EAT++(ミュンヘン工科大学)

イベントの内容

ミュンヘン工科大学の情報科学部でサマーパーティーを盛り上げた後、私たちは11月、この大学に戻り、並行プログラミングに関する講演を行いました。関心の高い学生と研究者30人以上が私たちの招待を受け、think-cellのシニアソフトウェアエンジニア、Valentin Zieglerによる「C++メモリーモデル」の講演に出席しました。講演の後は美味なビュッフェとシャンパンで出席者をもてなしました。

ミュンヘン工科大学でのValentinの講演は...

...非常に人気が高く...

...立ち見が出るほど盛況でした。

講演の後は美味なビュッフェを用意しました。

私たちが解決してきた多くの問題と...

...think-cellでのソフトウェアサポートと...

...開発分野での就職機会について説明しました。

その間もずっとValentinは人気者で...

...講演に関する質問に答えていました。

ミュンヘン工科大学でまたお会いしましょう!

ところで、ValentinはベルリンのミーティングC++ 2014でも講演を行っています。見逃した方は こちらをご覧ください。

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)