ナレッジ ベース KB0010

think-cellライセンス キーのウィンドウがポップアップ画面で表示される

think-cellを実行するには有効なライセンス キーが必要です。Microsoft PowerPointまたはMicrosoft Excelを起動するたびにライセンス キーがチェックされます。システムに有効なライセンス情報がない場合、またはライセンス キーの期限がもうすぐ切れる場合は、[think-cellライセンス キー] ウィンドウが表示されます。

think-cell ライセンス キー ダイアログ

[think-cellライセンス キー] ウィンドウに表示の原因が記載されています。

  • このthink-cell製品のライセンス キーはもうすぐ期限が切れます(有効期限:…):キーが有効で、もうすぐ期限が切れる場合
  • (無効):キーが見つからない場合、または想定されるキーが見つかったもののthink-cellによって発行されていない場合
  • (…の後に期限が切れました):キーの有効期限が切れている場合

解決策

有効な新しいライセンス キーがある場合

ライセンス キーを入力して [OK] をクリックします。

貴社が有効なライセンス キーを持っていても、それを知らない場合、または入力する必要がない場合

貴社のヘルプ デスク等にお問い合わせください。

有効なライセンス キーを持っていない場合、または有効期限が切れそうな場合

購入情報ページをご覧ください。

有効な新しいライセンス キーを入力したが、PowerPointに引き続きライセンス キー ダイアログが表示される場合

think-cellのライセンス キーを手動で入力すると、PowerPointまたはExcelを閉じる際に保存されます。以下のステップに従って、ライセンス キーを適正に保存できることを確認してください。

  1. think-cellによるライセンス キーの書き込みを妨げるハンギング プロセスがないことを確認します。

    1. 非表示のPowerPointまたはExcelプロセスがコンピューターにスタックしたままになり正常な操作を妨げないようにPCを再起動してください。

      または、Windowsタスク マネージャーで各プロセスを閉じてください。

      1. Windowsタスク マネージャーを開き、残りのPOWERPNT.EXEまたはEXCEL.EXEプロセスをチェックします。
        • Windows VistaおよびWindows 7:タスク マネージャー → [プロセス]
        • Windows 8、Windows 8.1、Windows 10:タスク マネージャー → [その他の詳細] → [詳細]
      2. これらのプロセスを終了します。

    2. PowerPointを開きます。

    3. think-cellライセンス キー ウィンドウに有効なライセンス キーを入力します。

    4. PowerPointを閉じます。

    5. [Windowsタスク マネージャー] でPOWERPNT.EXEプロセスが正常に終了したことを確認します。

  2. think-cellのユーザー プロファイル フォルダーに書き込むための十分な権限を持っているかチェックします。

    1. think-cellのユーザー プロファイル フォルダーを開きます。
      [スタート] またはWindowsキー → タイプ%appdata%\think-cellEnterを押します

    2. フォルダーを右クリック → [新規] → [テキスト ドキュメント] → ENTER を押します。

    3. このファイルを開いて修正し、保存できますか?

      できない場合は、think-cellユーザー プロファイル フォルダーのファイルを修正して保存するための十分な権限が得られるよう社内のITに要請してください。

  3. PowerPointを次回スタートした際に再びライセンス キー ウィンドウが表示された場合は、弊社のサポート チームに連絡し、以下のファイルをお送りください。

    • ポイント2の説明に従い、think-cellユーザー プロファイル フォルダー(%appdata%\ think-cell)を開きます。十分な権限を持っているかチェック... このフォルダーにはsettings.xmlファイルがあるはずです。think-cellのライセンス キー ウィンドウのスクリーンショットとともにこのファイルを弊社のサポート チームまで送ってください。

    • think-cellログ ファイルを送ってください。このためにはPowerPointを開き、[挿入] → [think-cell] → [その他] → [サポートのリクエスト] を選択します。ログ ファイルは自動的に新しい電子メールに添付されます。

      これがうまくいかない場合、ログ ファイルは下記の方法で見つけられます。

      • 新しいWindows Explorerウィンドウを開き、

        %LOCALAPPDATA%\think-cell

        と入力してEnterを押します。

      • ディレクトリを参照したいのに表示されない場合は、おそらく非表示に設定されています。これは以下をチェックすると、Windows Explorerで変更できます。

        • Windows VistaおよびWindows 7:
          整理、 → フォルダーと検索オプション、 → 表示、 → 非表示のファイルとフォルダーを表示する
        • Windows 8、Windows 8.1、Windows 10:
          表示、 → 表示/非表示、 → 非表示の項目
      • このフォルダーに含まれており、拡張子が「.log」のファイルをすべて、弊社のサポート チームにお送りください。以下のファイルのいずれでも構いません:POWERPNT_log.log, EXCEL_log.log, TCMAIL_log.log, TCUPDATE_log.log, TCRUNXL_log.log, PPTTC_log.log, setup_think-cell_xxxxx_log.log.

注記

いつでも [キャンセル] ボタンを押して、think-cellなしでPowerPointを引き続き使用することができます。有効なライセンス キーを利用できる場合は、PowerPointツールバーでthink-cellボタンをクリックするとアドインを再び有効にできます。