think-cellはドイツで最も有望なビジネスコンセプト10件のひとつを所有

ベルリン/シュトゥットガルト、2002年6月30日

ドイツの2002年StartUp賞の創始者–Deutscher Sparkassen- und Giroverband、stern、McKinsey&Company and ZDF–は本日、think-cellがドイツで最も有望なビジネスコンセプト10件のひとつを持っており、Deutscher Gründerpreis(ドイツ起業家賞)にノミネートされる資格があると発表しました。980人の起業家がStartUp 2002コンペに参加しました。

詳細についてはStartUpのWebサイトをご覧ください。

StartUpについて

StartUpはドイツで最大の起業支援イニシアチブです。公共銀行ネットワーク、Deutscher Sparkassen- und Giroverband、ニュース雑誌「Stern」、経営コンサルティング企業のMcKinsey & Company、公共テレビ局ZDFによって組織されました。

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cellの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。