Sebastian Theophil、AAAI-06で講演

学界へのthink-cellのの継続的な貢献の一環として、think-cellのシニアソフトウェアエンジニアのセバスチャン・テオフィル(Sebastian Theophil)とthink-cellのCTOのアルノ・ショドル(Arno Schödl)は散布図の自動ラベリングに関する論文を発表しました。Sebastianは、ボストンで開催された第21回全国人工知能カンファレンス(AAAI-06)でこの論文を発表しました。

この研究の結果は、think-cellのの主要なPowerPointグラフ作成パッケージの新しいバージョン、think-cellグラフ4.2で活用されました。

AAAIカンファレンスの概要

AAAIカンファレンスシリーズは、米国人工知能協会によって組織された人工知能(AI)研究者の主要な集まりです。毎年、数百人の科学者が集結します。このカンファレンスで発表された論文は通常、この分野で最も引用される出版物になります。今年は774件の論文が提出され、そのうち171件がカンファレンスでのプレゼンテーションを認められました。

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリアページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)

シェア

think-cell は、本サイトの機能、パフォーマンス、セキュリティを強化するためクッキーを使用します。本ウェブサイトのすべての機能をお使いいただくには、お客様の同意が必要となります。think-cell によるクッキーの使用およびお客様のプライバシー権に関する詳細は、当社のプライバシーポリシーでご確認いただけます。