think-cellの新しい機能

継続的改善

think-cellの サブスクリプションベースのライセンスモデルにより、お客様に追加コストをかけることなく、ソフトウェアを継続的に改善できます。安定性と速度の通常の改善に加えて、優れた新機能を含む無料のアップデートを定期的にリリースしています。このように、think-cellは、より強力で、より効率的で、とりわけ使いやすくなります。このページでは、ソフトウェアのバージョン履歴について簡単に説明します。

更新方法

think-cell11は既存のすべてのお客様にご利用いただけます。追加費用はかかりません。また、無料トライアルですべての機能をお試しいただくこともできます。

think-cell 11

この短い動画では当社 CEO、マルクス・ハンバウアー (Markus Hannebauer) が、think-cell 11の最も重要な新機能をご紹介いたします。詳細は、以下をご覧ください。

リンクされたデータテーブル

PowerPoint を使って、Excel のデータ範囲から、リンクされたデータテーブルを作成することが可能です。

Excelデータにリンクされたグラフとデータテーブル

チャートとデータテーブルの両方を作成するには:

  1. 通常どおりリンクチャートを作成します
  2. Excelで、シリーズラベルと数字のみを選択します
  3. Excelで、think-cellの[要素]ボタンから [テーブル] を選択します
  4. データテーブルをスライド上に配置し、ロックを使用して必要に応じてその位置を制限します。たとえば、チャートの下に合わせて配置します。

リンクテーブルの更新は、チャートの更新とまったく同様に機能します。Excelでデータが変更されるたびに、自動的に更新されるように設定することもできます。詳細については、「」を参照してください。

画像要素 & ストック写真の挿入

ビットマップの画像の図形をthink-cellの要素に変換できます。画像を選択し、「≡」メニューで [画像をthink-cellに変換]を選択してください。スマートテキストボックス、プロセスフロー、表を自動配置する際、think-cellが画像を考慮するようになります。

メニュー項目 [Convert image to think-cell] (画像を think-cell 要素に変換)

[Elements] (要素} メニューの [Stock Image] (ストック画像) ボタンを使用すると、自動スライド レイアウトの一部となるストック写真を直接挿入できます。初回使用時に、Getty の認証情報を入力する必要があります。もしくは、Unsplash の無料画像をお使いください。詳細については、「画像」を参照してください。

メニュー項目 [Insert Stock Photo] (ストック写真の挿入)

Tableau用のデータコネクタ

think-cell を使用して、Tableau ダッシュボード上のビューと PowerPoint のグラフを接続できます。詳細については、「Tableau データ」を参照してください。

  1. Chrome で Tableau ダッシュボードを開きます。
  2. think-cell の拡張子のアイコンをクリックします。

    think-cell Chrome の拡張子のアイコン
  3. ダッシュボードの異なるビューが検出され、マウスのポインタを合わせると、緑色にい網掛けされて表示されます。ビューをひとつクリックします。

    Tableau ダッシュボードでビューを選択します
  4. ビューのデータが含まれた新しいタブが開きます。作成するグラフ タイプを選択します。

    think-cell のグラフ タイプを選択します
  1. 選択したグラフの種類に関連する think-cell データシートの一部に列を割り当てます (積み上げグラフの場合は、カテゴリー、系列、値)。

    Tableau のデータ列を think-cell のデータシートの一部に割り当てます
  2. [作成] をクリックして、PowerPoint で think-cell のグラフを作成します。

    Tableau データから作成された think-cell グラフ

think-cell により、Tableau データとの接続が記憶されます!PowerPoint 上のグラフのデータシート ボタンをクリックすると、ビューのデータが含まれたタブが Chrome で開きます。開いたタブで [Update] (更新) をクリックすると、更新したデータを PowerPoint に送信できます。think-cellの[データ リンク]ダイアログからデータ更新を開始することもできます。

グラフの一番上の項目ラベル

Excel にリンクされているテキストフィールド

Excel のセルにリンクされているテキストフィールドを think-cell のラベルや PowerPoint のテキストボックスに挿入できます。

画像
  1. Excel では、リンク付けしたいコンテンツが含まれたセルを選択します
  2. PowerPoint では、カーソルをラベルまたはテキストボックスに合わせます
  3. Excel でthink-cellの[要素]ボタンから [Excel にリンクされているテキスト フィールド] を選択します

Excel のセルのコンテンツを変更すると、リンクされているテキストフィールドのコンテンツが必ず自動更新されます。

同じスケールでのユーザー インターフェイスへの変更

[同じスケール] 機能が改善され、柔軟性が高まりました。これにアクセスできるようボタンを移動しました。2つ以上のグラフ全体が選択されても、[同じスケール] ボタンはもう表示されません。その変わり、両方のグラフで同じスケールにする部分を選択します。

  • 2つのセグメント(各グラフにひとつずつ)
  • 2つの軸(各グラフにひとつずつ)
  • 2つの目盛線(各グラフにひとつずつ)
  • 2つのデータ ポイント(各グラフにひとつずつ)
2つの目盛線を選択した後に同じスケールを適用

折れ線グラフと縦棒グラフを使い、折れ線グラフではデータ ポイント、縦棒グラフではセグメントを選ぶなど、いろいろな組み合わせを利用できます。

依然と同様、その後に右クリックしてコンテキスト メニューから [同じスケール] を選択します。また、同様に2つ以上のグラフを同じスケールに設定することも可能です。たとえば、各グラフでひとつのセグメントを選ぶなどして、[同じスケール] を適用します。別の例については以下を参照してください。ここでは2つのグラフで2つのセグメントを使用しています。

2つのセグメントを選択した後に同じスケールを適用

自動スケールを元に戻すには、セグメント、軸、目盛線、またはデータ ポイントを選択し、コンテキスト メニューから [自動スケールに戻す] を選んでください。

追加機能

Ctrl+A がさらに強化されました。繰り返し押すと、より大きなセットが自動的に選択されます(1 シリーズのすべてのラベル → すべてのシリーズ → 表内のすべてのラベル)。1 シリーズのすべてのセグメント、表内のすべてのセグメント、同じスライド上のすべての表内のすべてのセグメントについても同じです。次に行うフォーマットの変更は選択全体に適用されるため、広範囲の変更を高速化します。

グラフ自体を反転させることなく、項目ラベルをグラフの一番上に移動させることができます。

グラフの一番上の項目ラベル

常にすべてを表示するにはサブ項目が多すぎる複数階層のアジェンダに煩わされていませんか? 指定したタイプのチャプターすべてを非表示にできるようになりました。例えば、第 3 階層のアジェンダ項目を選択し、右クリックして [Hide this and similar chapters] (このチャプターと類似のチャプターを非表示) を選択します。現在表示中のチャプターはもちろん非表示にできません。元に戻すには、すべてのアジェンダを選択し、コンテキスト メニューから[Show all chapters and subchapters] (すべてのチャプターとサブチャプターを表示) を選択します。(詳細)

指定したタイプに該当するすべてのチャプターを非表示にするボタン付きのアジェンダ

セグメント、データ ポイント、または目盛線を選択し、通常の軸ハンドルを使用することで、グラフのスケーリングは軸が表示されていなくても調整できます

軸が表示されていない軸ハンドル付きのグラフ

アラビア語やヘブライ語など右から左に表記される言語を使用する場合に向け、右から左方向に向かうグラフをサポートしています 言語を変更すると、既存のグラフすべてが自動的に右から左、もしくは左から右に切り替わります。

右から左表示のヘブライ語のガント チャート

JSON で直接塗りつぶしの色を選択します。

{"number":4,"fill":"#00FF00"}
{"number":6,"fill":"rgb(33,66,0)"}
{"number":8,"fill":"rgb(80,8,52)"}

ガント チャートで、暦年とは異なる事業年度を設定できます。9 月に終わる事業年度向けに、次のスニペットをスタイル ファイルに含めます。次の年度の第 1 四半期は 10月から開始されます。

<fiscalYear> 
    <end month="sep"/> 
</fiscalYear>

think-cell 10

macOSに遂に登場

数年間の開発期間を経て、当社は他社がまだ実現していないこと、すなわち、機能を一切犠牲にすることなく、– 複雑なWindows OfficeのアドインをMacのOfficeに移植することに成功しました!Windowsのthink-cellのライセンスは、macOSでも有効です。think-cell10Windows でお使いの のライセンスは、macOS でもご利用いただけます。 は、Mac OS X 10.10 (Yosemite) 以降で実行されている Mac バージョン16.9 以降向けの Microsoft Office 2016 で機能します。

think-cell 10によりでは、ご希望の作業環境を選ぶことができ、どちらの動作環境でも同様の素晴らしいユーザー エクスペリエンスを提供します。インターフェースは全く同じで、全ての機能が使用可能です。

ユーザーインターフェース

think-cellは、現在複数のプラットフォームで使用されています。当社は、この機会を活用し、ユーザーインターフェイスを更新しました。[要素] メニューとコンテキスト メニューのアイコンの外観が刷新されました。

グラフの種類のアイコンバーが表示されたコンテキストツールバー

クリック 1 回でこの並んだアイコンからチャートタイプを変更することが可能です。

グラフの種類のアイコンバーが表示されたコンテキストツールバー

データ リンクダイアログでは、簡単に特定のExcelソース ファイルにリンクしたすべてのチャートを選択でき、クリック1回で更新可能です(「[データリンク] ダイアログ」を参照)。

[データリンク]のダイアログ

コンテキストツール バーの新しいボタンが、更新、または元に戻す作業を簡単にサポートします。また、チャートへの自動更新も可能です。

Excelのリンクアイコンバーが表示されたコンテキストツールバー

散布図またはバブルチャートの凡例で系列を選択すると、選択した系列に属するすべての点またはバブルがハイライト表示されます。

ひとつの系列がハイライトされたバブルチャート

同じ目盛と軸

同じスケールでのチャート設定も遂に永続的な機能となりました。ひとつのグラフでスケールを変えると、同じスケールのグラフがすべて更新されます。現在、軸が表示されていない場合でも、グラフを同じスケールに設定できます(「同じ目盛」を参照)。

軸の中断がある場合にも、複数のグラフで同じスケールを使用できます。同じスケールを設定しても既存の中断は削除されません。ひとつのグラフに軸の中断を追加すると、同じスケールを使用して残りのグラフにも軸の中断が追加されます。

軸ブレークを持つ同じ目盛に設定された2つのグラフ

もし、値基準または日付基準の場合は、X軸は同様のスケールでセットできます。例えば、データの対象となる日付の範囲が違っているとしても、簡単に2つの折れ線グラフを設定し、同じ年を示すことができます(「同じ目盛」を参照)。

同じ目盛に設定された2つの折れ線グラフ

散布図とバブルチャートで同じ目盛がサポートされるようになりました。同じ目盛を使用するのがX軸かY軸かを問わず、それぞれ個別に設定されます。

同じ目盛に設定された2つの散布図

値の軸は逆になった軸に対応します。散布図とバブルチャートは、数値が逆になった軸に対応します。棒グラフ、クラスター、および面グラフでは、グラフが反転されます。軸が2本ある折れ線グラフでは、片方の軸を逆の順序に設定して負相関を強調できます(「数値軸の反転」を参照)。

1本の軸が逆になった折れ線グラフ

スライドの保存&送信

スライドを送信する際、Outlookの代わりにGmailをお使いいただけます。この機能をオンに設定するため、「think-cell Send With Gmail」(Gmailでthink-cellより送信)をデフォルトのメールプログラムに設定します(「スライドの保存&送信」を参照)。

「think-cell Send With Gmail」(Gmailでthink-cellより送信)が選択されたデフォルトプログラムのダイアログ

[スライドの保存...] コマンドは、[クイックアクセス]フォルダーを含むダイアログを使用します。含めるスライドを選択するオプションや、日時をファイル名に追加するかどうかを選択するオプションは、ダイアログの下の部分にあります。

含めるスライドを選択するオプションとファイル名に日時を追加するオプションが表示された[スライドの保存]ダイアログ

[スライドの保存…] そして「スライドを送信する…」ファイル名は選択によってより良いものとなります:ファイル名はご自身の選択が反映された名前となります。例えば、プレゼンテーションすべてを選択すると、ファイル名にはスライド番号が含まれません。

色とスタイル

ラベルになっているテキストのフォントの色は選択でき、ラベルの背景を変更してもリセットできません(「フォントの色」を参照)。

色ラベルとフォントの色のコントロールが表示されたグラフ

[スタイルファイルの読み込み]コマンドを使用すると、以前に使用したスタイルファイルを簡単に読み込むことができます。初期設定では、選択を容易にするためthink-cellに含まれるすべてのスタイルが含まれています。

[スタイルファイルの読み込み]コマンドの最近使用したファイルのリスト

新規グラフの配色は常にthink-cellのスタイルから選択されます。新規グラフを挿入した場合に、最近使用した配色が反映されなくなりました。スタイルファイルを好みの配色を規定値としてセットすることが可能です(「think-cellをカスタマイズする」を参照)。

グラフの装飾

散布図では、べき法則、指数または対数関係に基づいた近似曲線をデータに組み込めます(「近似曲線」を参照)。

べき法則近似曲線と近似曲線タイプコントロールのある散布図

軸線ではなくグリッド線のみでグラフの数字目盛を示します。両方は表示しません(「数値軸」を参照)。

グリッド線と軸ハンドルのある積み上げグラフ

JSON

この操作により、スマートテキストフィールドのすべての機能と柔軟性を活用しつつ、JSONの入力に基づくテキストを含むスライドを作成できるようになります。新しい名前のテキストフィールドはオートメーションテンプレートの中のプレースホルダーとして提供されます(「オートメーション機能のご紹介」を参照)。

[要素]メニューの[指定のテキストフィールド]要素

think-cell 9

スマートテキストボックス

think-cellののテキストボックスに新機能が加わりました。テキストボックスを使うと、手動で要素を移動したりサイズを変更したりしなくても複雑なスライドのレイアウトを作成できます(詳細)。使用方法についてはビデオをご覧ください。

ドーナツグラフ

円グラフを最新タイプのドーナツグラフに変えると、さらに引き立ちます。ドーナツグラフはその名の通り、基本的に中央に穴が開いた円グラフです。この新しいグラフのデザインは、データスライスを目立たせる上で役立ち、追加情報を強調できる場所になります。詳細はこちらからご覧ください。

ラベルとタイトルの入ったドーナツグラフ

拡張されたグラフ作成機能

視覚的な質を向上させ、よりすばやく編集できるようにするため、think-cell 9ではレガシーMS Graphのコンポーネントではなく、PowerPointのネイティブグラフコンポーネントを使用してグラフを作成します。これにより他の複数の制限を取り除くこともできます。たとえば、散布図と折れ線グラフに4,000以上のデータポイントを含められるようになりました。レンダリングバックエンドが新しくなっても、think-cellののユーザーインターフェイス自体はまったく変わっていません。視覚的な質が改善し、互換性が向上したことに気付くだけです。

JSONによる自動化

Excelに加えて、JSONデータを使用して自動的に定期レポートを作成、更新できるようになりました(詳細)。この新しい拡張機能を利用すると以下を行うことができます。

  • テンプレートグラフとJSONデータを統合し、自動的にプレゼンテーションを作成します。
  • think-cellグラフを作成できるWebサービスを構築します。
  • ビジネスインテリジェンスレポートをPowerPointのスライドとしてエクスポートします。

その他の新しいグラフ作成機能

新しい「フラット」なアジェンダのスタイルでは、長方形の代わりに背景の塗りつぶしを使います。詳細はこちらからご覧ください。

アジェンダのスライド:フラットビジュアルスタイル

ツールチップ各データポイントのラベルと数値が表示されるようになりました。

グラフのラベルと数値のツールチップ

軸がない場合でも、グラフタイプ絶対値とパーセンテージの間で切り替えられるようになりました。詳細はこちらからご覧ください。

絶対値とパーセンテージに基づくグラフ

円グラフとドーナツグラフでスライスの並べ替え順序を容易に変更できるようになりました。

円グラフとドーナツグラフの並べ替え順序

ウォーターフォール図で、「カテゴリーを最初に上、次に下、開始を含む」といったカテゴリー並べ替えオプションでは、合計カラムが所定の位置に留まります。

ウォーターフォール図のカテゴリー並べ替えオプション
ベースラインウェートを変更できるようになりました。 ベースラインウェートオプション

既存のグラフ作成機能の変更

以前のバージョンでは、縦棒の間のギャップの幅を変更して縦棒の幅を調整していました。think-cell 9では、以下のハンドルを使用すれば、縦棒の幅を直接調整できます。詳細はこちらからご覧ください。

ハンドルで列の幅を変更

以前のバージョンではハンドルをドラッグしてラベルの回転を変更していましたが、フォントのサイズや数字の書式といったプロパティは浮動ツールバーを使って設定していました。think-cell 9では、フリー ツールバーでラベルの回転を設定することもできます。詳細はこちらからご覧ください。

浮動ツールバーでラベルの回転を設定

以前のバージョンでは、マイルストーンは三角形や菱形で、マイルストーンのコンテキスト メニューのボタンを使って切り替えていました。think-cell 9では、さらに図形が追加されました。このため、選択肢のリストを含む浮動ツールバーのコントロールを使ってマイルストーンの図形を選択できます。詳細はこちらからご覧ください。

浮動ツールバーからマイルストーンの図形を選ぶ

生産性を向上できる新しいツール

すべてのスライドまたは特定のスライドでラベルの十進記号をすばやく切り替えることができます。(ドイツ形式から米国形式へ変更するなど) 詳細はこちらからご覧ください。

PowerPointスライドの十進記号の変更

すべてのスライドまたは特定のスライドからアニメーションを削除できます。詳細はこちらからご覧ください。

スライドからPowerPointのアニメーションを削除

新しいアイドロッパーツールを使用すれば、ユーザー設定の色をすばやく選べます。詳細はこちらからご覧ください。

アイドロッパーツールを使用したユーザー設定の色の選択

新しいキーボードショートカット

  • Ctrl+Alt+Shift+ で複数のラベルを選択できます。
  • Ctrl+Alt+ でエレメントを複製できます(テーブルやプロセスフロー内など)。

その他のカスタマイズオプション

  • カスタムレイアウトを使用してアジェンダの配置をコントロールできます。アジェンダスライド用の図形をさらに含めることもできます。詳細はこちらからご覧ください。
  • ベースカラーと輝度としてテーマの色の網掛けを定義できます。詳細はこちらからご覧ください。
  • 四角形以外の画像(信号など)やあらゆるUnicodeの文字など、さらに多くのオプションでチェックボックスを指定できます。詳細はこちらからご覧ください。
  • その後のグラフでは既定として記憶されないように配色を指定できます。詳細はこちらからご覧ください。

Sharepointのサポート向上

think-cellは、PowerPoint 2016のスライド全体に基づく競合の解決で、新しいユーザー インターフェイスに完全に対応しています。SharePoint/PowerPoint 2013での同時編集も改善されました。

think-cell 8

プロセスフロー

think-cell 8は、新しい要素としてペンタゴン/シェブロンテキストブックを導入することで、think-cellこのソフトウェアのスライドレイアウト機能を大幅に拡張しています。構成要素から非常にすばやく基本的な構造を作成し、箇条書きでプロジェクトのステップを表示できます。また、1回クリックするだけで容易に複製し、ステップを追加することも可能です。以下のビデオではこの作業をご覧いただけます。

エレメント内のテキストが変更されると、レイアウトは継続的に再配置され、自動的に最適化されます。さらに、統一回転ハンドルをドラッグすると、構造全体の方向を左右から上下に変更できます。詳細はこちらからご覧ください。

ガン チャート向けのExcelリンク

グラフを直接Excelにリンクして、自動的に更新なさりたいですか? think-cell 8では、ガントチャートでもExcelのリンクが機能します。アクティビティやマイルストーンをExcelの日付にリンクできます。日付が変わると、ガントチャートも更新されます。詳細はこちらからご覧ください。

ExcelデータをPowerPointのガントチャートにリンク

グラフからデータへ

WebサイトやPDF文書のグラフでしかソースデータを入手できないこともあります。think-cell 8の新しい「グラフからデータ」ツールを使えば、このデータを使用できます。以下の左側がPDF文書のグラフです。右側はthink-cellが自動的に検出したセグメントで、すでに数値データのインポートの準備が整っています。詳細はこちらからご覧ください。

グラフの画像からデータを抽出し、ExcelとPowerPointで機能するグラフを作成

グラフのタイプの変換

グラフを作成した後に、グラフのタイプを変更する必要がありますか? think-cell 8では、グラフのタイプを容易に変えられます。たとえば、積み上げ縦棒グラフを集合縦棒グラフに変えたり、セグメントを折れ線に変更したりできます。

think-cellのグラフタイプの変更

その他の新しいグラフ作成機能

  • 凡例のシリーズラベルをデータシートとは異なる順序で表示したいですか? think-cell 8では、並べ替えで変化したグラフの表示順やアルファベット順を使用できます。

    グラフのシリーズラベルの順序変更
  • think-cellのプログラミング機能では自動的なグラフの更新もさらに容易になります。グラフのカテゴリー数が変わってもグラフの幅は固定されたままなので、スライドレイアウトに必要な手動変更作業が最低限に抑えられます。
  • セグメントと合計でラベルの数字記号を個別に設定できます。

コラボレーション

Microsoft Sharepointでの共同編集がサポートされています。

think-cell 7

Microsoft Office 2016との互換性

think-cell 7は、Microsoft Office 2016と互換性のある弊社ソフトウェアの最初のバージョンです。もちろん、現在のあらゆるMicrosoft WindowsおよびOfficeのバージョン(32ビットと64ビット)と互換性があります。このため、お使いになっているWindowsまたはOfficeのバージョンに関わらず、think-cell 7をインストールするようお勧めします。

グラフ作成機能

  • 棒グラフ、メッコチャート、面グラフ、複合グラフでセグメントのコンテキストメニューから別個のその他シリーズにデータを集計できます。ハンドルをドラッグするだけで、その他シリーズにセグメントを追加したり削除したりできます。(詳細)

    棒グラフ、メッコチャート、面グラフ、複合グラフで別個のシリーズにデータを集計
  • グラフのフリーツールバーから直接、合計値に基づいてカテゴリーを並べ替えます。(詳細)

    合計値に基づくグラフのカテゴリー並べ替え
  • バブルチャートではバブルのハンドルをドラッグすると、インタラクティブにデータバブルのサイズを変更できます。他のバブルは自動的に更新されるので、適正なサイズの比率が維持されます。

    バブルグラフのデータバブルのサイズを変更する サイズ変更されたバブルグラフのデータバブル
  • バブルのハンドルをドラッグしてバブルサイズの凡例の基準サイズを調整します。
  • 積み上げ、100%、綿グラフでは絶対値とパーセントの数値軸を容易に切り替えられます。(詳細)
  • ガン チャートのすべての日付アイテムを一度に移動するには、棒、マイルストーン、またはプロセスを選択している間にCtrl+Aを押してください。

書式設定とスタイル

  • Microsoft Officeデザインテーマカラーのすべてのセットから色を選択し、think-cellのグラフのスタイルを設定できます。必要であれば、グラフのフリーツールバーで制限された配色を使うことにより、Office 2003以前のバージョンとの互換性も確保できます。
  • think-cellスタイルファイルの新しいオプションを使えば、グラフをカスタマイズして視覚的な一貫性を維持できます。バージョン6ですでにセグメントの色と配色の既定を変更できるようになっていましたが、さらに独自の折れ線の色や折れ線のスタイル、矢印バブルの塗りつぶしと外枠、ハーベイ・ボールとチェックボックスを定義できます。(チェックマーク記号の代わりに画像を含めることもできます) (詳細)

ラベルのコンテンツ

  • データシートに入力されたラベルは、グラフ内で切り詰められることなく255文字まで表示できるようになりました。
  • 特定の軸ラベルでは4桁の年度を表示し、他では2桁の年度を使い、すっきりしつつも明確なグラフを作成できます。(詳細)
  • アジアのユーザーコミュニティが拡大していることを受け、通貨規則を考慮に入れて、think-cellのの大きさドロップダウンボックスに104、108、1012が追加されました。

ユーザーインターフェイスの改善

  • フリーツールバーがマウスポインターの右側で開くようになりました。これで選択したエレメントの邪魔になることはありません。
  • 新しいデータシート書式設定ボタンを使うと、データシートのツールバーからセルの書式に容易にアクセスできます。

シェア

think-cell は、本サイトの機能、パフォーマンス、セキュリティを強化するためクッキーを使用します。本ウェブサイトのすべての機能をお使いいただくには、お客様の同意が必要となります。think-cell によるクッキーの使用およびお客様のプライバシー権に関する詳細は、当社のプライバシーポリシーでご確認いただけます。