Sebastian Theophil presents at AAAI-06

Boston/Berlin, July 19, 2006

学界へのthink-cellの継続的な貢献の一環として、think-cellのシニアソフトウェアエンジニアのセバスチャン・テオフィル(Sebastian Theophil)とCTOのアルノ・ショドル(Arno Schöödl)は散布図の自動ラベリングに関する論文を発表しました。Sebastianは、ボストンで開催された第21回全国人工知能カンファレンス(AAAI-06)でこの論文を発表しました。

この研究の結果は、think-cellの主要なPowerPointグラフ作成パッケージの新しいバージョン、think-cellグラフ4.2で活用されました。

AAAIカンファレンスの概要

AAAIカンファレンスシリーズは、米国人工知能協会によって組織された人工知能(AI)研究者の主要な集まりです。毎年、数百人の科学者が集結します。このカンファレンスで発表された論文は通常、この分野で最も引用される出版物になります。今年は774件の論文が提出され、そのうち171件がカンファレンスでのプレゼンテーションを認められました。

全国人工知能カンファレンス

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cellの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。