ナレッジ ベース KB0051

think-cell ユーザー インターフェイスの表示中にエラーが発生

問題

think-cellアドインはDirectXテクノロジーを使用してthink-cellユーザー インターフェイスを作成します。必ずしもすべてのグラフィックス アダプターとグラフィックス ドライバーが、DirectXを完全かつ標準的にサポートしバグが発生しないわけではありません。

解決策

この問題を解決するには、以下をチェックしてください。

サポートに問い合わせ

上記の手順を行っても、まだ問題が発生する場合は、弊社のサポート チームまでご連絡ください。すでに実行した手順とその結果を説明してください。また、以下のファイルをお送りください。

  • think-cellログ ファイルを送ってください。このためにはPowerPointを開き、[挿入] → [think-cell] → [その他] その他のメニュー→ [サポートのリクエスト] を選択します。ログ ファイルは自動的に新しい電子メールに添付されます。

    これがうまくいかない場合、ログ ファイルは下記の方法で見つけられます。

    • 新しいWindows Explorerウィンドウを開き、

      %LOCALAPPDATA%\think-cell

      と入力してEnterを押します。

    • ディレクトリを参照したいのに表示されない場合は、おそらく非表示に設定されています。これは以下をチェックすると、Windows Explorerで変更できます。

      • Windows VistaおよびWindows 7:
        整理、 → フォルダーと検索オプション、 → 表示、 → 非表示のファイルとフォルダーを表示する
      • Windows 8、Windows 8.1、Windows 10:
        表示、 → 表示/非表示、 → 非表示の項目
    • このフォルダーに含まれており、拡張子が「.log」のファイルをすべて、弊社のサポート チームにお送りください。以下のファイルのいずれでも構いません:POWERPNT_log.log, EXCEL_log.log, TCMAIL_log.log, TCUPDATE_log.log, TCRUNXL_log.log, PPTTC_log.log, setup_think-cell_xxxxx_log.log.
  • DxDiagログ ファイルを作成してお送りください。

    1. DxDiagを開きます。[スタート] またはWindowsキー → タイプdxdiagEnterを押します
    2. [すべての情報を保存] ボタンをクリックします。このファイルをDXDIAG.TXTとして保存します。
    3. サポート リクエストにDXDIAG.TXTを添付します。