6. テキスト ラベル

think-cell は適正な読みやすいラベルを付けます。think-cell の自動ラベル配置では無視されますので、PowerPoint のテキスト ボックスを使ってグラフにラベルを付けるのは避けてください。think-cell のコンテキスト メニューからラベルを作成する場合は、既定のコンテンツがデータシートから取り込まれるか、またはプログラムによって計算されます (列の合計、平均などの場合)。

さらに追加テキストを入力したり、think-cell の自動ラベルの既定のテキストを入れ替えたりすることができます。ラベルが選択されたら、入力を開始し、現在あるテキストを上書きできます。既存のテキストを保持したい場合は、F2 を押してテキスト編集モードにし、方向キーおよび ホーム/終了 キーを使ってラベル テキスト内を移動できます。本セクションでは、think-cell のラベルの動作を詳しく説明します。

6.1
ラベルの種類
6.2
自動ラベル配置
6.3
手動ラベル配置
6.4
テキスト フィールド
6.5
テキスト ラベル プロパティ コントロール
6.6
テキストを複数のラベルに張り付ける

6.1 ラベルの種類

様々な種類のグラフ作成でサポートされているラベルの一覧と、追加または削除するためにコンテキスト メニューに用意されているボタンの一覧です。

ラベルの種類 グラフの種類 メニュー ボタン
カテゴリ 縦棒、折れ線、面 image image
系列 縦棒、折れ線、面 image image image
セグメント 縦棒 image
ポイント 折れ線、面、散布 image image image
合計 縦棒、面 image image
内側 image
外側 image
アクティビティ ガント image image image
項目 ガント image
倍率 ガント image
パーセント インジケーター 100% image

注記: 縦棒に含まれるのは、積み上げグラフ、集合グラフ、100% グラフ、Mekkoグラフ、ウォーターフォール図、そしてそれらの反転させたバージョンです。散布図はバブル チャートを含みます。

think-cell ラベル種類

さらに、グラフの構成要素の中にはラベルをサポートしているものもあります。

ラベルの種類 グラフの構成要素 メニュー ボタン
目盛 数値軸 image
タイトル image
数値 数値行 image

6.2 自動ラベル配置

think-cell の使用時には、ラベルは適切な位置に自動で配置されます。多くのビルトイン ルールによって、読みやすさや外観の美しさを意識して常にラベルが配置されます。こうしたルールは、作成するグラフ型やラベルの種類に特有のものです。いくつかの例をご紹介します。

縦棒グラフのセグメントラベル用:

  • 十分なスペースがあるときは、すべてのラベルを中央揃えで配置します。
  • ラベルが属するセグメントよりも大きい場合は、ラベルの下に色付き四角形を付けます。
  • 2 つのラベルが近すぎる場合は、1 つを左にもう 1 つを右に配置します。
  • セグメント内に十分なスペースがない場合は、セグメントの外にラベルを配置して、関連するセグメントを線で示します。

円グラフの内側ラベル用:

  • 十分なスペースがある場合は、セグメントの外側境界にできるだけ近づけて配置します。
  • ラベルが属するセグメントよりも大きい場合は、ラベルの下に色付き四角形を付けます。
  • 2 つのラベルの間が近すぎる場合は、2 つのうち 1 つを円の中心に寄せて配置します。

6.3 手動ラベル配置

一般的に、think-cell はすべてのラベルを適切な位置に自動で配置します。ラベルを配置できる位置が複数ある場合は、think-cell の配置決定を手動で変更できます。

1.
ラベルを選択します。選択したラベルの右下の角にドラッグ アイコンが現れた場合、ラベルの位置に他の選択肢があることを示しています。
2.
選択中の枠またはドラッグ アイコンをマウスでドラッグしてください。ドラッグしている間に配置可能な場所がハイライトされ、青色の選択枠がこれらの位置にジャンプします。
3.
希望の位置でラベルを放します。
think-cell ドラッグによる手動ラベル配置

他に配置する選択肢がない場合は、選択されていてもドラッグ アイコンが表示されません。

手動で系列ラベルを配置する時は、他に配置できる選択肢にはグラフの既存の凡例が含まれます (凡例) 。

think-cell でラベルを凡例にドラッグする

あなたが特定の場所にラベルを手動で配置したら、think-cell はあなたの決定を尊重し、グラフのレイアウトが変更された場合でもその位置を維持します。

手動で配置したセグメント ラベルを自動モードに戻すには、マウス ポインターをターゲットここにドラッグして自動に戻すにドラッグするか、ラベルのコンテキスト メニューからimage 自動配置の有効化ボタンをクリックします。

think-cell の自動ラベル配置

注記: 複数のラベルを同時にドラッグすることもできます。そのためには、複数選択 (複数選択) を使って、選択したラベルの 1 つを代表として動かします。

6.3.1 ラベルの回転

ほとんどのラベルは左右に 90 度回転させることができます。ラベルを回転させるには、回転させるラベルを選択し、コンテキスト ツールバーから回転する角度を選択します。

think-cell ラベル回転ドロップダウン リスト

コンテキスト ツールバーに回転ボタンが表示されないラベルは回転させることはできません。

注記: 複数のラベルを同時に回転させることもできます。そのためには、複数選択 (複数選択) を使って、選択したラベルの 1 つを代表として回転させます。

6.4 テキスト フィールド

think-cell で作成したすべてのラベルに任意のテキストを追加できます。ラベル内の数字はデータシートが変更されたら随時更新されます。ラベルに他のテキストが含まれていても更新には問題ありません。この機能は注釈や脚注マークに特に役立ちます。この機能を使用するには、通常通りにテキスト ボックス内に入力します。

カーソルを動かすかテキストを選択したら、データシートからの数値が 1 つの文字のように動作することに気づくでしょう。これはテキスト フィールドと呼ばれるものです。テキスト フィールドを上書きしたり前後にテキストを追加したりはできますが、テキスト フィールドを変更することはできません。データシートに基づくいかなる数値やグラフ ラベル内に表示される数値も、テキスト フィールドとして現れます。各テキスト フィールドは、Excel データから作成された特定の数値を参照します。これはデータシート内のセルの 1 つであったり、複数セルの計算結果であったりします。テキスト フィールドのデータ ソースが変更されたときは、ラベル内の数値が変更を反映するよう随時更新されます。

ラベルのテキスト フィールドを削除したり上書きしない限りは、テキスト ボックス内の数値はデータシートの数値との一貫性を維持します。しかし、フィールドを削除して他のテキストや数値に置き換える場合もあるでしょう。この場合は、ラベル内のテキストは更新されなくなります。

数値のテキスト フィールドが他の数字で上書きされたことは明示されません。ラベルが自動で更新されなくなったことをお知らせするため、ラベルの側に感嘆符 image がポップアップ表示されます。感嘆符は、データシートにテキストを入力した後にテキスト フィールドをユーザー設定のテキストに置き換えた場合、カテゴリ ラベルまたは系列ラベルの隣にもポップアップ表示されます。感嘆符は単に情報を提供するためのものであり、テキスト フィールドを上書きすることは完全に適正な処理であることにご注意ください。

think-cell でラベルが自動的に更新されず、赤い感嘆符で表示される

ラベルをリセットしたり、テキスト フィールドを (再) 挿入するには、ラベル コンテンツ コントロールを使用するか (ラベル コンテンツ)、感嘆符がある場合にはそれをクリックするだけです。

注記: Excel の制限により、データシートセル内のテキストの最初の 255 文字のみが PowerPoint のラベルに表示されます。ただし、計算式内のテキストを連結することで制限を回避することは可能です。つまり、Very long text ... の代わりに、=”Very long ”&”text ...” とデータシートのセルに入力します。

注記: Alt+Enter を使用してデータシートのテキストに改行を追加し、F7 を使用してデータシート テキストのスペル チェックを行うことができます。

6.5 テキスト ラベル プロパティ コントロール

6.5.1 フォント

フォント コントロールはすべてのテキスト ラベルに適用されます。選択した機能の設定を変更するにはフォントをクリックします。要素のフォントを変更すると、後で同じ要素内に作成されるすべてのテキストで新しいフォントが使用されます。

6.5.2 数値形式

image

数値の形式コントロールはグラフ データを表示するテキスト フィールドに適用されます。数値形式のコントロールを使うには、希望する形式で数値例を入力してください。入力する実際の数値は重要ではありません。重要なのは数値の書式です。ドロップダウン ボックスによって最も一般的な書式へ素早くアクセスできます。また、ドロップダウンにはあなたが最近使用したカスタム書式が 4 つまで保存されています。絶対値と相対値には異なる書式を設定できます。

千をグループ化する句読点には、コンマ、ピリオド、シングル プライム、スペースを使用できます。小数点として、点、コンマ、アラビア文字の小数点記号を使用できます。ただし、千をグループ化する句読点と小数点には同じ文字は使用できません。

例:

  • 1.000,00 を入力すると、小数点以下の桁がコンマで区切られ、小数点以下は 2 桁で、千はピリオドで区切られます。
  • 1000 を入力すると、グループ化することなく整数を表示します。
  • スペースの有無にかかわらず、任意の接頭辞と接尾辞を追加できます。$1.2M
  • すべての数値に符号を付ける場合は、正の数を選択し、先行または後続のプラスを入力します。+1,234
  • -USD 1,234 と入力して通貨の前に数学記号を置き、EUR -1.234 を入力して数値の前に置きます。
  • 負の値を選択した場合は、マイナス記号を削除し、接頭辞と接尾辞を含むすべてをブラケットで囲みます。例えば、(1,2M) はブラケットで括られた負の値を表示します。接頭辞または接尾辞のみが囲まれている場合、ブラケットは 1 つの文字とみなされます。例えば 1,234 (metric tons)
  • 1,234 に先頭の半角ダッシュを付けて入力し、すべてのマイナスを半角ダッシュに置き換えます。

think-cell では Excel で設定されている数値形式を使うこともできます。これを使用するには、まず [セルの書式設定] ダイアログを使用して Excel で使用する表示形式を選択し、think-cell の表示形式コントロールの下部にある [Excel の書式設定を使用する] を選択します。

通貨を表す際に、シングル プライムを百万を表す記号、ダブル プライムを十億を表す記号として使う人々がいます。こうした方法を think-cell で使用したい場合は、データシートに百万の値を入力することから始めるか、百万単位の数値を表示するのにマグニチュード コントロールを使用します (マグニチュードを参照)。その後、数値形式コントロールに適切な形式の文字列を入力してください。書式文字列でシングル プライムを使用しない場合、ダブル プライムが付く数値は、ダブル プライムの後に続く数字がなくても、常に十億を表します。

数値 3842.23 を検討してみてください (または数値 3842230000 のマグニチュード設定 ×106との組み合わせ)。

数値形式コントロール 出力
1”234’000 3”842’230
1”234’0 3”842’2
1”00 3”84
1” 4”

6.5.3 マグニチュード

image

データ ソースからの数値は、多くの場合、データの提示に適さない大きさを持ちます。think-cell では、データ ソースを変更せずに、ラベルの大きさを変更することでこの問題を解決できます。

簡単な例をあげます。Excel テーブルには 7 桁の値 (例えば、3,600,000.00) が入力されていますが、値を百万単位で表示することにしました。フリー ツール バーから ×106 を選択するだけで、ラベルは適切に桁を減らした数値を表示します。

6.5.4 ラベル コンテンツ

image

ほとんどのラベルにはラベル コンテンツ コントロールがあります。このコントロールを使用して、ラベルに入力するテキスト フィールドを選択します。例えば、縦棒グラフのセグメント ラベルには、絶対値やパーセンテージが表示されます。(データシートの入力に関する詳細は絶対値と相対値をご参照ください。)

一部のラベルには、このドロップダウン ボックスに 1 つのエントリしかありません。ラベルのテキスト フィールドが削除されていれば、それを使って元に戻すことができます。

6.6 テキストを複数のラベルに張り付ける

think-cell では、データ駆動型のグラフ作成は素早く簡単にできますが、テキストを入力する必要があります。すでに表やテキスト ファイルで使用可能になっている場合は、think-cell もそれをお手伝いします。

テキストは、Microsoft Excel や Microsoft Word のファイルまたはその他の種類のテキスト ファイルに存在しているかもしれません。Excel では、ラベルは当然表のセルに分かれて存在しています。プレーン テキスト ファイルでは、ラベルは列 (改行で区切られて) または行 (タブ文字で区切られて) に入っているでしょう。

複数の選択肢の貼り付けはグラフ ラベルで使用可能なだけでなく、どのようなネイティブの PowerPoint 図形でも使用できます。

1.
元のファイルで、すべてのラベルまたは図形のテキストを選択し、クリップボードにコピーします (Ctrl+C または 編集 コピー)。 複数のラベルの数値を選択し、コピーします。
2.
PowerPoint に切り替えます。テキストを受け取るオブジェクトがまだ存在しない場合は、ここでそれらを作成します。これらのオブジェクトは、think-cell のラベルだけでなく、ネイティブの PowerPoint 図形にすることもできます。 PowerPoint で複数のラベルを作成します (think-cell ラベルまたは PowerPoint 図形)
3.
テキストを入力する図形やラベルを複数選択します。複数選択のヒントを複数選択でご覧ください。
4.
クリップボードからテキストを貼り付けます (Ctrl+V または 編集 貼り付け)。 クリップボードから PowerPoint に複数ラベルの数値を貼り付けます

データ ソースからのテキストが改行またはタブ文字で適切に区切られている場合、PowerPoint の選択されたそれぞれの図形またはラベルがクリップボードから対応するテキストを受け取ります。