ナレッジベース KB0237

Microsoft Azure Information Protectionアドインとの競合:PowerPointとExcelのサブクラス化エラー

問題

PowerPointやExcelを閉じると、次のようなエラーメッセージが表示されます。
CRITICALWITHMSG library\ui\win\safesubclassimpl.cpp(392): APIERR 1400 Invalid window handle.

複数のPowerPoint(またはExcel)ファイルを開いていて、リボンの下にMicrosoft Azure Information Protection(AIP)バーが表示されている場合、最後のPowerPoint(またはExcel)ファイルを閉じるときにこのエラーが発生することがあります。ただし、他のアドインも同様に存在する必要があります。この問題は、Capital IQを有効にした場合など、確実に再現されます。詳しい再現手順については、こちらをご覧ください。

Think-cell、Microsoft AIP、Capital IQを使用した複製:

  1. 新しい空のPowerPoint(またはExcel)ファイルを開きます
  2. CTRL+Nで、2つ目の新しい空のPowerPoint [またはExcel]ファイルを開きます(例)。
  3. リボンの下にMicrosoft AIPバーが表示されていることを確認します。[ホーム感度 → ][バーを表示する]にチェック を入れます
  4. [S&P Capital IQ ]タブに移動します。
  5. チャート作成チャート作成チャートビルダーを起動する
  6. 2番目のファイルを閉じる → 保存しない
  7. 最初のファイルを閉じる → 保存しない
    CRITICALWITHMSG library\ui\win\safesubclassimpl.cpp(390): APIERR 1400 Invalid window handle.

説明

think-cellのこのようなエラーは、別のアドインのプログラミング エラーが原因です。当社の開発者が問題を詳細に分析しました。この場合、Microsoft Azure Information Protection(AIP)アドインに起因する問題です。当社の分析によると、複数のアドインが利用できる場合、フックとアンフックの問題がこの問題の原因となっているようです。

フックは、アプリケーションに到達する前にイベントを遮ることのできるメカニズムです。この機能はイベントを規制し、場合によっては修正したり破棄したりします。詳細は、KB0201を参照してください。

このような問題を引き起こすことが知られている他のアドインは、KB0169に記載されています。

解決策

Microsoft より、AIPクライアントがメンテナンスモードであるとのフィードバックがありました。Microsoft は、Office用のAIPアドインの使用を推奨していません。その理由は、すなわち、「アドインは、他のアドインと競合して、Officeアプリがハングしたり、クラッシュしたり、アドインが自動的に無効になることがあるので、安定性に欠ける」からです。代わりに、Microsoftでは、Officeアプリに組み込まれたMicrosoft Information Protection (MIP) ラベルを使用することを推奨しています。

回避策

PowerPointやExcelのリボン下のMicrosoft AIPバーをオフにすると、問題が解消されるようです。オフにするには、[ホーム感度]で →[バーを表示するのチェックを外してください。いずれにしても、社内のIT部門にご相談ください。

サポートに問い合わせ

Microsoft AIPアドインがない状態で問題が発生する場合は、以下の手順で対処してください。

think-cellログ ファイルを送ってください。このためには、PowerPointを開き、[挿入][think-cell][詳細] [その他のメニュー] [サポートのリクエスト] の順に選択します。ログ ファイルは自動的に新しい電子メールに添付されます。

どちらもうまくいかない場合、ログ ファイルは下記の方法で見つけられます。

  • 新しいWindows Explorerウィンドウを開き、

    %LOCALAPPDATA%\think-cell

    とアドレス フィールドに入力して、Enterを押します。

  • このフォルダーに含まれており、.log拡張子が「」のファイルをすべて、弊社のサポート チームにお送りください。

    該当するファイルは以下の通りです(POWERPNT_log.logEXCEL_log.logTCMAIL_log.logTCUPDATE_log.logTCRUNXL_log.logTCASR_log.logPPTTC_log.logsetup_think-cell_xxxxx_log.log)。

  • ディレクトリを参照したい場合:

    完全な規定のファイルパスはC:\Users\[USERNAME]\AppData\Local\think-cellです。表示されない場合は、おそらく非表示に設定されています。これは以下をチェックすると、Windows Explorerで変更できます。

    • Windows 7:[
      整理、→フォルダーと検索オプション、→表示、→非表示のファイルとフォルダーを表示する
    • Windows 8、Windows 8.1、Windows 10:
      表示、→表示/非表示、→非表示の項目

    さらに、think-cell がアクティブ化されている場合は、think-cellツールバーで [More] (詳細) [ More Menu ](その他のメニュー)→ [About] (バージョン情報) をクリックし、[think-cell info] (think-cell に関する情報) ウィンドウのスクリーンショットを当社までお送りいただきますようお願いいたします。

シェア