think-cell、ベルリンのHeinrich Hertz Schoolの50周年を支援

ベルリン、2011年9月14日

Heinrich Hertz Schoolはベルリンにある数学専門の中等学校で、全国的な科学コンテストでその実績は証明されています。卒業生のひとり、–Dr. Sebastian Theophil–は数年前にthink-cellに入社し、現在は開発チームの主要メンバーになっています。このため、think-cellは同校の創立記念祝賀をお手伝いできて嬉しく思っています。今後50年のご多幸をお祈りしています。

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cellの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。