Valentin Ziegler、カールスルーエ工科大学で講演

カールスルーエ、2013年1月9日

Think-cellと大学や研究機関との関係を拡大して深めるため、think-cellのシニアソフトウェアエンジニアのValentin Zieglerはカールスルーエ工科大学(KIT)で自動スライドレイアウトに関するthink-cellの研究結果を発表しました。

2013年1月9日午後6時15分、50人以上のKITの学生、教授、研究アシスタントが情報科学部の講堂に集まり、「LaTeXを使用しないレイアウト:インタラクティブかつ直観的」と題した講演を聞きました。1時間のプレゼンテーションの後、熱心な参加者とプレゼンターの間で活発な討論が交わされました。

think-cellのEAT++レクチャー#05の一環として、講演後に出席者は全員、Hügels Restaurant Dudelsackでのくつろいだディナーに招待されました。プロフェッショナルな話し合いを続け、プライベートな会話を始めるよい機会となりました。

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cellの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。