C. think-cellをカスタマイズする

このチャプターでは、デフォルトの色やその他のデフォルトのプロパティを変更する方法など think-cell をカスタマイズする方法を説明します。カスタマイズは、think-cell のスタイル ファイルで行われます。スタイル ファイルについては最初の 4 セクションで説明します。

5 つ目のセクション「既定の議題スライドのレイアウトを設定」ではカスタマイズした「アジェンダ」スライドのレイアウトを作成する方法を、6つ目のセクション「 リボンのカスタマイズ」では PowerPoint のリボンのカスタマイズ オプションを使用して think-cell のユーザーインターフェースをカスタマイズする方法を説明します。

スタイル ファイルを使用して、次のプロパティを変更できます。

  • 使用可能な色とパターンのリスト (「色と塗りつぶし」を参照)。

    カスタマイズ可能な色とパターンのリスト.
  • 使用可能な配色リスト (「配色」を参照)。

    カスタマイズ可能な配色リスト.
  • ハーベイボールとチェックボックスの色 (「チェックボックスとハーベイボール」を参照)。

    カスタマイズに利用できるHarvey-Ballとチェックボックスの色.
  • グラフを配置するための定義済みスライドレイアウト(グラフの配置で使用するスライドレイアウトの定義を参照)。これらのスライドレイアウトは、挿入対象として該当する種類のグラフを選択またはスライドにドラッグした場合にスライドビューの左上隅にサムネイルとして表示され、サムネイル内の長方形領域の1つをクリックまたはその上にドラッグすると、その位置とサイズでグラフが配置されます。これを、スライドのテンプレートと組み合わせて使用することで、グラフの位置に整合性を持たせることができます。

    グラフを挿入するための事前設定レイアウトを示すスライドのサムネイル. "%}
  • ガント チャートで事業年度カレンダーを使用するオプション(目盛表示 を参照)。

    事業年度] が含まれるガント チャートの [目盛] メニュー.
  • 使用可能な線のスタイルのリスト (「線のスタイル」を参照)。

  • 折れ線グラフと散布図で使用可能なマーカーのリスト (「マーカーの形状」を参照)。

最初の 3 つのセクションでは、スタイル ファイルの作成と読み込みについて説明し、スタイル ファイルを組織で展開する方法について説明します。どのような場合でも、これらのタスクの理解が必要です。その後、スタイルファイルのチュートリアルに従って自分のスタイル ファイルを作成するか、スタイル ファイル形式の形式リファレンスを参照することができます。

C.1
think-cell スタイルの作成
C.2
スタイルファイルの読み込み
C.3
think-cell スタイルの展開
C.4
スタイルファイルのチュートリアル
C.5
既定の議題スライドのレイアウトを設定
C.6
リボンのカスタマイズ

C.1 think-cell スタイルの作成

任意のテキスト エディターを使用して、既存のスタイル ファイルを簡単に変更できます。専用の XML エディターを使用して、新しい think-cell スタイル ファイルを作成する必要があります。自動的にエラーをチェックし、エラーの解決方法を提案して、あなたをサポートします。このようなエディターの推奨事項とその設定方法のヒントは、 に記載しています

KB0191:think-cellスタイル ファイルの編集で推奨されるセットアップ

専用の XML エディターは通常、ドキュメントのエラーを強調表示し、[Ctrl] +スペース バーなどのキーボード ショートカットを使用すると、オートコンプリートをトリガすることができます。エディターは現在のコンテキストに適用可能なタグ、属性、値の選択肢を提供します (テキスト カーソルの位置)。ハイライトされたエラーの上にマウスを移動すると、エラーの詳細な説明が記載されたヒントが表示されます。

いくつかのサンプル スタイルファイルは think-cell と共に提供され、think-cell インストール ディレクトリ内のサブディレクトリ styles で見つけることができます。まず、インストールディレクトリの場所を見つけてください。 [ツール] メニュー アイコン. [ツール] メニューで [バージョン情報] をクリックすると表示されます。

インストール フォルダーを見つける.

このディレクトリを開いてサブデフォルトstylesに移動します、例えば、

C:\Program Files (x86)\think-cell\styles

ファイル generic style.xmlを開きます。このように見えます。

Visual Studio Express for Web にロードされている既定のスタイル ファイル.

エディターは自動的にファイルのエラーをチェックします。エラー リストを表示するには、表示>エラー リストをクリックします。

Visual Studio Express for Web の空のエラー リスト ウィンドウ.

編集したスタイル ファイルを保存する前に、警告またはエラーが表示されていないことをご確認ください。

もちろん、XML をサポートしているその他のエディターも使用できます。ファイルは .xml 拡張子を付けて保存する必要があります。

C.2 スタイルファイルの読み込み

スタイル ファイルをロードするには、メニュー [ツール] メニュー アイコン. [ツール] から [スタイル ファイルのロード...] を選択します。ダイアログで、スタイル ファイルの場所に移動し、ファイルを選択して[開く]をクリックします。これは、現在のプレゼンテーション内の新しいグラフに対して使用されます。

例えば、think-cell のインストールディレクトリの styles ディレクトリからサンプル スタイル ファイル example_style_complex.xml を読み込むと、色および配色のプロパティ コントロールにカスタマイズされた項目が含まれるようになります。

複雑なサンプル スタイルの読み込み後、変更された色と配色のリスト.

既存のグラフに特定のスタイルの色や配色を適用する場合は、手動で操作を行う必要があります。

C.2.1 プログラムでスタイルファイルを読み込む

例えば、新しいまたは更新されたテンプレートを作成するワークフローの一部として、スタイルファイルをプログラムで読み込むこともできます。API 呼び出しの精度が向上したことで、スタイル ファイルを読み込むときに、特定のカスタム レイアウトをターゲットにしたり、スタイルをカスタム レイアウトの長方形の領域に制限したりするなど、追加のオプションを指定することもできます。さらに、カスタム レイアウトからそれらを削除し、マスター レイアウトまたはカスタム レイアウトにロードされたスタイルの名前を検査することもできます。

このインターフェイスは Office Automation モデルに統合されているため、Visual Basic for Applications や C# などの Office をプログラミングできるどんな言語からもアクセスできます。詳細な手順については、「はじめに」を参照してください。

スライドの左右で異なる色の背景を使用するカスタムレイアウトがあると仮定します。右側はプレゼンテーションの残りのスライドの背景と一致するため、マスターで設定したスタイルをここに適用することに問題はありません。一方、左側は異なる背景を使用しているため、左側に適切なのは変更されたスタイルです。この状況では、LoadStyle を使用して、プレゼンテーション全体に対して 1 つのスタイル ファイルを設定します。次に、LoadStyleForRegion を使用して、適切なカスタム レイアウトの左側のみに異なるスタイルを設定します。

次のセクションでは、利用できるAPI呼び出しについて説明します。これらは、PowerPoint の think-cell アドイン オブジェクトのメソッドです。

C.2.2 LoadStyle

C.2.2.1 署名

VBA
tcPpAddIn.LoadStyle( _ 
    CustomLayoutOrMaster As Object, _ 
    FileName As String 
)
C#
void tcPpAddIn.LoadStyle(
    object CustomLayoutOrMaster,
    string FileName
);

C.2.2.2 説明

PowerPointから読みだされたこの機能は、「FileName」のスタイルファイルをパラメーター「CustomLayoutOrMaster」経由で指定されたマスターまたはカスタムレイアウトに読み込みます。

CustomLayoutOrMaster CustomLayout または Master でなければなりません。

地域スタイルが設定されているカスタム レイアウトに適用すると (LoadStyleForRegion を参照)、地域スタイルは削除されます。これは、地域に制限されたスタイルをロードする前に、この関数を使用してスライドの残りの部分に適用するスタイルをロードする必要があることを意味します。

マスターに適用すると、そのマスターに含まれるカスタム レイアウトに読み込まれたスタイル (地域および無制限) が削除されます。これは、この関数を使用して特定のカスタム レイアウトに適用するスタイルを読み込む前に、特定のスタイルを持たないカスタム レイアウトに適用するスタイルをマスターに読み込む必要があることを意味します。

C.2.2.3 例

このサンプルを使用するには、次のコードを PowerPoint のモジュールに追加します (詳細については、Visual Basic for Applications を参照してください)。

Option Explicit
	
Sub LoadStyle_Sample() 

	' Get the think-cell add-in object 
	Dim tcPpAddIn As Object 
	Set tcPpAddIn = Application.COMAddIns("thinkcell.addin").Object 

	Dim master As Master
	Set master = Application.ActivePresentation.Designs(1).SlideMaster

	Dim style As String
	style = "C:\some\path\styles\style.xml"

	Call tcPpAddIn.LoadStyle(master, style)
End Sub

C.2.3 LoadStyleForRegion

C.2.3.1 署名

VBA
tcPpAddIn.LoadStyleForRegion( _ 
	CustomLayout As PowerPoint.CustomLayout, _ 
	FileName As String, _
	Left as Single, _
	Top as Single, _
	Width as Single, _
	Height as Single _
)
C#
void tcPpAddIn.LoadStyleForRegion(
	PowerPoint.CustomLayout CustomLayout,
	string FileName,
	float Left,
	float Top,
	float Width,
	float Height
);

C.2.3.2 説明

PowerPointから呼び出されたこの機能は、「FileName」のスタイルファイルをカスタムレイアウト「CustomLayout」に読み込み、適用範囲をLeftTopWidthHeightによって指定された領域に制限します。スライドの残りの部分では、マスターに読み込まれたスタイル、または以前に LoadStyle を使用してカスタム レイアウトに読み込まれたスタイルが適用されます。

パラメーター LeftTopWidthHeight は、PowerPoint ポイントで指定されます。 Left および Top は、カスタム レイアウトの左端および上端から領域の左端および上端までの距離をそれぞれ指定します。通常、これらのパラメーターはスライド全体の高さと幅の一部として設定します。たとえば、カスタム レイアウトの右側の 3 分の 2 をカバーする地域の場合、次のように設定します。

Left = CustomLayout.Width / 3
Top = 0
Width = CustomLayout.Width * 2 / 3
Height = CustomLayout.Height

また、スライドやカスタムレイアウトに手動で図形を追加することや、プログラムで図形のプロパティ、LeftTopWidthHeightをクエリすること、LoadStyleForRegionと数値を使用してスタイルを図形で覆われている同じ領域に制限することもできます。

カスタムレイアウト1件につきthink-cellは最大2つのスタイルをサポートします。ひとつはLoadStyleを使用して設定し、領域に制限されていない部分すべてに適用されるスタイルで、もうひとつはLoadStyleForRegionを使用して設定するスタイルとなります。

C.2.3.3 例

このサンプルを使用するには、次のコードを PowerPoint のモジュールに追加します (詳細については、Visual Basic for Applications を参照してください)。

Option Explicit
	
Sub LoadStyleForRegion_Sample() 

	' Get the think-cell add-in object 
	Dim tcPpAddIn As Object 
	Set tcPpAddIn = Application.COMAddIns("thinkcell.addin").Object 

	Dim layout As CustomLayout
	Set layout = Application.ActivePresentation.Designs(1).SlideMaster.CustomLayouts(2)

	' Define a region covering the left half of the custom layout
	Dim left, top, width, height As Single
	left = 0
	top = 0
	width = layout.Width / 2
	height = layout.Height

	Dim style As String
	style = "C:\some\path\styles\style.xml"

	Call tcPpAddIn.LoadStyleForRegion(layout, style, left, top, width, height)
End Sub

C.2.4 RemoveStyles

C.2.4.1 署名

VBA
tcPpAddIn.RemoveStyles( _ 
	CustomLayout As PowerPoint.CustomLayout _ 
)
C#
void tcPpAddIn.RemoveStyles(
	PowerPoint.CustomLayout CustomLayout
);

C.2.4.2 説明

PowerPointから呼び出されたこの機能は、カスタムレイアウトCustomLayoutからすべてのスタイルを削除します。その後、マスターに読み込まれたスタイルが適用されます。カスタムレイアウトにスタイルが読み込まれており、別のスタイルがカスタムレイズとの指定の領域に制限されている可能性があります。RemoveStylesはすべてのスタイルを削除するため、この両方が削除されます。マスターには常に有効なスタイルを関連付ける必要があるため、マスターに読み込まれたスタイルは削除できません。別のスタイルファイルで上書きすることはできます。

C.2.4.3 例

このサンプルを使用するには、次のコードを PowerPoint のモジュールに追加します (詳細については、Visual Basic for Applications を参照してください)。

Option Explicit
	
Sub RemoveStyles_Sample() 

	' Get the think-cell add-in object 
	Dim tcPpAddIn As Object 
	Set tcPpAddIn = Application.COMAddIns("thinkcell.addin").Object 

	Dim layout As CustomLayout
	Set layout = Application.ActivePresentation.Designs(1).SlideMaster.CustomLayouts(2)

	Call tcPpAddIn.RemoveStyles(layout)
End Sub

C.2.5 GetStyleName

think-cell 13 以降でサポートされます。

C.2.5.1 署名

VBA
tcPpAddIn.GetStyleName( _ 
    CustomLayoutOrMaster As Object _ 
) As String
C#
string tcPpAddIn.GetStyleName(
    object CustomLayoutOrMaster
);

C.2.5.2 説明

この関数は、CustomLayout または Master CustomLayoutOrMaster に読み込まれたスタイルの名前を返します。これは、対応するスタイル ファイルの <style> 要素の name 属性に指定されている名前と同じです (style を参照)。

スタイルが CustomLayoutOrMaster に読み込まれていない場合は、空の文字列を返します。think-cell がアクティブな場合、マスターには常にスタイルが読み込まれており、スタイルの名前を空にすることはできないことに注意してください。

CustomLayout に対して名前が返された場合、それは LoadStyle で読み込またスタイルの名前であり、LoadStyleForRegion で読み込まれたスタイルの名前ではありません。

C.2.5.3 例

このサンプルを使用するには、次のコードを PowerPoint のモジュールに追加します (詳細については、Visual Basic for Applications を参照してください)。

Option Explicit

Sub GetStyleName_Sample()

    ' Get the think-cell add-in object 
    Dim tcPpAddIn As Object
    Set tcPpAddIn = Application.COMAddIns("thinkcell.addin").Object
    
    ' Get the Master of the first slide of the current presentation
    Dim master As Master
    Set master = Application.ActivePresentation.Slides(1).Master
    
    ' Print the name of the style loaded to the debug console
    Dim name As String
    name = tcPpAddIn.GetStyleName(master)
    Debug.Print name
End Sub

C.3 think-cell スタイルの展開

think-cell ツールバーの [ツール] メニュー アイコン. [ツール] メニューの [スタイル ファイルの読み込み...] を使用すると、現在のプレゼンテーションのマスター スライドにスタイル ファイルが読み込まれます。プレゼンテーションが PowerPivot テンプレートとして配布された場合、think-cell スタイルも暗黙的に配布されます。スタイルを切り替えるには、PowerPoint テンプレートを切り替えます。個々のユーザーに think-cell 形式のファイルを渡す必要はありません。

PowerPoint テンプレートと一緒に think-cell のスタイルを配信することを推奨しています。通常、貴社のデザインを実装するためにはテンプレートとスタイルの両方が必要となり、ユーザーにとって最も簡単な方法は、テンプレートとスタイルを一括展開する方法です。

PowerPoint テンプレートの一部として think-cell のスタイルを展開するという弊社が推奨する方法に従うことが難しい場合には、構成パラメーター defaultstyle を使用してデフォルトのスタイル ファイルを指定できます(「構成パラメーター」を参照)。パラメーターの値は有効なスタイル ファイルへのパス名となります。パスは絶対パスまたはthink-cellインストールディレクトリのstylesサブディレクトリに対する相対パスのどちらかになります。

次のいずれかに該当する場合は、デフォルトのスタイル ファイルが自動的に読み込まれます。

  1. 新しいプレゼンテーションが作成された場合。
  2. スタイルが含まれていない既存のプレゼンテーションが開いている場合。このプレゼンテーションを保存し、その後再び開くと、スタイルが含まれるようになるため、デフォルトのスタイルが再び読み込まれることはありません。

自動的に読み込まれるデフォルトのスタイル ファイルは、利用できる最近読み込まれたスタイル ファイルのリストで補足情報と共にハイライト表示されます (デフォルト)

使用可能で最近利用されたスタイルのリストが付いたスタイルファイルメニューの読み込みコマンド.

C.4 スタイルファイルのチュートリアル

think-cell のインストール ディレクトリ (通常: C:\Program Files\think-cell) では、サブディレクトリstylesにスタイル ファイルgeneric style.xmlがあります。このスタイルは、スタイルが読み込まれないインストールの直後に使用可能な色と配色を継承します。その結果、

  1. generic style.xml のコピーを作成して XML エディターに読み込みます (該当するエディターを選択するにはthink-cell スタイルの作成を参照)。
  2. 次の手順に記載した変更するのに、ファイルを上から下へと順番に実行します。
  3. fillLst要素内のリストから不要な色を削除します。think-cell に表示する色リストの項目に対応するsolidFillpattFillseparatorの要素を探すことができます(色と塗りつぶしを参照)。たとえば、solidFill 要素を削除するには、開始タグ <solidFill ...> と終了タグ </solidFill> を含め、その間のすべてを削除します。
  4. もしくは、独自の色を作るための新しいセクションを作成します。削除するには、カラー リストの該当する場所に separator を書き込んで、<separator/> タグを挿入します。また、スタイル ファイル内で XML コードの構造をつくるため、改行、インデント、および空白行を自由に使用してください。スペースと改行はスタイルの結果に影響を与えません。
  5. solidFill 要素を使用して独自の色を追加します。赤色、緑色、青色の各チャンネルに対して独自色の名前と値が必要です。貴社のコーポレート アイデンティティに関する仕様書で該当する数値を確認してください。色の名前を「Light Green」 (ライトグリーン) にする必要がある場合は、赤色チャンネルの 10 進数の値を 170、緑色 255、青色 42にすると、次のようになります。
    <solidFill name="Light Green"> 
      <sdrgbClr r="170" g="255" b="42"/> 
    </solidFill>
    
  6. fillSchemeLst 要素内のリストから不要な配色を削除します。think-cellに表示される配色リストの項目に対応するfillScheme要素が見つかります (配色を参照)。fillScheme 要素を削除するには、開始タグ <fillScheme ...> と終了タグ </fillScheme> を含めてその間のすべてを削除します。
  7. あるいは、既存の配色を変更します。あなたは
    • fillRef 要素を削除して、配色から1つまたは複数の色を削除することができます。または、
    • fillRef 要素の順番を変えて、既存の色を並べ替えるか、または、
    • 該当する場所の fillRef 要素内にfillScheme要素を追加することで、選択したカラーの 1 つを含めます。上記で定義した色を含めたい場合は、次の行を追加します。
      <fillRef name="Light Green"/>
      

    上記のfillLstセクションで定義されている色しか使用できないことにご注意ください。(上記の手順 3 ~ 5 を参照)。特に、手順 3 で色を削除した場合は、その色を配色からも削除する必要があります。

  8. あるいは、fillScheme 要素を使用して新しい配色を作成します。配色には、「Green Scheme」 (緑色配色) のような名前と、必要な属性 fillSchemeLst の他の系列で使用される色参照、要素 fillRef として色参照のリストが必要です。上記の「Light Green」 (ライトグリーン) の他に、「Orange」(オレンジ)、「Dark Green」 (ダークグリーン) 、「Medium Green」 (ミディアム グリーン)を定義した場合、配色は次のようになります。
    <fillScheme name="Green Scheme" fillRefOtherSeries="Orange"> 
      <fillRef name="Dark Green"/> 
      <fillRef name="Medium Green"/> 
      <fillRef name="Light Green"/> 
    </fillScheme>
    
  9. fillSchemeRefDefault 要素のコンテンツを確認します。name 属性は、新しいグラフを挿入するときに既定で使用される配色を指定します。独自の配色を新しい規定値として設定する場合は、次のようにコードを変更します。
    <fillSchemeRefDefault name="Green scheme"/>
    
  10. 変更したスタイル ファイルを保存して読み込み (スタイルファイルの読み込み参照)、テストします。
  11. think-cell スタイルの展開の説明に従って、新しいスタイルを組織で展開します。特に、同僚に XML ファイルを送信する必要はありませんが、あなた自身の参照として保存しておく必要があります。

C.5 既定の議題スライドのレイアウトを設定

think-cell の議題では、プレゼンテーションで特定のカスタム レイアウトを使用して、ヘッダーまたは画像のような議題スライドで議題の位置やその他の図形を定義できます。テンプレートにこのカスタム レイアウトを追加すると、組織全体向けにこれらの設定を定義できます。

  1. PowerPoint のスライドマスター ビューで新しいカスタム レイアウトを作成します。通常は、希望する think-cell 議題スライドの外観に最もよく一致する既存のカスタム レイアウトのいずれかを複製します。
  2. 新規カスタム レイアウトに「think-cell agenda」 (think-cell アジェンダ) という名前を付けます。think-cell は、この名前に完全に一致する場合 (大文字と小文字も完全に一致する場合) のみ、このカスタム レイアウトを使用します。
  3. 「think-cell agenda」 (think-cell アジェンダ) のカスタム レイアウトには、すべてのアジェンダ スライドに表示させる必要がある図形のみを含めてください。
  4. カスタム レイアウトの編集中に、 image.  [要素] メニューから [議題プレースホルダー] を選択します。この要素は、カスタム レイアウトの編集中のみ利用できます。この操作により現在のカスタム レイアウトにアジェンダのプレースホルダーが追加されます。
  5. 議題の配置」で説明されている通りにアジェンダのプレースホルダーの位置を選択してください。

この方法で作成された「think-cell agenda」という名前のカスタム レイアウトが現在のプレゼンテーションで見つかると、 image.  チャプター は、追加の図形も含めてこのカスタム レイアウトを使用し、事前に設定された位置に議題を配置します。

C.6 リボンのカスタマイズ

think-cell は、リボン コマンド経由で独自の機能をすべて利用できるようにしています。リボン コマンドは、[ファイル] → [オプション] → [リボンのカスタマイズ] 経由で PowerPoint のリボン コマンドと同じようにカスタマイズできます。カスタマイズする方法に関する一般的な情報は、こちらをご確認ください。

[リボンのカスタマイズ] ダイアログで利用できるすべての think-cell のコマンドリストを確認できます。ドロップダウンメニュー [コマンド選択元:] の [メインタブ] を選択し、[think-cell のコマンド] → [think-cell のコマンド] にアクセスしてください。

PowerPoint のリボンのカスタマイズのダイアログ.

注記: Office の制限により、内蔵のグループのコマンドを削除することや、内蔵のグループからコマンドを削除することはできません。内蔵のタブにコマンドを追加するには、[新規グループ] をクリックして、タブ内にカスタム グループを作成する必要があります。内蔵の [挿入]、[デザイン]、[校閲] タブ内の think-cell のグループは、内蔵のグループと同じように動作します。ただし、先ほど触れた think-cell グループを含む内蔵のグループ全体を取り出し、任意のタブに追加(もしくは任意のタブから削除)できます。

注記: [think-cellコマンド]タブとグループはすべてのthink-cell リボン要素に簡単にアクセスするための単なるコンテナです。それ自体をリボン上に配置することはできず、また、リボンのカスタマイズダイアログの右側でそれらを選択したり選択解除しても何の効果もありません。

また、think-cell の主なリボン グループの位置は、インストール中に変更できます(デフォルトでは [挿入] → think-cell)。この操作を行う手順については、「リボン」を参照してください。

共有する