think-cell、SIGGRAPH 2003で論文を発表

ベルリン/サンディエゴ、2003年7月27~31日

think-cellののCTOアルノ・ショドル(Arno Schödl)はジョージア工科大学の元同僚と協力し、世界のコンピューター グラフィックス業界で最も重要な年次イベントにおいて画像と動画のテクスチャ合成用の新しいアルゴリズムを紹介しました。

SIGGRAPHの概要

SIGGRAPHは、最先端のコンピューター グラフィックスとインタラクティブなテクニックを紹介する主要な会議や展示会です。SIGGRAPH 2003、第30回SIGGRAPHには、77ヶ国から合計2万4332人のプロフェッショナルが集まりました。

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cellの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。

シェア