think-cell、第8回ミュンヘンコンサルタントカップを後援   

第8回ミュンヘンコンサルタントカップのイブニングパーティーに参加し、すばらしい体験をしてください。この有名なサッカートーナメントの主要なスポンサーとして、think-cellはラッキーなコンサルタントを曲技飛行に招待します。think-cell賞の勝者はChristian Simbeckに会い、ルフトハンザよりもエキサイティングなフライトに参加することができます。

Christianは2002年と2003年にドイツ曲技飛行選手権の中間クラスで優勝しているため、この技術を熟知しています。愛用機は世界で最も有名な曲技用飛行機のひとつ–Extra 200です。Extra 200は+/- 8 gsのストレスにも耐え、1秒もかからずに360度回転し、あらゆる曲技を行うことができます。つまり、空を飛ぶにはもってこいなのです。

ミュンヘンコンサルタントカップの概要

今年のミュンヘンコンサルタントカップは、ドイツのコンサルタントによる人気の高いレクリエーションサッカートーナメントの第8回です。毎年、A.T. Kearney、Arthur D. Little、Bain、Bearing Point、Booz Allen &Hamilton、Boston Consulting Group、Capgemini、Deloitte、IBM、Mercer、Monitor、Roland Berger、Siemens Managament Consultingなど、大手の十数チームが市場ではなくサッカー場で競い合います。

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリアページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)

シェア