ナレッジベース KB0226

KB0226:Officeのデスクトップアプリ版を開くと、think-cellが読み込まれない、もしくはエラーメッセージが表示される

問題

Officeのデスクトップアプリ版を使用しているのですが、think-cellがOfficeに読み込まれない、もしくは以下のいずれかのエラーが表示されてしまいます。

カスタマイズファイルの読み込みに失敗しました アップデートがインストールされました

以下の手順で、Officeのデスクトップアプリ版を使用しているかどうかを確認できます。Officeのデスクトップアプリ版はWindows 8およびWindows 10のみでサポートされています。

  1. [スタート] またはWindowsキー → アプリと機能と入力 → Enterを押します
  2. お使いのMicrosoft Officeのバージョンを下にスクロールします。
  3. Officeのデスクトップアプリ版は、Microsoft Officeデスクトップアプリと呼ばれます。
デスクトップアプリのアイコン

Office のデスクトップアプリ版を使用していないにも関わらず、think-cell に 挿入 タブがない場合は、KB0004 を参照してください。

解決策

この問題を解決するには、ローカルの AppData ディレクトリ以外のディレクトリに think-cell をインストールしてください。

  • 管理者権限でthink-cellをインストールします。管理者権限で think-cell がインストールされると、デフォルトのインストールディレクトリは「C:\Program Files (x86)\think-cell」になります。
  • マシンの管理者権限をお持ちでない場合は、think-cellのインストール中、think-cellのインストール パスを選択するオプションが示された際、以下のようなローカルAppDataフォルダー以外でアクセス権のあるファイル パスを選択してください:
    C:\Users\%USERNAME%\think-cell

技術的な説明

Officeのデスクトップアプリ版は、Local AppDataフォルダーをサンドボックスにします。デフォルトではここにthink-cellのユーザーごとのインストールがインストールされます。インストールしたファイルに変更を加えた場合、ファイルは必ずしもサンドボックス環境にそのまま反映されるわけではありません。つまり、think-cellは常にサンドボックスにあるべき、かつ通常動作に必要なすべてのファイルにアクセスできるわけではありません。デスクトップアプリ版のアプリケーションが AppData フォルダーにいかに影響するかに関する詳細は、Microsoft のウェブサイトでご確認いただけます。

サポートに問い合わせ

think-cellを別のフォルダーにインストール後も問題が続く場合は、弊社のサポート チームまでお問い合わせください。

シェア