THコネクト(ウィルダウ工科大学)

イベントの内容

THコネクトの年次ジョブフェアでウィルダウ工科大学を訪れた11月3日は明るい秋の日でした。クイズとキャンディで学生をもてなしつつ、弊社のテクニカル サポートチームのために賢い「問題解決者」を見つけるべく1日を過ごしました。まだ学生でもある弊社のRobertが自分の仕事や、弊社のテストとサポート部門のタスクに関する質問に答えました。

卒業生は驚くほど準備万端で、将来、ウィルダウで同僚として再会できるものと期待しています。弊社にとってはTHウィルダウでの初登場でした!来年も必ず帰ってきます。

THウィルダウの学生に会って...

...魅了できるか案じていました。

弊社について静かに興味を示してくれる人もいれば...

...think-cellでの日常的な生活について質問する人もいました。

皆さんに会えて楽しい時間を過ごせました。ウィルダウの皆さん、ありがとうございました!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)