ナレッジベース KB0233

Windows Defenderとの競合: think-cell はロードしないか、内部データシートは開きません。

問題1

Windows をアップデートすれば、think-cellが急にロードすることはもうありません。PowerPoint のオプションメニューで think-cellをアクティベートしようとしても何ら影響はありません。

問題2

Windows Update 後、think-cell の内部データシートを開くことができなくなりました。新しい think-cell グラフを挿入しようとした場合や、既存の think-cell グラフをダブルクリックしようとすると、次のメッセージが表示されます。

think-cell の更新がインストールされました

PC の再起動も試しましたが、問題が解決しません。think-cellのスライドの送信...またはリクエストのサポート...の機能を使ってメールを開こうとすると、同じメッセージが表示されエラーとなります。

詳細な分析手順については、をクリックしてください。

分析

  1. think-cellはユーザー アカウント(C:\Users\[your_username]\AppData\Local\think-cellなど)にインストールされていますか? PowerPoint で直接 think-cell のインストールディレクトリを確認することもできます。確認方法: ロケーションの欄のファイルオプションアドイン

  2. 「はい」の場合、Windowsのイベントビューアーを開き、次のパスに移動してください。

    [アプリケーションとサービス ログ] → [Microsoft] → [Windows] → [Windows Defender] → [Operational]

    アクションの検索に移動してthink-cellを検索してください。警告が見つかりましたら、それを選択して、一般のタブにthink-cellのインストールパスと次のIDが表示されているか確認してください。3B576869-A4EC-4529-8536-B80A7769E899, e.g.:

    イベント ビューアーの [全般] タブ
  3. Windows Defender ASR のルールが設定された後、Windows Defenderセキュリティインテリジェンスのバージョン1.353.694.0から1.355.1377.0の間のバージョンで問題が発生します。

原因

1.355.1377.0以前のバージョンのWindows Defenderセキュリティインテリジェンスを使用していて、次の2つのWindows Defender ASRルールが設定されている場合、think-cellのtcaddin.dllまたはtcasr.exeのいずれかの実行がブロックされ、ファイルが削除されます:

  • 3B576869-A4EC-4529-8536-B80A7769E899
    (Office のアプリケーションによる実行可能なコンテンツの作成を阻止)
  • c1db55ab-c21a-4637-bb3f-a12568109d35
    (ランサムウェアには高度保護機能を使う)

tcaddin.dllが紛失していると、think-cellはロードできません(問題 1)。tcasr.exeが紛失していると、内部データシートを開いても機能することはなく、また 「スライドの送信」…または「サポートのリクエスト」…経由のメール送信ができず、エラーメッセージが表示されます。(問題2)

解決策

この問題を修正する方法:

  1. Windows Defenderセキュリティインテリジェンスをインストールします(Windowsの [スタート] → [設定][更新とセキュリティ][Windows セキュリティ][ウイルスと脅威の防止][ウイルスと脅威の防止の更新][更新プログラムのチェック])。

  2. think-cellを再インストールして、紛失したファイルを復元します。

この問題はMicrosoftによって修正されています。セキュリティインテリジェンスのバージョン1.355.1377.0以降ではこの問題は発生しません。Windows Defenderのセキュリティインテリジェンスのバージョンを確認するには、Windowsで [スタート] → [設定][更新とセキュリティ][Windows セキュリティ][ウイルスと脅威の防止][設定][バージョン情報] の順に進みます。最新のセキュリティ インテリジェンスの更新はMicrosoftのWebサイトからダウンロードできます。

回避策

Windows Defenderセキュリティインテリジェンスの更新プログラムをインストールできない場合は、代わりに既存のthink-cellのインストールをアンインストールし、管理者として再インストールすることもできます。マシンごとのインストールで問題は発生しません。

サポートに問い合わせ

think-cellが管理者でインストールされている場合や、イベントビューアで警告が見つからない場合、問題発生の原因はWindows Defenderではありません。この場合、もしくはセキュリティインテリジェンスの最新の更新プログラムをインストール後もこの問題が続く場合は、当社サポートチームまでお問い合わせください:

分析のため、think-cell ログファイルを当社までお送りください。[サポートのリクエスト…] が機能しない可能性が高いため、以下に説明されている方法でログをご確認いただけます。

  • 新しいWindows Explorerウィンドウを開き、

    %LOCALAPPDATA%\think-cell

    とアドレス フィールドに入力して、Enterを押します。

  • このフォルダーに含まれており、.log拡張子が「」のファイルをすべて、弊社のサポート チームにお送りください。

    該当するファイルは以下の通りです(POWERPNT_log.logEXCEL_log.logTCMAIL_log.logTCUPDATE_log.logTCRUNXL_log.logTCASR_log.logPPTTC_log.logsetup_think-cell_xxxxx_log.log)。

  • ディレクトリを参照したい場合:

    完全な規定のファイルパスはC:\Users\[USERNAME]\AppData\Local\think-cellです。表示されない場合は、おそらく非表示に設定されています。これは以下をチェックすると、Windows Explorerで変更できます。

    • Windows 7:[
      整理、→フォルダーと検索オプション、→表示、→非表示のファイルとフォルダーを表示する
    • Windows 8、Windows 8.1、Windows 10:
      表示、→表示/非表示、→非表示の項目

    さらに、think-cell がアクティブ化されている場合は、think-cellツールバーで [More] (詳細) [ More Menu ](その他のメニュー)→ [About] (バージョン情報) をクリックし、[think-cell info] (think-cell に関する情報) ウィンドウのスクリーンショットを当社までお送りいただきますようお願いいたします。

シェア