23. Tableau データ

データドリブン グラフのデータソースを Tableau で使用できる場合は、Tableau から直接グラフを作成できます。Tableau のデータが変更された場合、コマンドを使ってグラフを更新するか、think-cell を自動更新させることができます。

23.1
Tableauへのリンクの要件
23.2
Tableauデータからの表の作成

23.1 Tableauへのリンクの要件

グラフをTableauのデータにリンクするには当然、Tableauのサーバーへのアクセスが必要となります。think-cellはブラウザーウィンドウで利用できるTableauへのインターフェイスを使用し、Tableauビューに表示されているデータを抽出し、データシートの代わりにthink-cellのグラフでデータを利用できるようにします。think-cell の機能のこの部分は Chrome 拡張機能として実装されているため、Google の Chrome ブラウザも必要となります。

23.2 Tableauデータからの表の作成

  1. Chrome で Tableau のダッシュボードを開きます。
  2. think-cell拡張機能のアイコンをクリックします。 think-cell Chrome拡張機能アイコン
  3. ダッシュボードの異なるビューが検出され、マウスポインタ―を合わせると緑で色がけされます。ビューをひとつ選択します。 Tableau ダッシュボードでビューを選択
  4. ビューのデータが表示された新しいタブが開きます。作成するグラフの種類を選択します。 think-cell のグラフの種類を選択
  5. 選択したグラフの種類に関連する think-cell データシートの一部に列を割り当てます (積み上げグラフの場合は、カテゴリー、系列、値)。 Tableau のデータ列を think-cell のデータシートの一部に割り当て
  6. PowerPointでthink-cellチャートを作成するには、[作成]をクリックします。 Tableauデータからのthink-cellグラフ

think-cell は Tableau データとの接続を記憶します!PowerPoint でグラフのデータシートボタンをクリックすると、ビューのデータが表示されたタブが Chrome で開きます。開いたタブで [Update] (更新) をクリックすると、更新されたデータを PowerPoint に送信できます。think-cell の [Data Links] (データリンク) ダイアログからデータの更新を開始することもできます。

グラフの上のカテゴリーラベル

シェア