think-cellはドイツで最も有望なビジネスコンセプト10件のひとつを所有

ドイツの2002年StartUp賞の創始者、–Deutscher Sparkassen- und Giroverband、stern、McKinsey&Company and ZDF–は本日、think-cellがドイツで最も有望なビジネスコンセプト10件のひとつを持っており、Deutscher Gründerpreis(ドイツ起業家賞)にノミネートされる資格があると発表しました。980人の起業家がStartUp 2002コンペに参加しました。

StartUpについて

StartUpはドイツで最大の起業支援イニシアチブです。公共銀行ネットワーク、Deutscher Sparkassen- und Giroverband、ニュース雑誌「Stern」、経営コンサルティング企業のMcKinsey &Company、公共テレビ局ZDFによって組織されました。

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリアページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)

シェア