C++ミートアップ(ミュンヘン)

イベントの内容

10月末にチームはミュンヘンを訪問しました。think-cell とMUC++ コミュニティにとって飲み物とピザを持ってC ++ Meetupのために集まるのは伝統となっています。参加した150人以上のコミュニティメンバーに会えたのは喜ばしいことです。これはチームにとって今年度最大のイベントとなりました。

当社のCTO、Arno Schödlが、「イテレータから範囲へ - 標準ライブラリの来たるべき進化」というタイトルで、think-cellの範囲ライブラリの設計について講演しました。Arnoは、インデックスコンセプト(範囲アダプタがネストされている場合に、より効率的で互換性のあるイテレータの代替)、すなわちrvalueコンテナとジェネレータ範囲を変換するthink-cellのアプローチについて語りました。

私たちは参加者からの多くの質問と、公開討論のリラックスした雰囲気を満喫しました。招待してくださった主催者に深く感謝いたします。次のC ++ Meetupで再びお会いできることを楽しみにしています!

作業の終了後、空腹の開発者たちをもてなすピザと飲み物

作業の終了後、空腹の開発者たちをもてなすピザと飲み物

MUC ++主催者のKlaus IglbergerがMeetup開会の辞

MUC ++主催者のKlaus IglbergerがMeetup開会の辞

今年度MUC ++コミュニティ最大のイベント

今年度MUC ++コミュニティ最大のイベント

当社CTO Arnoが150人以上の開発者の前で講演

当社CTO Arnoが150人以上の開発者の前で講演

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)