EAT++(ボイト応用化学大学ベルリン)

イベントの内容

10月28日、私たちはボイト応用化学大学ベルリンを訪れ、think-cellのソフトウェアエンジニアであるFabio FracassiがJavaと比較したC++の多くのメリットに関する講演を行いました。コンピューターサイエンスと関連のある分野で勉強している56人の学生、卒業生、教授が「C++ vs. Java」の講演と活発な討論に参加しました。

講演の後、出席者には講堂の外に設定した簡単なビュッフェを楽しんでいただきました。

「C++ vs. Java」の講演で...

...Fabio Fracassiはどの言語が最も効率的なのか...

...また、美しいのか力説しました。

頭の中で行う場合でも演習には変わりないので...

...講演の後、参加者は様々な軽食から選択するという課題を与えられました...

...その後、Fabioの議論会に向かい...

...think-cellでの就職機会について質問しました。

ボイト大学の皆さん、ありがとうございました!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にClaudia Romanまでお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

Claudia Roman、think-cell人事担当