ナレッジ ベース KB0165

think-cellはMicrosoft Office 365およびOffice 2016でも使用できるか?

think-cellは「完全にインストールされたOfficeアプリケーション」のMicrosoft Office 365と、Microsoft Office 2016 クイック実行(C2R)をサポートしています。

Microsoft Office 365の「完全にインストールされたOfficeアプリケーション」とOffice 2016 クイック実行は技術的には非常によく似ています。どちらもMicrosoftのクイック実行インストーラーを使用し、Officeに内蔵されているチャネルを介して機能更新プログラムを受信します。Office 365の更新に関する以下の説明はすべて、機能更新プログラムを受け取るOffice 2016に適用されます。

お使いのOfficeインストールが機能更新プログラムを受信しているかチェックするには、Officeアプリケーションを開き、[ファイル] → [アカウント] に進みます。[更新オプション] を利用できる場合は、機能更新プログラムを受信しています。ここでは更新プログラムを受け取る更新チャネルを確認することもできます。

Office 365 Business Essentials Office 365 Enterprise E1にはOffice Onlineのみが含まれおり、think-cellのようなOffice COMアドインはサポートされません。)

Microsoft更新チャネル

Microsoft は様々な周波数とディレイで更新を展開する更新チャネルを提供しています。更新頻度とさらに詳細なチャネル情報については、Microsoftの「Overview of update channels for Office 365 ProPlus(Office 365 ProPlus向け更新チャネルの概要)」をご覧ください。これは、ProPlus以外のライセンス プラン、Office Insiderプログラム、更新チャネルリリースのバージョンおよびビルド番号にも適用されます。

think-cellとOffice 365更新の互換性

think-cellはOffice 365のあらゆる更新チャネルをサポートしています。弊社は毎晩、すべてのチャネルに関するMicrosoftの更新情報をチェックしています。think-cellと競合する更新プログラムがある場合は、速やかに該当するthink-cellの更新に着手します。

以下は、各チャネルを使用する際にthink-cellが提供するサービスの品質の概要です。

チャネル 既定 think-cellサービスの品質
半期チャネル Office 365 ProPlus Microsoftの更新の前にthink-cellの自動更新を開始するため、think-cellの自動更新を明示的に無効にしない限り、think-cellが停止することはありません。
月次チャネル Office 365 Business, Home, Personal
半期チャネル(ターゲット) なし think-cell更新プログラムはダウンロードできますが、常に適時、自動更新が始まるわけではありません。
競合が生じ、エラー報告が有効になっている場合は、更新プログラムを含むWebページが自動的に開きます。
エラー報告が無効で、サポートのリクエストが自社のIT部門にリダイレクトされない場合(「A5.1 トラブルシューティングと重大なエラー」を参照)、エラー ダイアログで [サポートのリクエスト] を選択すると、営業時間外でも更新のダウンロードに関する自動応答電子メールが返信されます。
最初のリリース月次チャネル(ターゲット)
Insider 弊社は、Microsoftの更新後2営業日以内にthink-cellの更新プログラムを利用できるようにしています。そのため、最長2営業日の使用停止が発生する可能性があります。
think-cellの更新準備が整った後の配信手順は月次チャネル(ターゲット)と同様です。

サポートに問い合わせ

think-cellとOffice 365およびOffice 2016の互換性についてさらにご質問がある場合は、弊社のサポート チームにご連絡ください。