5. データ入力

5.1
内部データシート
5.2
絶対値と相対値
5.3
データシートを入れ替える
5.4
データシートの順序を逆にする
5.5
イメージから数値データを抽出する

5.1 内部データシート

think-cell で作成したすべてのグラフには関連するデータシートがあります。データシートを開くには、グラフをダブルクリックするか、グラフが選択されている時に現れるimage データシートを開くボタンをクリックしてください。データシートは新規グラフが挿入された時にも即座に開きます。

データ入力のため、think-cell はカスタマイズされた Microsoft Excel シート を使用します。これは、標準的な Excel と同様の方法で使用することができます。同様のショートカット キーを使用したり、数値ではなく数式を入力したり、同様の操作が可能です。一方で、データ ソースとして Excel ファイルを使用することももちろん可能です (Excel データのリンクを参照)。

行 (または列) の挿入や削除には、データシートのツール バーにある各ボタンを使用できます。元に戻す、やり直し、切り取り、コピー、貼り付けの標準ボタンも使用可能です。

注記: Microsoft の中国語変換機能をインストールされている場合、データシートのその他メニューに簡体字中国語および 繁体字中国語の選択肢が見つかります。

5.2 絶対値と相対値

think-cell データシートは絶対値あるいは相対値の入力をサポートしています。この 2 種類のデータを識別するのは Excel のセル書式設定です。imageボタンを使って、列のデータの識別をいつでも切り替えることができます。

パーセンテージを入力しても絶対値を入力しても、グラフの表示には関係しないことをご留意ください。絶対値を入力しながらもグラフにはパーセンテージでラベルを付けたい場合でも (またはその逆の場合)、think-cell は必要な変換を行います (ラベル コンテンツを参照)。絶対値のみのシンプルなデータシートは次のように見えます。

think-cell データシート絶対値

絶対値のみで作るシンプルなグラフの場合、グラフ データの最上部の 100% = の行は、空白のままにしておけます。グラフのラベルにパーセンテージを選択した場合、各列の合計を 100% と想定して、絶対値からパーセンテージが計算されます。100% = の行に具体的な数値を入力して、この想定を無効にすることもできます。次のデータシートでは、50 を 100% と想定してパーセンテージを算出しています。

think-cell データシートの絶対値と合計

あるいは、パーセンテージでデータシートを埋めることもできます。再度確認しますが、グラフのラベルに絶対値あるいは相対値を選択できます。入力したパーセンテージから絶対値を think-cell に計算させるには、100% = の行に 100% に相当する絶対値を入力してください。次のデータシートはパーセンテージを使って同様のデータ数値を表しています。

think-cell データシートの相対値と合計

データシートの既定の動作はグラフの種類によって変わります。100% グラフおよび面グラフまたはMekkoグラフは % 軸を持ち、同様に円グラフの既定はパーセンテージです。一方で、その他のすべてのグラフの既定は絶対値です。

5.3 データシートを入れ替える

think-cell データシートのレイアウトはグラフの種類によって変わります。例えば、横棒グラフでは列に 1 系列のデータが含まれますが、縦棒グラフでは行に 1 系列のデータが含まれます。次は縦棒グラフの典型的なデータシートです。

think-cell 縦棒グラフの典型的なデータシート

think-cell データシートのサイズは、最大で 256 列、65536 行です。グラフに使うデータに 256 を超える列が必要な場合は、image データシートの入れ替え ボタンを使ってデータシートを入れ替えて、すべてのカテゴリや系列の識別を維持したまま行や列を取り替えることができます。前出の縦棒グラフ データシートを入れ替えるとこのようになります。

think-cell データシートの入れ替え

データシートの入れ替えを使用すると、データシートに通常 256 列以上が必要なグラフを作成でき、大量のデータを処理する際のデータ入力を簡素化できます。

注記: 行数と列数の制限は、Excel 2003 の一般的な Excel データシートの制限と同様です。互換性の理由から、Office 2007 以降を使用する場合にも制限が適用されます。

5.4 データシートの順序を逆にする

think-cell では、データシート内のデータの順番は常にグラフ内のデータの順番に対応しています。これは反転したグラフにも当てはまります (要素を回転/反転させるを参照)。データシートのデータを反転させたいときは、データシートのツール バーのimage 行を反転 (またはimage 列を反転) ボタンを使って反転させることができます。

注記: この機能は、Microsoft Graph のデータは先頭から順に入力されるので、以前の Microsoft Graph のグラフからデータを変換するのに役立ちます。

5.5 イメージから数値データを抽出する

画面のどこかに次のような横棒または縦棒グラフがあると仮定してみましょう。例えば、Web サイト上のグラフ、PDF 文書内や報告ソフトウェア ウィンドウ内のグラフなどです。

think-cell 数値抽出サンプル入力

think-cell のキャプチャ ツールを使って、画像から数値データを抽出し、think-cell グラフに使用することができます。

1.
抽出したデータを使ってお好きな種類の think-cell グラフ、例えば積み上げ縦棒グラフを作成します。作るグラフは、元の画像と同じグラフ型である必要はありません。
2.
グラフのデータシート内で、ツール バーのimage 縦棒または横棒グラフ画像から数値データを抽出ボタンをクリックします。グラフからデータへというタイトルのキャプチャ ウィンドウが画面に表示されます。c
3.
グラフ画像全体を覆うように、ウィンドウをドラッグしてサイズを変えます。灰色の検出エリアがグラフのデータ部分だけをカバーしている状態が望ましいです。つまり、グラフのタイトルは含まず、軸やラベルは含まれる状態です。 think-cell 数値抽出ツールの検出中
4.
アルゴリズムが画像を分析し終えたら、インポートボタンがアクティブになります。キャプチャ ウィンドウでは、検出されたベースラインは緑色にハイライトされ、検出されたグラフ セグメントは赤色にハイライトされます。 think-cell 数値抽出ツールの検出後
5.
インポートボタンをクリックします。検出された数値がデータシート ウィンドウに挿入されます。キャプチャ ウィンドウを閉じるには、右上の角にあるボタンをクリックしてください。 think-cell データシートに抽出数値を挿入

グラフ内で、think-cell の書式設定を使用してデータを各側面からハイライトしたり、様々な矢印やツールを分析に使うことができます。