ナレッジ ベース KB0100

フォントの色を変更するには?

think-cellは、次の2つの固有のPowerPointデザイン テーマの色から最も読みやすいラベル テキストのフォントの色を自動的に選択します。PowerPointの既定のフォントの色と、反対の明るさの色です(テキスト/背景: 濃色 1およびテキスト/背景: 淡色 1)。プレゼンテーション全体のフォントの色を変えるには、これら2つの色を変更します(例:黒の代わりに濃紺、白の代わりに薄い灰色)。

PowerPointでテーマの [背景のスタイル] のオプションが選択されていることを確認してください。これは、PowerPointがテキスト/背景のテーマの色を適正に使用するために必要です。古いプレゼンテーションまたはテンプレートを*.ppt/*.potファイル形式から新しい*.pptx/*.potx形式に変換する際、PowerPointでは [背景のスタイル] が正しく設定されません。

  • PowerPoint 2007および2010:[ デザイン] → [背景] → [背景のスタイル]
  • PowerPoint 2013以降:[ デザイン] → [バリエーション] → [その他] → [背景のスタイル]

背景のスタイルを正しく設定する方法の詳細については、KB0129を参照してください。

一部のPowerPointファイルは、デザインの色の使用があいまいです。think-cellは、ファイルで利用できる情報から望ましいフォントの色を推測しようとします。詳細については、このページの「特別な場合」で後述します。

フォントの色はラベルごとに変更できますか?

一部のラベルでは、PowerPointのカラー コントロールを使用して異なる色を適用できます。ただし、think-cellはユーザーの設定したフォントの色をいつでも上書きできる点に留意してください。これは、データ ソース(Excelファイルなど)が変更された場合にthink-cellがグラフを完全に自動更新できるようにするために必要です。データが更新されると、ラベルが異なる背景になる場合があり(例:セグメント内部から外部に移動)、think-cellは最適なコントラストで最適な読みやすさを確保します。

think-cellはラベルのテキストにどのフォントの色を使用しますか?

think-cellは主要なフォントの色とフォントの代替色の2つのうちからラベル用の色を選びます。think-cellの主要なフォントの色は、PowerPointがテキスト用の既定の色として使用しているものです。

2つ目の色、think-cellのフォントの代替色は、反対の明るさの色です。このため、一貫した配色テーマを設定するようthink-cellではお勧めしています。淡い代替色で濃い主要な色を補足する(またはその反対)といった具合です。Microsoftはこのようにしてテキスト/背景:淡色/濃色の組み合わせが機能するよう意図しています。Officeで自動的にインストールされたPowerPointのテンプレートを比べてみてください。

  淡色の背景のスタイル
(例:背景のスタイル1、2)
濃色の背景のスタイル
(例:背景のスタイル3、4)
主要なテキストの色 テキスト/背景:濃色1 テキスト/背景:淡色1
テキストの代替色 テキスト/背景:淡色1 テキスト/背景:濃色1

このような色の変更方法については以下を参照してください:KB0105:think-cellで作成されたグラフの既定の色を変更するには?

think-cellの図形内のラベル

think-cellによってコントロールされている図形(通常、縦棒・横棒グラフのセグメントまたは面グラフの面)にラベルを配置すると、このラベルのフォントの色は背景と最適なコントラストを成すようにthink-cellの主要なフォントの色と代替色から自動的に選ばれます。

think-cellがコントロールしている図形内のラベルの例

代替色の明るさが主要な色に類似しており、コントラストが不十分な場合、think-cellは黒または白のいずれかを使用してラベルを反転させ、背景とのコントラストが最大化されるようにします。

think-cellの図形外のラベル

ラベルがthink-cellのコントロールしている図形に配置されていない場合、think-cellはラベルが配置されている実際の背景を把握できません。このため、主要なフォントの色が使用されます。

think-cellの図形外のラベルの例

ラベルの後ろの色はPowerPointのテーマから得た背景の色とは異なる、スライドの背景を右クリック → [背景の書式設定] で設定した色の可能性があるため、think-cellは実際のラベルの背景を把握できません。この場合、背景がグラデーションや画像、テクスチャ、パターンになることもあります。ラベルはPowerPointの基本図形や画像に配置する方がよいでしょう。

これはボックス ラベルにも適用されます。ここでは、think-cellはテーマの背景の色をラベルの背景に使用し、ラベルのテキストは主要なフォントの色になります。

think-cellの現在のフォントの色を確認するにはどうすればよいですか?

think-cellが現在グラフのテキストと線で使用している色をすばやく確認するには、PowerPointのカラー パレットを表示してください。

テキストボックスを右クリックして、[フォントの色] ドロップダウンを開きます。スクリーンショットで示されているように、パレットの最初の2つのボックスの上にマウスポインターを動かします。2番目のボックスにthink-cellの主要なフォントの色が示されます。最初のボックスにはthink-cellのフォントの代替色が示されます。

Office 2010のテーマの色パレット

think-cellが使用している主要なフォントの色がテキストのテーマの色でない場合は、下記の「特別な場合」を参照してください。

どのようにすればフォントの色を背景の画像に適応させられますか?

  1. KB0129で説明されているように背景の画像を適用します。
  2. 背景の画像に対してコントラストが高くなるようthink-cellの主要なフォントの色を設定し、フォントの代替色は画像と類似した濃さの色にします。KB0105を参照してください。

暗い背景で白いラベルを使うにはどうすればよいですか?

  1. KB0129で説明されているように濃い背景を設定します。
  2. KB0105で説明されているように主要なフォントの色を白に設定します。

特別な場合

PowerPointのバージョンによっては、フォントの色が不適正になるバグが含まれている可能性があります

詳細と回避策については、KB0206を参照してください。

スライド マスターの本文テキスト プレースホルダーでは、デザイン テーマのテキストの色を使用しません

テーマの色の使用についてPowerPointのテンプレートがあいまいな場合、弊社の経験によると、ほとんどの本文テキスト プレースホルダーの色は意図されたフォントの色になっています。このため、think-cellではこれを主要なフォントの色として使用します。フォントの代替色は影響を受けず、上記のように選ばれます。

スライド マスターの本文テキスト プレースホルダー

本文テキスト プレースホルダーで複数のフォントの色が使われており、think-cellのフォントの色が予想とは異なる場合は、弊社のサポート チームにご連絡ください。