ナレッジベース KB0093

KB0093:think-cell データシートが開かない

問題

think-cellのグラフをダブルクリックしても内部のデータ シートが開きません。

解決策

以下の解決策を順番にお試しください:

1.PCを再起動

非表示の PowerPoint や Excel のプロセスがコンピューターの正常な動作を妨げることがないよう、コンピューターを再起動してください。

もしくは、起動しているプロセスをすべて閉じてください。

Windows を使用している場合:
  1. [Windowsタスク マネージャー] を開き、起動している POWERPNT.EXEEXCEL.EXE のプロセスを確認してください。
    • Windows VistaおよびWindows 7:[タスクマネージャー][プロセス]
    • Windows 8、Windows 8.1、Windows 10:[タスクマネージャー][その他の詳細][詳細]
  2. これらのプロセスを終了します。
Mac を使用している場合:

Dock で PowerPointExcel のアイコンを右クリックして、[終了] を選択してください。もしくはPowerPointExcelを起動し、Cmd⌘+Qを押してください。

2.セキュリティの設定によってthink-cellによる自動読み込みが妨害されていないことを確認してください

まず Excel のプロセスすべてを閉じるか、または前のステップの説明に従ってマシンを再起動します。次に Excel を開きます。Excelのリボンの下に黄色のメッセージ バーが表示されていますか? 「はい」の場合、[コンテンツの有効化] をクリックしないでください

Excel 2016 のセキュリティの警告

代わりにKB0187で説明されているように、信頼できる発行元にthink-cellを追加してください。

3.think-cell の最新バージョンを再びインストールします

think-cellを再びインストールしてください。弊社のダウンロードWebページからthink-cellの最新バージョンをダウンロードしてください。

4.Excelでthink-cellが実行中かチェック

Excelのリボンの [挿入] タブに think-cell グループが表示されていない場合、think-cell COMアドインはExcelで無効になっている可能性があります。

Windows:Microsoft Officeは、以前にうまく起動しなかったアドインを自動的に無効にします。KB0005の説明に従い、think-cellを再び有効にできます。

Mac:Excel で再び think-cell を有効にするには、Excel のツールバー → [ツール] → [Excel アドイン...] → [think-cell] にチェックを入れ → [OK] をクリックします。

5.複数のモニター

複数のモニターを使用すると、データシートのウィンドウが現在オフになっているか接続が切断されているモニターに表示される可能性があります。

すべてのモニターをオンにして、グラフのデータシートを開いてください。最後にデータシートを配置したモニターにそのデータシートが表示されます。

また、以下を行うこともできます。

  1. 画面解像度の設定を開きます(Windows Vista以降)。
    [コントロールパネル] → [デスクトップのカスタマイズ] → [ディスプレイ] → [画面の解像度の調整]。
  2. [識別] をクリックします。
  3. 現在表示されていないモニターを選択し、[表示画面を拡張する] を無効にします。
  4. PowerPointを再起動します。

6.Office の Microsoft Store インストール

Office の Microsoft Store バージョンを使用していることを確認します。PowerPoint の → [ファイル] → [アカウント] にアクセスします。[PowerPointのバージョン情報] のセクションで [Microsoft Store] の表示を確認します。

Excel 2016 のセキュリティの警告
  • 表示されているにも関わらず、内部データシートを開こうとすると「think-cell needs Excel, but cannot start it. Is Excel properly installed?」(think-cell は Excel が必要ですが、Excel を起動できません。Excel は適切にインストールされていますか?) というメッセージが表示される場合、次の方法で Office のインストールを修復してください。Windows のスタート画面から →[設定] → [アプリ] → [Microsoft Office Desktop Apps] を選択 → [詳細オプション] → [修復] をクリックします。この操作を終了後、PC を再起動してください。

  • Excel の [挿入] タブに think-cell が表示されない場合は、当社のナレッジベースの記事 KB0226 で提供されている指示に従ってください。

7.内部データシートは開きませんが、影響があるのは一部のグラフのみです。

新しいthink-cellのグラフを挿入すると、内部データシートが正しく開きます。

Microsoft PowerPoint 2010 RTMを使用している場合、この問題は、より新しいMicrosoft PowerPointのバージョン(Microsoft Office 2010 SP1以降)で作成または修正されたthink-cellのグラフで発生する可能性があります。

PowerPointのバージョンを確認します。
[ファイル] → [ヘルプ] → [Microsoft PowerPointバージョン情報] → [バージョンと著作権の追加情報]
影響のあるバージョン:Microsoft PowerPoint 2010 (14.0.4754.1000) MSO (14.0.4760.1000)

詳細と解決策は、をクリックしてご確認ください

この問題はMicrosoft Office 2010ファイル検証機能のバグが原因です。最新のMicrosoft Office 2010自動更新プログラムをインストールすると修正できます。

  • Microsoft自動更新プログラムをインストールできない場合は、通常、少なくともMicrosoft Office 2010 Service Pack 2をインストールするようお勧めしています。これで他の重要なバグも修正されます。Office 2010 Service Pack 2の説明
  • ファイル検証機能のバグと、この問題を修正する更新プログラムの説明については、MicrosoftのWebサイトで以下のサポート技術情報の記事を参照してください。Office 2010ファイル検証機能の更新:2011年9月13日

サポートに問い合わせ

上記の手順を行っても、まだ問題が発生する場合は、弊社のサポート チームまでご連絡ください。

think-cellログ ファイルを送ってください。このためには、PowerPointを開き、[挿入][think-cell][詳細] [その他のメニュー] [サポートのリクエスト] の順に選択します。ログ ファイルは自動的に新しい電子メールに添付されます。

どちらもうまくいかない場合、ログ ファイルは下記の方法で見つけられます。

  • 新しいWindows Explorerウィンドウを開き、

    %LOCALAPPDATA%\think-cell

    とアドレス フィールドに入力して、Enterを押します。

  • このフォルダーに含まれており、.log拡張子が「」のファイルをすべて、弊社のサポート チームにお送りください。

    該当するファイルは以下の通りです(POWERPNT_log.logEXCEL_log.logTCMAIL_log.logTCUPDATE_log.logTCRUNXL_log.logTCASR_log.logPPTTC_log.logsetup_think-cell_xxxxx_log.log)。

  • ディレクトリを参照したい場合:

    完全な規定のファイルパスはC:\Users\[USERNAME]\AppData\Local\think-cellです。表示されない場合は、おそらく非表示に設定されています。これは以下をチェックすると、Windows Explorerで変更できます。

    • Windows 7:[
      整理、→フォルダーと検索オプション、→表示、→非表示のファイルとフォルダーを表示する
    • Windows 8、Windows 8.1、Windows 10:
      表示、→表示/非表示、→非表示の項目

    さらに、think-cell がアクティブ化されている場合は、think-cellツールバーで [More] (詳細) [ More Menu ](その他のメニュー)→ [About] (バージョン情報) をクリックし、[think-cell info] (think-cell に関する情報) ウィンドウのスクリーンショットを当社までお送りいただきますようお願いいたします。

シェア