17. 表

表要素を使用すれば、スライドに表を挿入できます。表はサイズが自動調整され、スライドに自動配置されます。

Excel の think-cell リボンから直接 PowerPoint 上で think-cell の表を作成するか、Excel の範囲に既存の表を接続すれば、既存の Excel ワークシートに think-cell の表をリンクできます。いずれの場合にも、表はリンク付けされたすべてのグラフと共に [Data Links] (データリンク) ダイアログに 詳細については「Excelからの表の作成」をご覧ください。

17.1
表の挿入
17.2
表のサイズと位置の設定
17.3
表の書式設定

17.1 表の挿入

スライドに表を挿入、配置する場合は、[Elements] (要素) メニューから [ image  Table] (表) を選択します。think-cell 内の表はすべてデータに基づくため、think-cell 内の表には think-cell のグラフと同じ内部データシートが使用されます。表を挿入すると、自動的にデータシートが開きます。

画像

後で再びデータシートを開く場合は、表のセルをダブルクリックします。

画像

データを変更または追加すれば、think-cell の表にも反映されます。列や行を手動で追加する必要はありません。

画像

17.2 表のサイズと位置の設定

スライド上の他の think-cell 要素に基づき、表のサイズが内容に合わせて自動調整され、スライド上に自動配置されます。表は think-cell のテキストボックスで構成されます。「テキストボックス」で説明されている通り、表のデータシートの変更に加え、セル、列全体、行全体の挿入、削除、複製、移動も可能です。

自動決定された表のサイズや位置は上書きできます。表のサイズを変更する場合はCtrlキーを押しながらドラッグし、位置を変更する場合はロックを使用します (「要素の固定サイズまたはロック位置の設定」を参照)。

17.3 表の書式設定

フォントやフォントの色を変更し、表のセルの背景の塗りつぶしを設定することで、他の think-cell 要素と同じように表の書式設定を行うことができます (「フォーマットとスタイル」を参照)。列や行全体の書式設定を行う場合は、投げ縄ツールまたはShiftおよびCtrlキーで複数選択を使用します (「マルチ選択」を参照)。

「交互の背景色」機能は特に表で便利な機能です。行に交互の背景色を設定する方法:

  1. 交互の背景色を設定する行をすべて選択します。
  2. 交互の背景色のコントロールから [Horizontal Stripes] (横縞) を選択します。 イメージ
  3. think-cell ツールバーに 1 つではなく 2 つの塗りつぶし色コントロールが表示されます。コントロールを使用して交互の背景色に使用する色を選択します。 イメージ

シェア

You have not given us your consent to the use of cookies. You can change this decision in our privacy policy.