C++ミートアップ (ベルギー)

イベントの内容

夏が終わり、新たなイベントシーズンが始まりました。ベルギーでのC++ ミートアップから一連のイベントが開始することを嬉しく思い、10月10日にルーバンのBrabanthal Centerで「BeC++ UG」 グループにお会いするのが楽しみです。

飲み物と軽食から始まり、グループリーダーのMarc Gregoireの話「C++20: それにはどのような利益があるか?」が続きます。そこでは新しい標準から期待できることの概要を説明します。

短い休憩の後で、当社のCTO を務めるArno は、「イテレータから範囲へ - 標準ライブラリの来たるべき進化」というタイトルの話を続け、 think-cell、会社、製品の概要を説明します。

10月10日にルーバンにいらっしゃいますか? ミートアップに出席するチャンスをお見逃しなく!登録は「こちら」

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)

think-cell は、本サイトの機能、パフォーマンス、セキュリティを強化するためクッキーを使用します。本ウェブサイトのすべての機能をお使いいただくには、お客様の同意が必要となります。think-cell によるクッキーの使用およびお客様のプライバシー権に関する詳細は、当社のプライバシーポリシーでご確認いただけます。