think-cell、3154%の成長率でデロイトテクノロジーFast50の第4位

ベルリン/ハンブルク、2009年10月21日

Deloittes の年次 Technology Fast 50 ランキングによると、think-cell は 3 年連続で最も急速に成長しているドイツのテクノロジー スタートアップ企業の 1 つです。2004年から2008年の間、ベルリンに拠点を置くこのソフトウェア企業は収益を30倍以上に増やしました。

コンサルティング会社上位 5 社のうち 4 社にサービスを提供し、フォーチュン 500 にランクされている優良企業上位 100 社のほぼ 50% にサービスを提供している think-cell は、今年初めて Deloitte Fast 50 の主要賞部門にエントリーすることが期待されています。水曜日の夜、ハンブルクのキュリオハウスでランキングが発表されたとき、think-cell が 4 位になったことが示されました。

"当社の目の前にある 3 社はすべて、何百万もの Web ユーザーに低コストのサービスを提供している"、と think-cell の CEO の Markus Hannebauer 氏は言います。"think-cell が 2 桁少ない顧客ベースにプレミアム ソフトウェア製品を販売しながら、同等の成長率を達成したという事実を非常に誇りに思っています。これは、お客様が当社のソフトウェアが日々生み出す価値を本当に高く評価しているからこそ可能です。"

デロイトテクノロジーFast50賞の概要

ドイツデロイトテクノロジーFast50賞は、通信、インターネット、ハードウェア、ソフトウェア、ライフサイエンスなど、テクノロジー業界で有望な新興企業を表彰するため、有名な会計や顧問企業デロイトによって7年前に設立されました。決定基準は、過去5年間の累積的な増収です。高度な社内の技術革新と多額の研究開発予算も追加基準となっています。

think-cell について

2002年にベルリンで設立されたthink-cellは、PowerPointでのプロフェッショナルなプレゼンテーション作成の業界標準です。数々の生産性ツールと40種類以上のチャートのサポートを備えたthink-cellは、コンサルティング企業世界トップ10社のうち10社で使用され、Fortune 500の多くに選ばれ、トップビジネススクール10校のうち9校で教えられているソフトウェアです。

共有する