Valentin Ziegler、カールスルーエ工科大学で講演

think-cellと大学や研究機関との関係を拡大して深めるため、think-cellのシニアソフトウェアエンジニアのValentin Zieglerはカールスルーエ工科大学(KIT)で自動スライドレイアウトに関するthink-cellの研究結果を発表しました。

2013年1月9日午後6時15分、50人以上のKITの学生、教授、研究アシスタントが情報科学部の講堂に集まり、「LaTeXを使用しないレイアウト:インタラクティブかつ直観的」と題した講演を聞きました。1時間のプレゼンテーションの後、熱心な参加者とプレゼンターの間で活発な討論が交わされました。

think-cellのEAT++レクチャー#05の一環として、講演後に出席者は全員、Hügels Restaurant Dudelsackでのくつろいだディナーに招待されました。プロフェッショナルな話し合いを続け、プライベートな会話を始めるよい機会となりました。

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリアページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)

シェア