとコンテキスト メニューのアイコンの外観が刷新されました。

グラフの種類のアイコンバーが表示されたコンテキストツールバー.

クリック 1 回でこの並んだアイコンからグラフタイプを変更することが可能です。

グラフの種類のアイコンバーが表示されたコンテキストツールバー.

データ リンクダイアログでは、簡単に特定の Excel ソース ファイルにリンクしたすべてのグラフを選択でき、クリック1回で更新可能です(「データリンクダイアログ」を参照)。

データリンクのダイアログ.

コンテキスト ツールバーの新しいボタンが、更新、または元に戻す作業を簡単にサポートします。また、グラフへの自動更新も可能です。

Excelのリンクアイコンバーが表示されたコンテキストツールバー.

散布図またはバブルチャートの凡例で系列を選択すると、選択した系列に属するすべての点またはバブルがハイライト表示されます。

ひとつの系列がハイライトされたバブルチャート.

同じ目盛と軸

同じスケールでのグラフ設定も遂に永続的な機能となりました。ひとつのグラフでスケールを変えると、同じスケールのグラフがすべて更新されます。現在、軸が表示されていない場合でも、グラフを同じスケールに設定できます(「同じ目盛」を参照)。

軸の中断がある場合にも、複数のグラフで同じスケールを使用できます。同じスケールを設定しても既存の中断は削除されません。ひとつのグラフに軸の中断を追加すると、同じスケールを使用して残りのグラフにも軸の中断が追加されます。

軸ブレークを持つ同じ目盛に設定された2つのグラフ.

もし、値基準または日付基準の場合は、X軸は同様のスケールでセットできます。例えば、データの対象となる日付の範囲が違っているとしても、簡単に2つの折れ線グラフを設定し、同じ年を示すことができます(「同じ目盛」を参照)。

同じ目盛に設定された2つの折れ線グラフ.

散布図とバブルチャートで同じ目盛がサポートされるようになりました。同じ目盛を使用するのがX軸かY軸かを問わず、それぞれ個別に設定されます。

同じ目盛に設定された2つの散布図.

値の軸は逆になった軸に対応します。散布図とバブルチャートは、数値が逆になった軸に対応します。棒グラフ、クラスター、および面グラフでは、グラフが反転されます。軸が2本ある折れ線グラフでは、片方の軸を逆の順序に設定して負相関を強調できます(「数値軸の反転」を参照)。

本の軸が逆になった折れ線グラフ.

スライドを保存して送信

スライドを送信する際、Outlook の代わりに Gmail をお使いいただけます。この機能をオンに設定するには、「think-cell Send with Gmail」(Gmailでthink-cellより送信)をデフォルトのメールプログラムに設定します(「スライドの保存&送信」を参照)。

think-cell、Gmailで送信] が選択されているデフォルトのプログラム ダイアログ.

「スライドの保存…」コマンドは、「クイック アクセス」フォルダを含むダイアログを使用します。含めるスライドを選択するオプションや、日時をファイル名に追加するかどうかを選択するオプションは、ダイアログの下の部分にあります。

含めるスライドを選択するオプションとファイル名に日時を追加するオプションが表示された[スライドの保存]ダイアログ.

「スライドの保存…」と「スライドの送信…」を使用する際、ファイル名は選択内容をよりよく示します。ファイル名はご自身の選択が反映された名前となります。例えば、プレゼンテーションすべてを選択すると、ファイル名にはスライド番号が含まれません。

色とスタイル

ラベルになっているテキストのフォントの色は選択でき、ラベルの背景を変更してもリセットできません(「フォントの色」を参照)。

色ラベルとフォントの色のコントロールが表示されたグラフ.

[スタイルファイルの読み込み] コマンドを使用すると、以前に使用したスタイルファイルを簡単に読み込むことができます。初期設定では、選択を容易にするためthink-cellに含まれるすべてのスタイルが含まれています。

スタイルファイルの読み込みコマンドの最近使用したファイルのリスト.

新規グラフの配色は、常にthink-cellのスタイルから選択されます。新規グラフを挿入した場合に、最近使用した配色が反映されなくなりました。スタイルファイルを好みの配色を規定値としてセットすることが可能です(「think-cellをカスタマイズする」を参照)。

グラフの装飾

散布図では、べき法則、指数または対数関係に基づいた近似曲線をデータに組み込めます(「近似曲線」を参照)。

べき法則近似曲線と近似曲線タイプコントロールのある散布図.

軸線ではなくグリッド線のみでグラフの数字目盛を示します。両方は表示しません(「数値軸」を参照)。

グリッド線と軸ハンドルのある積み上げグラフ.

JSON

この操作により、スマートテキストフィールドのすべての機能と柔軟性を活用しつつ、JSONの入力に基づくテキストを含むスライドを作成できるようになります。新しい名前のテキストフィールドはオートメーションテンプレートの中のプレースホルダーとして提供されます(「オートメーション機能のご紹介」を参照)。

要素メニューの[指定のテキストフィールド]要素.

think-cell 9

スマートテキストボックス

think-cellのテキストボックスに新機能が加わりました。テキストボックスを使うと、手動で要素を移動したりサイズを変更したりしなくても複雑なスライドのレイアウトを作成できます(詳細)。使用方法についてはビデオをご覧ください。

ドーナッツグラフ

円グラフを最新タイプのドーナッツグラフに変えると、さらに引き立ちます。ドーナッツグラフはその名の通り、基本的に中央に穴が開いた円グラフです。この新しいグラフのデザインは、データスライスを目立たせる上で役立ち、追加情報を強調できる場所になります。詳細はこちらをご覧ください

ラベルとタイトルの入ったドーナツグラフ.

拡張されたグラフ作成機能

視覚的な質を向上させ、よりすばやく編集できるようにするため、think-cell 9ではレガシーMS Graphのコンポーネントではなく、PowerPointのネイティブグラフコンポーネントを使用してグラフを作成します。これにより他の複数の制限を取り除くこともできます。たとえば、散布図と折れ線グラフに4,000以上のデータポイントを含められるようになりました。レンダリングバックエンドが新しくなっても、think-cellのユーザーインターフェイス自体はまったく変わっていません。視覚的な質が改善し、互換性が向上したことに気付くだけです。

JSONによる自動化

Excelに加えて、JSONデータを使用して自動的に定期レポートを作成、更新できるようになりました(詳細)。この新しい拡張機能を利用すると以下を行うことができます。

  • テンプレートグラフとJSONデータを統合し、自動的にプレゼンテーションを作成します。
  • think-cellグラフを作成できるWebサービスを構築します。
  • ビジネスインテリジェンスレポートをPowerPointのスライドとしてエクスポートします。

その他の新しいグラフ作成機能

新しい「フラット」なアジェンダのスタイルでは、長方形の代わりに背景の塗りつぶしを使います。詳細はこちらをご覧ください

アジェンダのスライド:フラットビジュアルスタイル.

ツールチップ各データポイントのラベルと数値が表示されるようになりました。

グラフのラベルと数値のツールチップ.

軸がない場合でも、グラフタイプ絶対値とパーセンテージの間で切り替えられるようになりました。詳細はこちらをご覧ください

絶対値とパーセンテージに基づくグラフ.

円グラフとドーナッツグラフでスライスの並べ替え順序を容易に変更できるようになりました。

円グラフとドーナツグラフの並べ替え順序.

ウォーターフォール図で、「カテゴリーを最初に上、次に下、開始を含む」といったカテゴリー並べ替えオプションでは、合計カラムが所定の位置に留まります。

ウォーターフォール図のカテゴリー並べ替えオプション.

ベースラインウェートを変更できるようになりました。

ベースラインウェートオプション.

既存のグラフ作成機能の変更

以前のバージョンでは、縦棒の間のギャップの幅を変更して縦棒の幅を調整していました。think-cell 9では、以下のハンドルを使用すれば、縦棒の幅を直接調整できます。詳細はこちらをご覧ください

ハンドルで列の幅を変更.

以前のバージョンではハンドルをドラッグしてラベルの回転を変更していましたが、フォントのサイズや数字の書式といったプロパティは浮動ツールバーを使って設定していました。think-cell 9では、浮動ツールバーでラベルの回転も設定できます。詳細はこちらをご覧ください

浮動ツールバーでラベルの回転を設定.

以前のバージョンでは、マイルストーンは三角形や菱形で、マイルストーンのコンテキスト メニューのボタンを使って切り替えていました。think-cell 9では、他の図形が追加されました。このため、選択肢のリストを含む浮動ツールバーのコントロールを使ってマイルストーンの図形を選択できます。詳細はこちらをご覧ください

浮動ツールバーからマイルストーンの図形を選ぶ.

生産性を向上できる新しいツール

すべてのスライドまたは特定のスライドでラベルの十進記号をすばやく切り替えることができます。(ドイツ形式から米国形式へ変更するなど) 詳細はこちらをご覧ください

PowerPointスライドの十進記号の変更.

すべてのスライドまたは特定のスライドからアニメーションを削除できます。詳細はこちらをご覧ください

スライドからPowerPointのアニメーションを削除.

新しいアイドロッパーツールを使用すれば、ユーザー設定の色をすばやく選べます。詳細はこちらをご覧ください

アイドロッパーツールを使用したユーザー設定の色の選択.

新しいキーボードショートカット

  • Ctrl+Alt+Shift+ を使用すると、複数のラベルを選択できます。
  • Ctrl+Alt+ を使うと、テーブルやプロセスフロー内などの要素を複製できます。

その他のカスタマイズオプション

Sharepointのサポート向上

think-cellは、PowerPoint 2016のスライド全体に基づく競合の解決で、新しいユーザーインターフェイスに完全に対応しています。SharePoint/PowerPoint 2013での同時編集も改善されました。

think-cell 8

プロセスフロー

think-cell 8は、新しいthink-cell要素として五角形/逆 V 字型およびテキストボックスを導入することで、このソフトウェアのスライドレイアウト機能を大幅に拡張しています。構成要素から非常にすばやく基本的な構造を作成し、箇条書きでプロジェクトのステップを表示できます。また、1回クリックするだけで容易に複製し、ステップを追加することも可能です。以下のビデオではこの作業をご覧いただけます。

エレメント内のテキストが変更されると、レイアウトは継続的に再配置され、自動的に最適化されます。さらに、統一回転ハンドルをドラッグすると、構造全体の方向を左右から上下に変更できます。詳細はこちらをご覧ください

ガントチャート向けのExcelリンク

グラフを直接Excelにリンクして、自動的に更新なさりたいですか? think-cell 8では、ガントチャートでもExcelのリンクが機能します。アクティビティやマイルストーンをExcelの日付にリンクできます。日付が変わると、ガントチャートも更新されます。詳細はこちらをご覧ください

ExcelデータをPowerPointのガントチャートにリンク.

グラフからデータへ

WebサイトやPDF文書のグラフでしかソースデータを入手できないこともあります。think-cell 8の新しいグラフスキャナーツールを使えば、このデータを使用できます。以下の左側がPDF文書のグラフです。右側はthink-cellが自動的に検出したセグメントで、すでに数値データのインポートの準備が整っています。詳細はこちらをご覧ください

グラフの画像からデータを抽出し、ExcelとPowerPointで機能するグラフを作成.

グラフのタイプの変換

グラフを作成した後に、グラフのタイプを変更する必要がありますか? think-cell 8では、グラフのタイプを容易に変えられます。たとえば、積み上げ縦棒グラフを集合縦棒グラフに変えたり、セグメントを折れ線に変更したりできます。

think-cellのグラフタイプの変更.

その他の新しいグラフ作成機能

  • Do you want the series labels in a legend to appear in a different order than in the datasheet? With think-cell 8, you can also use the chart's visual order, which may be different due to sorting, or an alphabetical order.

    グラフのシリーズラベルの順序変更.

  • Automated chart updates with think-cell's programming functions become even more automatic: The chart width remains fixed when the number of chart categories changes, minimizing necessary manual changes to the slide layout.
  • Set the numerical sign of labels independently for segments and totals.

コラボレーション

Microsoft Sharepointでの共同編集がサポートされています。

think-cell 7

Microsoft Office 2016との互換性

think-cell 7は、Microsoft Office 2016と互換性のある弊社ソフトウェアの最初のバージョンです。もちろん、現在のあらゆるMicrosoft WindowsおよびOfficeのバージョン(32ビットと64ビット)と互換性があります。このため、お使いになっているWindowsまたはOfficeのバージョンに関わらず、think-cell 7をインストールするようお勧めします。

グラフ作成機能

  • Aggregate data into a separate Other series from the segments' context menu in column, Mekko, area and combination charts. Add segments to or remove them from the Other series simply by dragging a handle. (More on this)

    棒グラフ、メッコチャート、面グラフ、複合グラフで別個のシリーズにデータを集計.

  • Sort categories by their total values directly from the chart's floating toolbar. (More on this)

    合計値に基づくグラフのカテゴリー並べ替え.

  • Interactively resize data bubbles in bubble charts by dragging a bubble's handle. The other bubbles will be updated automatically, maintaining correct size ratios.

    バブルグラフのデータバブルのサイズを変更する. サイズ変更されたバブルグラフのデータバブル.

  • Adjust the reference size of the bubble size legend by dragging its handle.
  • Easily toggle the value axis between absolute and percent representations in stacked, 100% and area charts. (More on this)
  • To move all Gantt chart date items at once, press Ctrl+A while a bar, milestone or process is selected.

書式設定とスタイル

  • Microsoft Officeデザインテーマカラーのすべてのセットから色を選択し、think-cellのグラフのスタイルを設定できます。必要であれば、グラフのフローティングツールバーで制限された配色を使うことにより、Office 2003以前のバージョンとの互換性も確保できます。
  • think-cellスタイルファイルの新しいオプションを使えば、グラフをカスタマイズして視覚的な一貫性を維持できます。バージョン6ですでにセグメントの色と配色の既定を変更できるようになっていましたが、さらに独自の折れ線の色や折れ線のスタイル、矢印バブルの塗りつぶしと外枠、ハーベイ・ボールとチェックボックスを定義できます。(チェックマーク記号の代わりに画像を含めることもできます) (詳細)

ラベルのコンテンツ

  • データシートに入力されたラベルは、グラフ内で切り詰められることなく255文字まで表示できるようになりました。
  • 特定の軸ラベルでは4桁の年度を表示し、他では2桁の年度を使い、すっきりしつつも明確なグラフを作成できます。(詳細)
  • アジアのユーザーコミュニティが拡大していることを受け、通貨規則を考慮に入れて、think-cellのマグニチュードドロップダウンボックスに104、108、1012が追加されました。

ユーザーインターフェイスの改善

  • フローティングツールバーがマウスポインターの右側で開くようになりました。これで選択した要素の邪魔になることはありません。
  • 新しいデータシート書式設定ボタンを使うと、データシートのツールバーからセルの書式に容易にアクセスできます。

共有する