ナレッジベース KB0234

KB0234:BeyondTrust Privilege Managementとの矛盾:内部データシートが開かない

問題

BeyondTrust Privilege Managementバージョン5.6.126.0をインストールしたのですが、既存のthink-cellチャートをダブルクリックした場合などに、think-cellの内部データシートが開かなくなりました。

think-cellの [スライドの送信...] 機能を使用してメールを送信したり、[サポートのリクエスト...] を介してログ ファイルを送信したりすることもできません。

解決策

この問題はBeyondTrustによって修正されています。Privilege Management for Windows 5.6 SR2リリース ノートで説明されているように、修正はバージョン5.6 SR2以降でご利用いただけます。

説明

think-cellの内部データシートを開くか、think-cellの [スライドの送信...] 機能を使用して新しいメールを開くと、think-cellのインストール フォルダーから追加実行ファイルが実行されます。BeyondTrust Privilege Managementバージョン5.6.126.0がインストールされている場合は、このようなファイル(tcasr.exe、tcmail.exe、tcrunxl.exe など)の実行がブロックされます。このため、内部データシートを開いたり、メールを送信したりできません。

サポートに問い合わせ

この問題が発生しているかどうか定かでない場合は、当社のサポート チームまでお問い合わせください。

分析のため、think-cell ログファイルを当社までお送りください。[サポートのリクエスト…] が機能しない可能性が高いため、以下に説明されている方法でログをご確認いただけます。

  • 新しいWindows Explorerウィンドウを開き、

    %LOCALAPPDATA%\think-cell

    とアドレス フィールドに入力して、Enterを押します。

  • このフォルダーに含まれており、.log拡張子が「」のファイルをすべて、弊社のサポート チームにお送りください。

    該当するファイルは以下の通りです(POWERPNT_log.logEXCEL_log.logTCMAIL_log.logTCUPDATE_log.logTCRUNXL_log.logTCASR_log.logPPTTC_log.logsetup_think-cell_xxxxx_log.log)。

  • ディレクトリを参照したい場合:

    完全な規定のファイルパスはC:\Users\[USERNAME]\AppData\Local\think-cellです。表示されない場合は、おそらく非表示に設定されています。これは以下をチェックすると、Windows Explorerで変更できます。

    • Windows 7:[
      整理、→フォルダーと検索オプション、→表示、→非表示のファイルとフォルダーを表示する
    • Windows 8、Windows 8.1、Windows 10:
      表示、→表示/非表示、→非表示の項目

    さらに、think-cell がアクティブ化されている場合は、think-cellツールバーで [More] (詳細) [ More Menu ](その他のメニュー)→ [About] (バージョン情報) をクリックし、[think-cell info] (think-cell に関する情報) ウィンドウのスクリーンショットを当社までお送りいただきますようお願いいたします。

シェア