Lecture at think-cell

イベントの内容

11月4日、ベルリンとポツダムに40人近くの学生を迎え、弊社のオフィスで並行プログラミングに関する講演を行いました。think-cellのシニアソフトウェアエンジニア、Valentin Zieglerは「C++メモリー モデル」について説明しました。テンポの速いソフトウェア企業の高揚感を直に体験し、弊社の開発について質問するため、多くの学生が1時間早く到着したのは嬉しい驚きでした。頭の中で行う場合でも演習には変わりないので、選択の演習として弊社での講演ではドリンクやスナックを提供し、講演後には美味なビュッフェも用意しました。

講演が始まる前から熱のこもった討論が始まったため...

...Valentinが壇上に立つ頃にはすでに熱気があふれていました。

Valentinの講演では、多くの質問に回答し...

…think-cellのCTOアルノ・ショドル(Arno Schödl)も協力しました。

ゲストのためにおいしいビュッフェが用意されました。

立ち寄っていただきありがとうございました!お会いできて光栄でした。

Valentinの講演を見逃しましたか? 講演&出版物のウェブサイトでご覧ください。

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)