サマーパーティー(ミュンヘン工科大学)

イベントの内容

ミュンヘン工科大学再びサマーパーティーが開かれると聞き、私たちはミュンヘンを再訪できるとワクワクしました。以前に2回、この大学を訪れたときに出会った優秀な学生たちとぜひ再会したいと考えていたのです。7月8日、私たちは美味なフラプチーノを携えてパーティーに乗り込みました。ドイツで最も優秀な学生たちとともにアイスの入ったエスプレッソを飲みながら、すばらしい午後を過ごしました。

前回、ミュンヘン工科大学を訪問したのは数ヶ月前の11月だったので、パーティーが始まる随分前からさわやかなフラプチーノを提供して旧交を温めることにしました。ミュンヘンの皆様にはあたたかく歓迎していただきました。また近々お会いしましょう。

まずは以前からの知り合いと旧交を温め...

...ミュンヘンで最も優秀な学生たちにエキサイティングなキャリアのアイデアを吹聴しました。

弊社が直面しているエキサイティングな課題に関する質問に答え...

...私たちが解決してきた複雑な問題を説明しました。

すばらしい質問の数々に驚き...

...弊社での就職機会を説明して学生たちを刺激しました(糖分のおかげもあります)。

ミュンヘンの皆さんには日没まで楽しんでいただきました。ありがとうございます!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)