think-cell、北米で一連のロードショーを開始

ベルリン、2004年8月1日

think-cellは本日、北米で近日中にロードショーを行うことを発表しました。最初の都市、ニューヨークには8月9日~13日に訪れます。このロードショーでは経営コンサルタントに焦点を当てており、現在と将来のお客様のために製品のデモとセミナーが行われます。

「北米は私たちにとって非常に重要な市場です。この地域での弊社の存在感は継続的に高まっています。多くの大手企業が本社を置くニューヨークで開催さるロードショーは、国際的なコンサルティング市場にサービスを提供する上で論理的なステップとなります」とthink-cell'sのCEOを務めるマルクス・ハンバウアー(Markus Hannebauer)は話します。

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cell'sの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。

シェア

think-cell は、本サイトの機能、パフォーマンス、セキュリティを強化するためクッキーを使用します。本ウェブサイトのすべての機能をお使いいただくには、お客様の同意が必要となります。think-cell によるクッキーの使用およびお客様のプライバシー権に関する詳細は、当社のプライバシーポリシーでご確認いただけます。