ナレッジ ベース KB0199

インストールされたFactSetでthink-cellライセンス キーを入力するとPowerPointがクラッシュする

問題

  1. PowerPointが起動すると、[think-cellライセンス キー] ウィンドウが自動的に開きます。これは通常、まだthink-cellライセンス キーを入力していないか、現在のキーが有効期限に達したために発生します。
  2. [OK] でライセンス キーを閉じると、PowerPointがクラッシュします。Microsoft Officeのほとんどのバージョンで、「APIERR 1400 ウィンドウ ハンドルが無効」または「VERIFY(FindWindowOfMainThread( PPTFrameClass() ))」というthink-cellエラー メッセージが表示されます。Microsoft Office 2007ではメッセージは表示されない可能性があります。

これは明らかにPowerPoint向けのFactSetアドインが原因になっている既知の問題です。弊社はこの問題をFactSetに報告しています。FactSetの顧客として解決への関心を表明なさりたい場合は、FactSetサポート チケットID #2601415.を使用してFactSetサポート担当者に連絡してください。

解決策

  • PowerPointではなくMicrosoft Excelでthink-cellのライセンス キーを入力します。Excelを起動し、think-cellのライセンス キーを [think-cellライセンス キー] ウィンドウに入力します。[OK] で確定し、Excelを閉じます。
  • FactSetによって提供された代替回避策にはWindowsレジストリの編集が含まれています。これは貴社のITサポートに任せてください。手動でレジストリを変更すると重大な問題の原因になる可能性があります。このため、これらの手順は自己責任で行ってください。
    1. Windowsレジストリ エディターを開き、以下までナビゲートします:HKEY_CURRENT_USER\Software\FactSet\DealMaven\PresLinkPPT
    2. AppStartTemplateLoadDelayのキーを-1に設定します
  • インストール中にthink-cellライセンス キーを提供するか、Windowsグループ ポリシーを使用すると、[think-cellライセンス キー] ウィンドウの表示を防ぐことができます。これ好結果が得られることが多く、FactSetの問題を回避することもできます。think-cellの展開ガイドで「初回インストール」と「グループ ポリシー」を参照してください。

サポートに問い合わせ

このような解決策を使用しても問題が修正されない場合は、弊社のサポート チームに連絡してください。