think-cell、コンピューターシステムの自己組織に関する本を出版 

問題解決、コラボレーション、コンピューターシステムの自己組織化に関するthink-cellののCEOマルクス・ハンバウアー(Markus Hannebauer)の新しい本がシュプリンガー(Springer)から出版されました。

このタイプの出版物は、活発なコンピューターサイエンスの研究と現実世界への問題の適用に対するthink-cellのの特別な公約をさらに証明するものです。

Springer-Verlagの概要

Springer-Verlagは150年以上の歴史を持つ出版社です。設立当初からRobert KochやWerner von Siemens、Rudolf Dieselといった有名な著者が本を出版し、「Springer」は高い質の科学出版物の同義語となってきました。

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリアページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)

シェア