サマー パーティー(ミュンヘン工科大学)

イベントの内容

ミュンヘン工科大学情報科学部でのサマー パーティーを盛り上げるため、私たちはカクテル バーを1日でハンブルク大学からバイエルンに移しました。優秀な学生に会いたいなら、ミュンヘン工科大学ほど最適な場所はありません。もちろん、私たちも学生に会いました。

美味なカクテルで出席者を驚かす前に、私たちは日中、キャンディと短いプレゼンテーションの力を借りて新しい友人を作りました。私たちと話した学生の専門知識のレベルと、彼らの示した好奇心には感銘を受けました。とにかく素晴らしい時間を過ごすことができました!

サマー パーティーに手ぶらで登場することはありません。

ベルリンではすばらしい就職機会を提供し...

...ミーティングC++ 2014のチケットを当てられるチャンスのほか ... キャンディもありました!

すばらしいカクテルもたっぷり用意しました。

弊社のプロジェクトや日常的な課題についても...

興味を寄せた学生に説明しました。

私たちのカクテルは大好評で...

...パーティーに夏らしい雰囲気を加え...

...クールな出席者の手におさまりました。

弊社のバーの前には常に人だかりの山ができました。

すばらしい歓待を受けている気分になりました。ミュンヘン工科大学の皆さん、ありがとうございました!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)