think-cell、コンピューターシステムの自己組織に関する本を出版 

ベルリン/ハイデルベルク、2002年11月1日

問題解決、コラボレーション、コンピューターシステムの自己組織化に関するthink-cell's'のCEOマルクス・ハンバウアー(Markus Hannebauer)の新しい本がシュプリンガー(Springer)から出版されました。

このタイプの出版物は、活発なコンピューターサイエンスの研究と現実世界への問題の適用に対するthink-cell'sの特別な公約をさらに証明するものです。

Springer-Verlagの概要

Springer-Verlagは150年以上の歴史を持つ出版社です。設立当初からRobert KochやWerner von Siemens、Rudolf Dieselといった有名な著者が本を出版し、「Springer」は高い質の科学出版物の同義語となってきました。

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cell'sの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。

シェア

think-cell は、本サイトの機能、パフォーマンス、セキュリティを強化するためクッキーを使用します。本ウェブサイトのすべての機能をお使いいただくには、お客様の同意が必要となります。think-cell によるクッキーの使用およびお客様のプライバシー権に関する詳細は、当社のプライバシーポリシーでご確認いただけます。