ナレッジ ベース KB0184

think-cellはMicrosoft Office 2016またはOfficeプレビュー バージョンでも使用可能?

PowerPointまたはExcelの起動後にこの記事が自動的に表示される場合は以下のいずれかがインストールされているはずです…

  • … Microsoft Office 2016、think-cell 6またはそれ以前のthink-cellのバージョン
  • … およびMicrosoft Officeの#8230 a プレビュー バージョン(Microsoftが正式にリリースしたバージョンではありません)

Office 2016

弊社のダウンロードWebページからthink-cellの最新バージョンをダウンロードしてください。

Officeプレビュー バージョン

Office プレビュー バージョンには頻繁に多大なバグが含まれており、Microsoftはプレビューと公式リリースの間に数多くの変更を行います。このため、think-cellは通常、Office プレビューをサポートしていません。少なくともオリジナルのRTMリリースがあることを確認してください。また、弊社ではサービス パックもインストールするようお勧めしています。詳細については以下のMicrosoftのページをご覧ください。

サポートに問い合わせ

問題が続く場合は弊社のサポート チームに連絡し、think-cellのログ ファイルを添付してください。think-cellが実行中でないため、ログ ファイルを手動で収集して添付する必要があります。以下のステップに従ってください。

  • 新しいWindows Explorerウィンドウを開き、

    %LOCALAPPDATA%\think-cell

    と入力してEnterを押します。

  • ディレクトリを参照したいのに表示されない場合は、おそらく非表示に設定されています。これは以下をチェックすると、Windows Explorerで変更できます。

    • Windows VistaおよびWindows 7:
      整理、 → フォルダーと検索オプション、 → 表示、 → 非表示のファイルとフォルダーを表示する
    • Windows 8、Windows 8.1、Windows 10:
      表示、 → 表示/非表示、 → 非表示の項目
  • このフォルダーに含まれており、拡張子が「.log」のファイルをすべて、弊社のサポート チームにお送りください。以下のファイルのいずれでも構いません:POWERPNT_log.log, EXCEL_log.log, TCMAIL_log.log, TCUPDATE_log.log, TCRUNXL_log.log, PPTTC_log.log, setup_think-cell_xxxxx_log.log.