think-cell、最初の欧州C++ミーティングを後援 

think-cellでは独自のEAT++イニシアチブを利用してC++に関する技術的な情報の交換を促進し、プロのソフトウェアディベロッパー間での活発な討論を促しています。このイニシアチブおよび大学・研究機関との密接な関係に加えて、think-cellは現在、欧州でC++カンファレンスの設定も支援しています。ミーティングC++カンファレンスは11月初め、ドイツのノイスで2日間のイベントとして開催されました。

両日とも休憩中に参加者はホテルのロビーに設けられたのスタンドでthink-cellののチームメンバーに会うことができました。145人の参加者の間で交流とコミュニケーションを強化するため、think-cellはカンファレンス初日の夜、出席者全員を着席形式のディナーに招待しました。この場で出席者はthink-cellののディベロッパーに会い、美味しい地中海料理を堪能しながら、終了した講演について話し合うことができました。think-cellチームは、このすばらしいカンファレンスで熱心なC++支持者に会うことができ、大きな刺激になりました(短いレポートと写真)。

ミーティングC++

最初の欧州C++カンファレンスミーティングC++は2012年11月9日~10日、デュッセルドルフ近郊のノイスで開催されました。2日間のカンファレンスでは、C++に関する22の講演を含む興味深いプログラムが提供されました。このカンファレンスではC++11、Boost、Qtに焦点が当てられました。有名なC++専門家でC++標準OpenMP委員会–のカナダ代表であるMichael Wongが「優れたC++ 11コーティングスタイル」と題した基調講演を行いました。

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリアページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)

シェア