サマーパーティー(RWTHアーヘン)

イベントの内容

RWTHアーヘンで6月26日、サマーパーティーに再び参加することができました。私たちは長らく、美味で抗いがたいおやつを提供してアーヘンの最も優秀な学生の舌にチャレンジしてきました。これまではカクテルアイスクリームコーヒーキャンディのほか、頬が落ちるようなお菓子を用意していたのですが、今回は趣向を変えることにしました。

参加者の皆様が糖分過剰摂取にならないよう新鮮なフルーツのスムージーにしたのです。新しい3分の紹介動画(以下でご覧いただけます)では、ユーモアを交えてthink-cellで働いた場合の数多くの利点を紹介しました。ベルリンでのキャリアを検討するようアーヘンで最も優秀な学生諸君を鼓舞できたのではないかと思います。

新しい「スリー・ミニット・マッドネス」の動画を見逃しましたか? こちらからご覧ください!

パーティーが始まる前からスムージーバーには行列ができました。

そのおかげで、予定よりも早くから交流を開始できました!

弊社で提供している知的なチャレンジに関する質問に答え...

...これまでに解決してきた難しい問題の例を挙げ...

...今年のミーティングC++スカラーシップに参加するよう勧誘しました。

以前からの知り合いに再会できたほか...

...新しい友人とともにスムージーを楽しむこともできました。

スリー・ミニット・マッドネスの動画は会場の笑いを誘い...

...フルーツスムージーは年齢を問わず誰にでも喜ばれました。

卒業生の皆さん、おめでとうございます!またお会いしましょう!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にClaudia Romanまでお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

Claudia Roman、think-cell人事担当