7.棒グラフ、折れ線グラフ、および面グラフ

7.1
縦棒グラフおよび積み上げ縦棒グラフ
7.2
集合グラフ
7.3
100% グラフ
7.4
折れ線グラフ
7.5
誤差範囲
7.6
面グラフ
7.7
複合グラフ

7.1 縦棒グラフおよび積み上げ縦棒グラフ

要素メニューのアイコン: 画像
think-cell の積み上げ縦棒グラフ

think-cell では、単純な縦棒グラフと積み上げ縦棒グラフを区別しません。単純な縦棒グラフを作成する場合、データシートにはデータ 1 系列 (行) のみを入力します。縦棒グラフの簡単な説明は、「グラフの作成方法」のチャプターで使用されている例を参照してください。

think-cell の横棒グラフは単に縦棒グラフを回転させたグラフであり、縦棒グラフとして使用できます。さらに、2 つの横棒グラフを「背中合わせ」に配置することによってバタフライ グラフを作成できます。この操作を実行するには、2 つの機能、すなわち回転 (「要素を回転/反転させる」を参照) と同じ目盛 (「同じ目盛」を参照) を使用します。そして、片方のグラフのカテゴリ ラベルを削除します。

think-cell バタフライ グラフの例

積み上げ集合グラフの作成手順は「集合グラフ」を参照してください。

棒グラフの棒の幅を変更する場合は、セグメントを選択し、棒の半分の高さでハンドルの1つをドラッグします。

棒幅ハンドル

ドラッグをすると、ギャップがわかるヒントが表示されます。大きな棒グラフ幅は、小さなギャップになります。逆に小さな棒グラフ幅は、広いギャップになります。これは、棒の幅が変更されてもグラフの幅は変更されないからです。ギャップは、棒の幅の割合で表示されます。たとえば、50%は、各ギャップが棒の半分であることを示します。

棒グラフのうち1つの棒の幅を変更すれば、残りの棒の幅も同様に変更されます。棒グラフの棒はすべて同じ幅になります。データによって異なる棒幅のあるグラフを作成する場合は、「マリメッコ グラフ」を参照してください。ギャップの幅を個別に設定するには、「項目のギャップ」を参照してください。

7.2 集合グラフ

要素メニューのアイコン: 画像
think-cell 集合グラフ

集合グラフは、セグメントを並べて配置した、積み上げ縦棒グラフの変化形です。

集合グラフは、系列のセグメントを選択し、この系列のグラフ型のコントロールから 折れ線を選択することで、折れ線グラフと組み合わせることができます。

セグメントの積み上げを並列にしたい場合は、積み上げ集合グラフを作成できます。

think-cell 積み上げ集合グラフ

積み上げ集合グラフの作成は以下の手順を参照してください。

1.
積み上げグラフを挿入します。
2.
セグメントを選択し、「0% gap」 (0%のギャップ) と表示されたツールチップが表示されるまで、棒の高さの半分で棒幅ハンドルをドラッグします。
3.
項目ギャップを挿入するベースラインをクリックし、「1 Category Gap」 (項目ギャップ 1) と表示されたツールチップが表示されるまで矢印を右にドラッグします。必ずすべてのクラスタでこの作業を繰り返し行ってください。

クラスタの積み上げが偶数の場合、ラベルをクラスタ全体の中央に配置することはできません。この場合は PowerPoint テキスト ボックスを使ってラベルをつけてください。

7.3 100% グラフ

要素メニューのアイコン: 画像
100% グラフは、積み上げ縦棒グラフの変化形です。通常はすべての棒が同じ高さ (つまり 100%) になります。100% グラフのラベルは、ラベル コンテンツ プロパティに対応しているため、絶対値、パーセンテージ、もしくはその両方から表示する数値を選択できます (「ラベル コンテンツ」)。think-cell 100% グラフ

think-cell では、列の合計が必ずしも100% にならない場合でも 100% グラフを作成できます。列の合計が 100% に近い数値場合は、それに応じて作成されます。データシートの入力方法に関する詳細は、「絶対値と相対値」を参照してください。

7.4 折れ線グラフ

要素メニューのアイコン: 画像
think-cell 折れ線グラフ

折れ線グラフは同じ系列に属すデータ ポイントを線で結びます。折れ線グラフの外観は、フリー ツール バーの線の設定、線のスタイル、およびマーカー シェイプ コントロールでコントロールします。これらのコントロールに関する詳細は「フォーマットとスタイル」を参照してください。デフォルトでは、データ ポイントのラベルは表示されませんが、折れ線グラフのコンテキスト メニュー ボタン画像 ポイント ラベルの追加を使用して表示させることができます。

折れ線グラフの項目値が一定の間隔で増加する数値、または軸ラベルの数値形式に従って解釈される日付の場合、X 軸は自動的に数値軸に切り替わります (「数値軸」を参照)。日付を使用する場合、すべての項目 ラベル を複数選択し (「複数選択」を参照)、コントロールに日付形式を入力すると日付形式を変更できます (「日付形式コード」を参照)。横並びで表示できる以上のラベルを表示させる場合は、ラベルの回転を使用できます (「ラベルの回転」を参照)。

横軸は、次の条件が満たされている場合にのみ、カテゴリから数値モードに切り替えることができます。

  • データシートのすべての項目セルに数値が含まれており、Excel のセル書式も一般または数値に設定されている、もしくは、データシートのすべての項目セルに数値が含まれており、Excel のセル書式も日付に設定されている場合。
  • カテゴリのセルの数値または日付は、左から右に向かって厳密に上昇しています。
  • Y 軸が、項目間で交差に設定されていない場合 (「数値軸の位置決め」を参照)。この要件のみが数値軸モードへの切り替えを妨げている場合、軸コンテキスト メニューの画像 数値軸の作成を使用し、項目で交差に切り替え、数値軸モードに切り替えることができます。

折れ線グラフは、第 2 縦数値軸を表示することもできます。詳細は、「第 2 軸」を参照してください。

[Use Excel Fill on Top] (Excel の塗りつぶしを使用) が選択されている場合 (「配色」を参照)、Excel のセルの書式設定の塗りつぶしが次の方法で使用されます。

  • 該当する系列名を含むセルの塗りつぶし色によって線の色が決まります。
  • 各データ ポイントのセルの塗りつぶし色によって、このデータ ポイントのマーカー色が決まります。

7.4.1 平滑線

折れ線グラフの線をなめらかにするには、この設定をオンにします。まず、対象の線を右クリックし、画像 平滑線の設定ボタンを使用します。

7.4.2 補間

折れ線グラフ、面グラフ、面 (100%) グラフでは、画像 補間ボタンを使用して、系列で欠損しているデータ数値に使用される線状補間を適用したグラフを表示させることができます。折れ線グラフでは、グラフの各系列について、補間を有効または無効にできます。面グラフでは、各系列が積み上げられるのでグラフ全体にのみ適用されます。

7.5 誤差範囲

誤差範囲を使って、折れ線や積み上げグラフでの偏差を表示することができます。誤差範囲を使って次のグラフを作成できます。

think-cell 誤差範囲付きの折れ線グラフ
1.
3 系列の折れ線グラフを作成します。第 1 系列は上偏差を、第 2 系列は平均を、第 3 系列は下偏差を反映します。
2.
中央の線を右クリックし、コンテキスト メニューから画像 誤差範囲の追加を選択します。
3.
上側と下側の系列の系列ラベルを削除します。

いずれかの誤差範囲を選択すると、すべての誤差範囲の上下偏差のマーカー シェイプと色および線の種類を変更できます。個々の誤差範囲マーカーを選択して、そのマーカーのプロパティのみを変更することもできます。

誤差範囲を選択すると、両端にハンドルが現れます。これらのハンドルをドラッグすると、誤差範囲がどの線に及ぶかを選択できます。誤差範囲を 2 つの隣接する線だけに設定すると、偏差の代わりに間隔を視覚化することもできます。

7.6 面グラフ

7.6.1 面グラフ

要素メニューのアイコン: 画像
think-cell 面グラフ

面グラフは、データ ポイントが各数値ではなくカテゴリ内の数値の合計を表す、積み上げ型の折れ線グラフと考えることができます。面グラフの外観は、配色コントロールを使って設定します。デフォルトでは、データ ポイントのラベルは表示されませんが、面グラフのコンテキスト メニュー ボタン画像 ポイント ラベルの追加を使用して表示させることができます。面グラフのコンテキスト メニュー ボタン画像 合計の追加を使用して、合計ラベルを表示させることができます。画像 補間ボタンを使用すると (「補間」を参照)、線状補間をオンに設定できます。

[Use Excel Fill on Top] (Excel の塗りつぶしを使用) が選択されている場合 (「配色」を参照)、系列ラベル セルの Excel 塗りつぶし色によって、この系列の塗りつぶし色が決まります。

7.6.2 面グラフ (100% 積み上げ)

要素メニューのアイコン: 画像
think-cell 面グラフ (100% 積み上げ)

面グラフ (100% 積み上げ) は、カテゴリ内のすべての数値の合計が通常 100% を示す、面グラフの変化形です。カテゴリの合計が 100% の近似値の場合は、それに従ってグラフが作成されます。データ数値を指定する方法に関する詳細は、「絶対値と相対値」を参照してください。面 (100%) グラフのラベルには、絶対値、パーセンテージ、もしくはその両方を表示させることができます (「ラベル コンテンツ」)。画像 補間ボタンを使用すると (「補間」を参照)、線状補間をオンに設定できます。

7.7 複合グラフ

要素メニューのアイコン: 画像
think-cell 複合グラフ (折れ線、縦棒、および集合)

複合グラフは、1 つのグラフ内で線と縦棒のセグメントを結合します。グラフの線と縦棒セグメントの使用方法は、「折れ線グラフ」と「縦棒グラフおよび積み上げ縦棒グラフ」で詳述されています。

線をセグメントの系列に変換する場合は、線をハイライトし、グラフ タイプのコントロール (グラフの種類を参照) から積み上げセグメントを選択してください。セグメントを線に変換するには、その系列のセグメントをハイライト表示し、グラフ型のコントロールからラインを選択するだけです。折れ線グラフ、積み上げ、および複合グラフのデータソースの書式は同じです。

think-cell セグメント折れ線および集合縦棒グラフ

この機能は、積み上げ、集合縦棒、および折れ線の各グラフで使用できます。

think-cell は、本サイトの機能、パフォーマンス、セキュリティを強化するためクッキーを使用します。本ウェブサイトのすべての機能をお使いいただくには、お客様の同意が必要となります。think-cell によるクッキーの使用およびお客様のプライバシー権に関する詳細は、当社のプライバシーポリシーでご確認いただけます。