3. 基本的コンセプト

本チャプターでは、あらゆる think-cell の要素を使って作業する際の基本的な考え方をご説明します。

3.1
ツール バーと要素のメニュー
3.2
要素を挿入
3.3
要素を回転/反転させる
3.4
要素のサイズ変更
3.5
要素と機能を選択する
3.6
フォーマットとスタイル

3.1 ツール バーと要素のメニュー

think-cell をインストールしたら、PowerPoint のリボン内の挿入タブの中に次のグループが表示されます。

PowerPoint 内の think-cell ツール バー

ここからは、このリボン グループをthink-cell ツール バーと呼びます。think-cell ツール バーを操作して、ほとんどの think-cell 機能を使用することができます。

注記: さらに、PowerPoint の要素ボタンおよび Excel のグラフボタンを要素ボタンと呼びます。

要素ボタンをクリックした後、最初の 2 行の記号はプロセス フローの文書パーツ (プロセス フローを参照)、いくつかの役立つ描画オブジェクト (プレゼンテーション ツールを参照)、そして議題のスライド (議題を参照) を表す一方で、他の行はグラフの種類を表します (グラフ作成の方法を参照)。

次の要素が使用可能です。

アイコン 別名 ページ
image 縦棒グラフまたは横棒グラフ 縦棒グラフおよび積み上げ縦棒グラフ
image 100% 縦棒グラフまたは横棒グラフ 100% グラフ
image 集合縦棒グラフまたは集合横棒グラフ 集合グラフ
image ウォーターフォール図のビルドアップ ウォーターフォール グラフ
image ウォーターフォール図のビルドダウン ウォーターフォール グラフ
image Mekko 単位付きのグラフ Mekko グラフ
image Mekko % 軸付きのグラフ Mekko % 軸付きのグラフ
image 面グラフ 面グラフ
image % 軸付きの面グラフ 面グラフ (100% 積み上げ)
image 折れ線グラフ 折れ線グラフ
image 複合グラフ 複合グラフ
image 円グラフ 円グラフとドーナッツ グラフ
image 散布図 散布図
image バブル チャート バブル チャート
image プロジェクト タイムラインまたはガント チャート ガントチャート (時系列)
image 目次 目次を挿入する
image チャプター チャプターを挿入する
image 議題の分割 1 つのプレゼンテーション内の複数議題
image テキスト ボックス テキスト ボックス
image 五角形/山形 プロセス フロー
image 角丸四角形 角丸四角形
image Harvey-Ball チェックボックスおよび Harvey-Ball
image チェックボックス チェックボックスおよび Harvey-Ball

さらに要素をつなぐための image ユニバーサル コネクタがあります (詳細情報はユニバーサル コネクタを参照)。

最後に、image その他では、PowerPoint を使った日々の作業が楽になる役立つツールが見つかります (プレゼンテーション ツールを参照)。

3.2 要素を挿入

プレゼンテーションに要素を挿入する手順は、PowerPoint 図形を挿入する手順とよく似ています。スライド上に新しい要素を作成するには、think-cell ツール バーから要素ボタンをクリックします。その後、必須要素を選択します。要素の周囲に小さな矢印が現れるのがわかるでしょう。これらの矢印の上をマウスでポイントすると、要素を回転や反転させることができます。

要素を間違って選択してしまった場合は、以下の手順で解除できます。

  • Esc キーを押して挿入をキャンセルします。
  • 要素ボタンを再度クリックして別の要素を選びます。
think-cell グラフ スマート要素

要素を選択したら、マウス ポインターと共に四角形が現れ、スライド内の要素挿入位置を表示します。スライドに要素を配置するには 2 つのオプションがあります。

  • マウスの左ボタンを 1 度クリックし、既定の幅と高さの要素を配置します。
  • マウスの左ボタンをクリックしたままドラッグし、希望するサイズの要素を作ります。要素のなかには固定幅でしか挿入できないものもあります。この場合は高さのみ変更できます。要素のサイズは挿入後にいつでも変更できます。

要素の挿入やサイズ変更をするとき、一定の位置に配置されることに気づくでしょう。

挿入中のスマート要素 think-cell グラフ位置合わせ サイズ変更中のスマート要素 think-cell グラフ位置合わせ

位置合わせは以下のような目的で行われます。

  • 位置合わせによって、オブジェクトが素早く簡単に配置できます。スライド上の他のオブジェクトの境界線をハイライトすることで、今動かしている要素がそのオブジェクトと連携していることを示します。
  • サイズを変更するとき、要素のなかには位置合わせを行って自動で最適なサイズに決定したり、定義されたりするものがあります。例えば縦棒グラフの場合は、棒の数によって適した幅が決まります。手動で要素のサイズを変更した場合も簡単に既定の幅に戻すことができます。マウスを使って幅を調整している間に既定に近いサイズになったら位置合わせされます。

PowerPoint の機能にあるように、Alt キーを押したまま、位置合わせすることなくマウスを自由に動かせます。

3.3 要素を回転/反転させる

要素メニューの中の、五角形/山形、積み上げ、集合、100%、折れ線、面、ウォーターフォール、およびMekkoグラフの記号を使って、これらの要素の反転バージョン (また、該当する場合には回転バージョン) を挿入できます。

また、ほとんどの要素は、回転ハンドルを使って挿入後に回転させることができます。要素を選択して回転ハンドルを希望する位置までドラッグするだけです。回転ハンドルの上でマウスの左ボタンをクリックし、押し続けながら赤色でハイライトされた 4 つの可能な位置の 1 つまでハンドルをドラッグし、マウスから手を放します。

think-cell でグラフを回転/反転させる

3.4 要素のサイズ変更

要素が選択される時、サイズ変更ハンドルが境界線の角と中央に表示されます。要素のサイズを変更するには、これらのハンドルの 1 つをドラッグします。

2 個以上の要素を同じ幅または高さに設定することもできます。これは、PowerPoint 図形を選択肢の中に含めていても可能です。まず、同じ幅または高さに設定したいオブジェクトをすべて選択します (複数選択を参照)。その後、選択した要素のコンテキスト メニューから image 同じ高さ または image 同じ幅 を選択します。すべてのオブジェクトが同じ高さまたは幅にそれぞれサイズ変更されます。

think-cell 要素のサイズ変更

すべての要素の高さや幅は、各要素の最大高さや幅に設定されています。

3.5 要素と機能を選択する

think-cell の要素は多くの場合、機能と呼ばれる個別に選択可能なパーツを含んでいます。例えば、グラフ要素はデータシートの数値に対応するセグメントから構成され、ラベル、軸、様々な矢印、コネクタなども含まれることがあります。

マウス ポインターが上に来た時に現れるオレンジ色の枠で機能を見分けることができます。それをクリックすると、枠が青色に変わり現在選択中の機能としてマークされます。これに加えて、フリー ツール バーが現れることもあります。これに含まれるプロパティ コントロールを使って、機能のルックスを変えることができます。新しく挿入した要素を使って機能の成り立ちやプロパティの概要を見てみると良いでしょう。

機能を右クリックすると、コンテキスト メニューが表示されます。これを使用して、要素に新しい機能を追加したり、現状表示されているものを削除したりすることができます。

think-cell コネクタ メニュー

現在選択中の項目に使用できない機能のボタンは灰色になっています。要素全体のコンテキスト メニューは、要素の背景を右クリックすると表示されます。

機能は常に特定の要素に属し、他の機能をさらに加えることもできます。一例として、折れ線グラフの縦軸はグラフ自体の機能ですが、軸に付けられたチェックマークは軸の機能です。このため、縦軸の表示、非表示を切り替える場合はグラフのコンテキストメニューを使用し、チェックマーク表示、非表示を切り替える場合は軸のコンテキストメニューを使用してください。

機能を削除するにはいくつかの方法があります。

  • 機能を左クリックで選択し、キーボードの 削除 または キーを押します。
  • 機能を右クリックして think-cell コンテキスト メニューを開きます。image 削除ボタンをクリックして、要素から機能を削除します。
  • 機能を追加するのに使った think-cell コンテキストメニューを開きます。同じボタンを再度クリックして、機能を削除します。

注記: この方法で、グラフ 要素からデータ セグメントを削除することはできません。表示されるすべてのデータ セグメントは、内部データシートに制御されています。内部データシートからセルを削除すると、それに対応するデータ セグメントがグラフ 要素から削除されます。

注記: 機能の有無をボタンで切り替えることができます。例えば、系列ラベルのグラフ表示の有無に従って状態を変更します。例えば、グラフ要素に系列ラベルを追加するためimage 系列ラベルの追加 を選択した後、ボタンがimage 系列ラベルの削除に変化します。以下では、一般的に、機能を追加するためのボタンの状態のみが表示されます。

使用可能なすべての機能についての詳細情報は、適用される各要素の情報と共に以下のチャプターに記載しています。

3.5.1 複数選択

同じ項目に属する幅広い機能を素早く選択できます – これはロジカル マルチセレクションと呼ばれます。これは、Microsoft Windows Explorer 内のファイル動作と同じように機能します。マウスの左ボタンを 1 回クリックして、希望範囲内の最初の機能を選択し、Shift を押したまま範囲内の最後の機能をクリックします。Shift を押したままマウスを動かすと、選択する機能の範囲がオレンジ色にハイライトされます。

選択項目に機能を単独で追加したり、選択項目から機能を単独で削除したい場合は、 クリックしている間に Ctrl を押します。もう 1 度確認しますが、これは Microsoft Windows Explorer で複数ファイルを選択する方法と同じ方法です。

キーボードを使って範囲全体を選択することも可能です。マウスの左ボタンを 1 回クリックして機能を選び、Ctrl+A を押します。選択した機能と共に範囲に含まれるすべての機能も同様に選択されます。

ロジカル マルチセレクションは、グラフ要素内のデータ系列全体に色を付けたいときや、ラベル範囲の形式を変更したい場合に特に役立ちます。複数選択機能を使って複数のラベルにテキストを 1 度に貼り付けることもできます (テキストを複数のラベルに張り付けるを参照)。

3.5.2 キーボード ナビゲーション

多くの場合、スライド上の他のオブジェクトを選択するのにマウスは必要ありません。その代わりに、Alt方向キーを押したまま を使って他のオブジェクトを選択できます。

  • PowerPoint の図形または think-cell 要素が選択されたら、 Alt と方向キーを使って矢印の方向にある次の図形を選択します。
  • 要素の機能が選択されたら、Alt と方向キーを使って、要素のなかの同じ種類の次の機能を選択します。

ただし、同じ要素の機能に対してのみ対象を変更できます。別の要素の機能を選択するには、再度マウスを使ってください。

3.5.3 パン

スライドを拡大表示して編集する場合 (400% など)、スライドを動かして次に編集したい場所を表示させるのが困難なことがよくあります。think-cell がインストールされていれば、マウスの中央ボタンを使ってスライドを ”パン” させることができます。マウスの中央ボタンをクリックして、マウス ポインターでスライドをつかみ、表示したい位置に動かします。

マウスの中央ボタンの代わりにホイールがついている場合、ホイールを回さずに押すことで同じ操作を行えます。

注記: PowerPoint ではマウスのホイールと Ctrl キーを押すことで拡大および縮小ができることは多分ご存知でしょう。think-cell のパン機能と合わせてスライドの拡大表示を行うと簡単で素早い作業が行えます。

3.6 フォーマットとスタイル

クリックして要素または機能を選択すると、フリー ツール バーが現れます。これには機能のルックスを変更するためのプロパティ コントロールが含まれています。選択された機能に適用されるコントロール項目だけがフリー ツール バーに表示されます。

本チャプターでは、いくつかの一般的な種類のコントロールについて説明します。次のチャプターでは、特定の要素や機能の種類のコンテキストにおいて、フリー ツール バーのすべてのプロパティ コントロールに関する詳細情報を説明しています。

3.6.1 カラーと塗りつぶし

image

色のコントロールは、塗りつぶしの機能や折れ線グラフの線に適用されます。テキストの色や背景色は常に自動で設定されるため、テキストには適用されません。

配色コントロールの中の Excel の塗りつぶしを使用を有効にしている場合は、リストには Excel セル同様が含まれます (配色を参照)。あなたが手動で色を付けたセグメントの塗りつぶしをリセットするには、Excel セル同様を選択してExcel のセル書式設定を行います。

カラー コントロールで使用できる色以外の色が必要な場合は、ドロップダウン ボックスからカスタムオプションを選択します。その後、どんな色も好きなように選択できる、色の選択が表示されます。

think-cell カラー ピッカー

注記: 黒または白以外の色を使用する場合は、明るさを調整するスライダー (ダイアログ ボックスの右端) を最小または最大に設定しないでください。スライダーを上下に動かすと、ダイアログ ボックスの下にあるカラー フィールドで色が変化する様子を確認できます。

think-cell は素早く操作できるよう最近使用されたユーザー設定をコントロールに追加します。最近使用した色のリストの中に、分割ラインが見つかるでしょう。分割ラインの上にある色はプレゼンテーションの作業中に保存された色です。同僚がプレゼンテーションの編集をする際にも確実にこうした色を使用することができます。分割ラインの下にある色はあなたのコンピューターだけで使用可能です。こうした色は別のプレゼンテーションであなたが使用した色です。両方とも 8 色まで保存しておくことができます。9 色目のユーザー設定の色を使用すると、1 番目の色はリストから削除されます。

特定のセグメントをハイライトする場合やグラフの 1系列をハイライトする場合は、カラー プロパティをご使用ください。グラフ全体に色を付ける必要がある場合は、配色プロパティをご使用ください。

3.6.2 配色

image

配色コントロールを使用して、グラフのすべてのセグメントに一貫性のある色付けができます。例えば、第 1 系列に配色の 1 番目のカラーを使用し、第 2 系列では 2 番目のカラーを使うなどです。系列が追加や削除された時は、カラーも自動で更新されます。詳細な情報は、 既定の色/フォントを変更するセクションをご覧ください。

Excel の塗りつぶしを使用を選択した場合は、think-cell は Excel のセル書式設定を PowerPoint のグラフに適用します。この機能は、リンクされたグラフの場合に、Excel のデータ ソースを使ってグラフの色をコントロールするのに特に便利な機能です。例えば、条件付き書式設定では、正の値を緑色に負の値を赤色にそれぞれ色付けすることができます。

Excel の塗りつぶしを使用を有効にした場合で、データ セグメントに対応するセルに Excel のセル書式設定の一部としての塗りつぶしがないときは、現状の配色から適した色が使用されます。つまり、Excel の塗りつぶしはこの配色に加えて適用されるものです。

注記: Excel で条件付き書式設定ルールを適用されている場合は、セグメントの塗りつぶしを設定するために Excel のセル書式設定を使用することはできません。こうしたルールには、他のセルに対する機能や参照が含まれています。

3.6.3 セグメントの並べ替え

image

セグメント並べ替えコントロールはグラフ内の各セグメントに特定の順序を与えます。既定のシート順のセグメントでは、データシートに表示される順番と同じ順番でセグメントを並べます。シートと逆順のセグメントを選択した場合は、データシートの最後の系列がグラフの最上部に表示され、データシートの最初の系列がグラフの最下部に表示されます。

think-cell は数値に基づいて、カテゴリの中でセグメントを並べ替えることもできます。降順のセグメントは、各カテゴリの最大セグメントがベースライン上に表示され、その他のセグメントを降順で並べるようすべてのカテゴリを並べ替えます。昇順のセグメントは、ベースライン上に最小の数値を持つセグメントを表示します。並べ替えの結果、同じデータ系列のセグメントで同じ色を持つものが異なるカテゴリの異なる場所に表示されます。

3.6.4 カテゴリの並べ替え

image

カテゴリ並べ替えコントロールはグラフ内の各カテゴリに特定の順序を与えます。既定のシート順のカテゴリでは、データシートに表示される順番と同じ順番でカテゴリを並べます。降順の Y 範囲順カテゴリは、数値の合計が最も大きいカテゴリが最初に表示され、その後、降順で並べ替えが行われます。昇順の Y 範囲順カテゴリ は、数値の合計が最も小さいカテゴリが最初に表示され、その後、昇順で並べ替えが行われます。

3.6.5 グラフの種類

image

グラフ型のコントロールを使うと、同じデータに対して異なるグラフの種類に切り替えて表示できます。積み上げ、集合、面、折れ線の各種類のグラフに切り替えることができます。100% グラフに切り替えるには、軸の種類を % に設定してください (数値軸の種類を調整しますを参照)。

3.6.6 線のスタイル

image

線のスタイル コントロールは、縦棒グラフ、横棒グラフ、円グラフの各セグメントのアウトライン、基本要素、議題の各チャプター、折れ線グラフ内の線、グラフのベースライン、数値の下線に適用されます (数値線を参照)。また、線のスタイル コントロールを使ってコネクタの外観を変更することもできます。さらに、線のスタイル コントロールを使ってすべてのグラフのプロット エリアのアウトラインを特定することができます。

3.6.7 アウトラインの色

image

このコントロールを使ってアウトラインの色を変更することができます。縦棒グラフ、横棒グラフ、円グラフのセグメントや、基本要素、議題の各チャプターにも使用できます。

3.6.8 線の設定

image

線の設定コントロールでは、折れ線グラフ内の線の外観を指定できます。線の設定がサポートされており、グラフ内のすべての線に対して一貫性ある線のスタイルや色が使用されます。また、マーカーを使って線上の各データポイントを強調する線を設定で選択することもできます。

3.6.9 マーカー シェイプ

image

マーカー シェイプ コントロールは、折れ線グラフや散布図のデータ ポイントに対するマーカーを追加、変更するのに使用できます。散布図内のすべてのデータ ポイントに一貫性あるマーカーを付けるには、マーカー シェイプではなくマーカー スタイル コントロールを使用すべきです。

3.6.10 マーカーの設定

image

マーカー設定コントロールでは、散布図内の各データ ポイントに一貫性のあるマーカーを表示できます。データ ポイント、グループ、系列が追加または削除されると、マーカーは自動的に更新されます。散布図全体に一貫性のあるマーカーを追加したい場合は、マーカー シェイプ コントロールではなくマーカー スタイル コントロールの使用が適しています。

3.6.11 既定の色/フォントを変更する

think-cell では、様々な要素や機能 (例: 軸、テキスト、矢印) に対して PowerPoint の配色を使用できます。こうした色やフォントの定義は、お使いのプレゼンテーション ファイルの既定の色やフォントからいつでも持ってくることができます。既定値が正しくデザインされていれば、配色を切り替えることを決定された場合でも think-cell はシームレスにそれに従います。

既定のフォント設定を変える場合も、あなたのプレゼンテーションのスライド マスターを変更するだけです。

1.
リボンの表示を選択してください。
2.
マスター表示のグループの中の、スライド マスターをクリックします。
3.
左ウィンドウ枠にスライド マスターが表示され、インデントされた表示には異なるレイアウトが表示されていますので、スライド マスターを選択します。スライド マスター表示を開くと現在のスライドのレイアウトの種類が選択されます。そこから最上部へスクロールして、インデントされていないスライド マスターを代わりに選択する必要があります。
4.
本文テキスト プレースホルダーのフォントを調整して、あなたの企業デザインにマッチするよう変更できます。

既定の色の設定を変更したい場合は、あなたのプレゼンテーションの配色を変更するだけで可能です。配色設定へ移動し、あなたの企業デザインに合う色に調整してください。

Office 2007 および 2010 の場合:

1.
リボンで [デザイン] を選択してください。
テーマ
のグループで [] をクリックします。
2.
ドロップダウン リストから、新しいテーマの色を作成する...を選択してください。

Office 2013 以降の場合:

1.
リボンで [デザイン] を選択してください。
2.
バリエーションのグループから、右下の下向きボタンをクリックします。
3.
ドロップダウン リストからを選択し、続いてユーザー設定の色を選択します。

一般的に、PowerPointのテンプレート ファイル(*.potx)にこれらの既定値を保存しておき、新しいプレゼンテーションはすべて、このテンプレート ファイルから作成するようお勧めします。この操作方法については、PowerPointのヘルプを参照してください。