ナレッジ ベース KB0105

think-cellグラフの既定の色を変更するには?

think-cellでは、多くのグラフの要素(軸、テキスト、矢印など)でMicrosoft PowerPointのテーマの色を使用します。このような色は、プレゼンテーション ファイルのテーマの色から得られたものです。既定値が正しく指定されていれば、think-cellは配色の切り替えにもスムーズに対応します。

一般的に、PowerPointのテンプレート ファイル(*.potx)にこれらの既定値を保存しておき、新しいプレゼンテーションはすべて、このテンプレート ファイルから作成するようお勧めします。この操作方法については、PowerPointのヘルプを参照してください。

think-cellで使用される既定のフォントを変更したい場合は、以下のナレッジ ベースの記事を参照してください:KB0100:フォントの色を変更するには?

PowerPointでプレゼンテーションの配色テーマを変更する

グラフでthink-cellが使用する色は、アクセント 1アクセント 6です。テキストとグラフの装飾でthink-cellが使用する色は、テキスト背景: 濃色 1またはテキスト/背景 淡色 1です。

PowerPoint 2007 & 2010:

  1. リボンで [デザイン] を選択してください。
  2. [テーマ] のグループで [] をクリックします。
  3. ドロップダウン リストから [新しい配色パターンの作成…] を選択します。

PowerPoint 2013 & 2016:

  1. リボンで [表示] → [マスター表示] → [スライド マスター] と進みます。
  2. 新しいリボンのタブ、[ スライド マスター] が表示されます。
  3. [スライド マスター] → [背景] → [配色] をクリックします。
  4. ドロップダウン リストから [色のカスタマイズ…] を選びます。
  5. 色を修正した後、[スライド マスター] → [閉じる] → [マスター表示を閉じる] をクリックします。

think-cellで異なる色を使用する

think-cellのスタイル ファイルを使うと、PowerPointのテンプレートの色とは異なる色を定義できます。スタイル ファイルでは、独自のメニューを作成し、テンプレートごと、またはファイルごとに作業することも可能です。詳細については、ユーザー マニュアルの「付録C:think-cellのカスタマイズ」を参照してください。