think-cell、SIGGRAPH 2003で論文を発表

think-cellののCTOアルノ・ショドル(Arno Schödl)はジョージア工科大学の元同僚と協力し、世界のコンピューター グラフィックス業界で最も重要な年次イベントにおいて画像と動画のテクスチャ合成用の新しいアルゴリズムを紹介しました。

SIGGRAPHの概要

SIGGRAPHは、最先端のコンピューター グラフィックスとインタラクティブなテクニックを紹介する主要な会議や展示会です。SIGGRAPH 2003、第30回SIGGRAPHには、77ヶ国から合計2万4332人のプロフェッショナルが集まりました。

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリアページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)

シェア