EAT++(ベルリン自由大学)

2017年2月15日

2月15日、弊社は有名な「EAT++」シリーズの一環として、ベルリン自由大学のコンピューター サイエンス学部を訪問し、ゲスト講義とビュッフェを楽しみました。シニアソフトウェアディベロッパーのValentin ZieglerがC++メモリーモデルに関する講演を行って好評を博し、think-cellでの仕事に関する詳細な質問に回答しました。

Valentin の講演を見逃した場合や再びお聞きになりたい場合は、是非ご覧ください。

講演の後、ほとんどのゲストが残り、技術的な課題について話し合ったり、軽食と飲み物を楽しみながら交流しました。自由大学でこの講演を行い、すばらしい時間を過ごすことができました。また近いうちにコンピューターサイエンス学部を訪問できるものと期待しています!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリアページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にジュリア・ザチャック(Julia Zhachuk)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 6664731-81

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Julia Zhachuk).


共有する