think-cell、デロイト テクノロジー Fast50ライジング スターに再び選出

ベルリン/デュッセルドルフ、2008年10月22日

会計事務所–のデロイトが本日発表した年次テクノロジーFast50ライジングスターのランキングによると、think-cellは2年連続してドイツで最も成長の速いテクノロジー新興企業です。2005年から2007年の間、ベルリンに拠点を置くこのソフトウェア企業は収益を4倍以上に増やしました。

think-cellはプロのPowerPointユーザー向けの標準ベンダーとしての地位を確立し、トップ戦略コンサルティング企業5社のうち4社のほか、多くの世界企業大手の管理・企業戦略部門に製品を提供しています。1,000社以上の6万人を超えるユーザーのほとんどは、口コミや個人的な紹介でこのソフトウェアのことを耳にしました。ユーザーは世界中のほぼあらゆる地域にいる上、ソフトウェアに対する評価が高いため、think-cellのビジネスを非常に収益性の高いものにしています。

ライジングスターとしてドイツデロイトテクノロジーFast50を2回受賞したことにより、think-cellは成長が確固たるもので持続可能性であることを証明しました。ライジングスター部門では、企業は過去3年間の実績に従ってランク付けされます。think-cellは来年、企業が過去5年の増収に基づいてランク付けされる主要部門に応募することができます。

デロイト テクノロジー Fast50賞の概要

ドイツデロイトテクノロジーFast50賞は、通信、インターネット、ハードウェア、ソフトウェア、ライフサイエンスなど、テクノロジー業界で有望な新興企業を表彰するため、有名な会計・顧問企業デロイトによって6年前に設立されました。ライジングスター部門の決定基準は、過去3年間の累積的な増収です。高度な社内の技術革新と多額の研究開発予算も追加基準となっています。

ドイツデロイトテクノロジーFast50賞

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cellの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。