コンタクトパーティー(ETHチューリッヒ)

イベントの内容

2015年3月7日、私たちは格別に優秀な学生たちのムードを盛り上げるため、エスプレッソとマカロンを携えて美しいチューリッヒを再び訪れました。ETHチューリッヒのコンタクトパーティーはいつもすばらしいリクルート活動になるのですが、今回も例外ではありませんでした。チューリッヒは最高の天気で私たちを迎えてくれ、私たちはほっとする甘味と就職機会で応えました。それよりも重要だったのは、新しく知り合った多くの方々に果敢でエキサイティングな弊社の就職機会について説明し、希望を持ってもらえたことです。すばらしいキャリアはスイス国外にもあるのです!多くの学生にとって、この考えは想像もできなかったようですが、弊社の熱心なC++専門家が説得に勤めました。私たちは今年、ひそかに引っ越しを流行らせるのではないかと期待しています。

5時間のイベントは非常に楽しく、時間が過ぎるのを忘れてしまったほどです。来年もまた会いましょう、チューリッヒ!

ソフトウェアディベロッパーを「エサ」にしました。キャンディで糖分不足の学生を勧誘し...

...マカロンとコーヒーで歓待して...

...C++について話しました。

これでチューリッヒで最も優秀な学生たちに会い、情報を提供する機会を得ました。

特にthink-cellがこれまでに解決してきた多くの問題に関する説明に力を入れました...

...think-cellでの勤務や...

...エキサイティングな就職機会に関する質問にも答えました。

チューリッヒではすばらしい時間を過ごすことができました。あたたかく歓迎していただき、ありがとうございました!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)