ナレッジベース KB0225

think-cell は電子メールを送信する権限がありません

問題

think-cellがmacOS 10.14以降で電子メールを送信できない

[Send Slides...] (スライドの送信...)、[Request Support...] (サポートを要求...)、または [Invite to think-cell trial...] (think-cellトライアルに招待...) をクリックすると、think-cell は think-cell has not been authorized to send mail (think-cell はメールを送信する権限がありません) というエラーメッセージとこの記事へのリンクを表示します。

説明

macOS 10.14以降では、macOS はPowerPointまたはExcelがApple EventsをMailに送信することを許可するかどうかを尋ねてきます。過去にこのリクエストを拒否しているかもしれません。

解決策

macOS 10.14.2 以降で think-cell を許可する場合、[System Preferences] (システム環境設定) → [Security & Privacy] (セキュリティとプライバシー) → [Privacy] (プライバシー) → [Automation] (オートメーション) で、[Mail] (メール) チェックボックスにチェックを入れます。

macの[セキュリティとプライバシー]ダイアログ

macOS 10.14.2以前のバージョンをお使いの場合、以下の手順でthink-cellを許可できます。

  1. Terminal [ターミナル] アプリケーションを開きます。

    Finder [ファインダ] で、Applications [アプリケーション] からUtilities [ユーティリティ] の順に進みます。

  2. ターミナルでtccutil reset AppleEventsと入力し、Enterを押します
  3. ここで PowerPoint を開き、[Send Slides...] (スライドの送信...)、[Request Support...] (サポートを要求...)、または [Invite to think-cell trial...] (think-cell トライアルに招待...) を再度クリックします。
  4. Microsoft PowerPoint が Mail [メール] を制御するためにアクセス権を要求しているとのメッセージボックスが表示されます。制御を許可すると、Mail [メール] 内の文書やデータへのアクセスを提供し、そのアプリ内でアクションを実行できます。OKを押して確定します。

シェア