think-cell、第8回ミュンヘンコンサルタントカップを後援

ミュンヘン/ベルリン、2005年7月23日

第8回ミュンヘンコンサルタントカップのイブニングパーティーに参加し、すばらしい体験をしてください。この有名なサッカートーナメントの主要なスポンサーとして、think-cellはラッキーなコンサルタントを曲技飛行に招待します。think-cell賞の勝者はChristian Simbeckに会い、ルフトハンザよりもエキサイティングなフライトに参加することができます。

Christianは2002年と2003年にドイツ曲技飛行選手権の中間クラスで優勝しているため、この技術を熟知しています。愛用機は世界で最も有名な曲技用飛行機のひとつ–Extra 200です。Extra 200は+/- 8 gsのストレスにも耐え、1秒もかからずに360度回転し、あらゆる曲技を行うことができます。つまり、空を飛ぶにはもってこいなのです。

ミュンヘンコンサルタントカップの概要

今年のミュンヘンコンサルタントカップは、ドイツのコンサルタントによる人気の高いレクリエーションサッカートーナメントの第8回です。毎年、A.T. Kearney、Arthur D. Little、Bain、Bearing Point、Booz Allen & Hamilton、Boston Consulting Group、Capgemini、Deloitte、IBM、Mercer、Monitor、Roland Berger、Siemens Managament Consultingなど、大手の十数チームが市場ではなくサッカー場で競い合います。

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cellの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。