ナレッジベース KB0123

KB0123:think-cellグラフのラベルが白い長方形として表示される

問題

一部のラベルの背景は誤って白くなることや、スライドの背景が表示されることがあります。この問題は最新バージョンの PowerPoint では発生しません。

例:ウォーターフォール図、白いラベルの背景1 例:ウォーターフォール図、白いラベルの背景2
例:バブルチャート、白いラベルの背景 例:バブルチャート、ラベルの背景「スライドの背景の設定」
  • PowerPoint 2007 で .ppt ファイルを開き、ラベルをクリックすると、正しいラベルの背景が表示されますが、保存し、再度ファイルを開くと、誤った背景に戻ってしまいます。

    1. 該当する.pptファイルをPowerPoint 2007で開きます。
    2. 該当するラベルまでクリックして進みます →ラベルの背景が適正な色になります。
    3. ファイルを保存して閉じた後、再び開きます。
    4. ラベルの背景が再び白くなります(または背景の設定が表示されます)。
  • 正しいラベル背景が表示された場合に、PowerPoint 2007 で .ppt ファイルを再度開き、ラベルをクリックすると、PowerPoint のユーザーインターフェースには、誤った「塗りつぶし (スライドの背景)」が表示されます。

    1. 該当する.pptファイルをPowerPoint 2007で開き、該当するラベルまでクリックして進みます。ラベルは適正な色になっています。
    2. think-cellを非アクティブ化します。
    3. ラベルを右クリック → [図形の書式設定] → [塗りつぶし] と進み、ラベルの背景をチェックします。[塗りつぶし (スライドの背景)] が表示され、[塗りつぶしなし] が含まれているはずです。

      背景の設定を示しているPowerPoint UI
  • PowerPoint 2003以前のバージョンで開いた場合にのみ、.pptxファイルでエラーが表示されます。PowerPoint 2007で開くと問題は発生しません。

解決策

PowerPoint 2010 および 2013

PowerPoint 2010と2013ではこの問題がありましたが、修正されました。
  • Office向けのMicrosoftの更新をインストールします。
  • think-cellの最新バージョンに更新します。
  • 該当するファイルを開き、該当する各グラフのラベルをクリックし、修正を開始してプレゼンテーションを保存します。

PowerPoint 2007

PowerPoint 2007内では、この問題を完全に修正できません。

該当するラベルを削除してから新しく追加すると、これらのラベルが修正されます。ただし、新しいラベルもこのバグの影響を受けている可能性があります。

ラベルをクリックした後、ファイルを.pptxとして保存すると、表面上は問題が修正されます。PowerPoint 2007以降では、ラベルが破損することなく作業できます。PowerPoint 2003以前のバージョンで.pptxファイルを開くと、破損がひそかに残ります。

今後、この問題を避けるには以下の手順に従ってください。

  • PowerPoint 2007で作業している場合は、.pptxファイル形式を使用してください。
  • プレゼンテーションはPowerPoint 2007からPowerPoint 2003以前のバージョンに移さないでください。

PowerPoint 2003以前

該当するファイルを開き、該当する各グラフのラベルをクリックし、修正を行い、プレゼンテーションを保存します。

説明

think-cell は通常、ラベルの背景に [塗りつぶしなし] を使用します。ただし、線または複雑な背景の上にラベルを配置すると、ラベルを読みやすくするため [塗りつぶし (スライドの背景)] が使用されます。PowerPoint 2007 の問題により、プログラムによってラベルの背景が [塗りつぶし (スライドの背景)] から [塗りつぶしなし] に切り替えられた場合、ラベルは破損します。また場合によっては背景が白くなることがあります。

Microsoft は PowerPoint 2013 と 2010 向けにこの問題を修正済みです。PowerPoint 2007では修正されていません。PowerPoint 2007の使用時には、think-cellを使っていなくてもこの問題が再現されます。

think-cellを使用しないで再現

以下の手順を行ってください。

  1. think-cellを非アクティブ化します。[think-cell] → [More] (詳細) [ More Menu ](その他のメニュー) →[think-cellの非アクティブ化] を選択してください。
  2. PowerPoint 2007の空のスライドでこのマクロを実行します。

    Sub test()
            Dim sld As Slide
            Set sld = ActiveWindow.View.Slide
            Dim shp As Shape
            Set shp = sld.Shapes.AddShape(msoShapeRectangle, 0, 0, 100, 100)
            shp.Fill.Background
            shp.Fill.Solid
            shp.Fill.ForeColor.RGB = 255
        End Sub
    

    左上コーナーに赤い長方形が表示されます。

  3. 図形を右クリック → [図形の書式設定…] → [塗りつぶし] と進みます。
    予想される結果:図形が赤く塗りつぶされ、PowerPointの [図形の書式設定] ダイアログに [塗りつぶし (単色)] と表示されます。
    実際の結果:図形は赤く塗りつぶされますが、PowerPointの [図形の書式設定] ダイアログに [塗りつぶし (スライドの背景)] と表示されます。
  4. プレゼンテーションを.pptとして保存し、PowerPoint 2003に読み込みます。

    予想される結果:図形が赤く塗りつぶされ、PowerPointの [オートシェイプの書式設定] ダイアログに単色の塗りつぶしが表示されます。

    実際の結果:図形の背景は塗りつぶされ、PowerPointの [オートシェイプの書式設定] ダイアログに [背景] と表示されます。

シェア