Meeting C++ Conference in Berlin

イベントの内容

ミーティングC++カンファレンスは私たちのお気に入りの年次イベントです。ベルリンでもこのカンファレンスを11月18日~19日に開催しました。C++クリエーターのBjarne Stroustrupによる「C++とは何か、これからどうなるのか」という基調講演でカンファレンスは始まりました。高い期待を集めたこの講演の後も盛りだくさんの内容が続きました。C++開発の様々な分野について五つの同時シリーズで33の講演が行われました。ビャーネ(Bjarne)の基調講演の直後、当社のCTOアルノ(Arno)が自身の講演「イテレータが見当違いとなった理由(代わりに何を使用すべきか)」でRange(範囲)について熱く語りました。

Arnoの講演を見逃した場合や再びお聞きになりたい場合は、是非ご覧ください。動画も近日中にオンラインでご覧いただけるようになります。

カンフェレンス期間中を通して、think-cellの落ち着いたラウンジは講演の合間に立ち寄れる居心地のいいスペースになりました。ここではソフトウェアディベロッパーが他のC++支持者や各国からの多彩な講演者とともにC++のニュースや最近のトレンドについて説明しました。カンファレンス初日は、C++クイズも出た新しい友人とのディナーで終わりました。クイズは弊社のRostislavとチームメイトが全問解答で完勝しました!ミーティングC++に参加した皆さん、すばらしいカンファレンスと夕べをありがとうございました。

ミーティングC++カンファレンスは...

...私たちも待ちわびていたイベントでした。

Bjarne Stroustrupが基調講演で参加者の注意を引いた後...

...レンジに関するArnoの講演が参加者を引きつけました。

Arnoはイテレータの欠陥のあるコンセプトについて話し...

...この問題を修正する解決策を説明しました。

2016年ミーティングC++では様々な刺激をいただき、ありがとうございました!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)