パッケージの内容

豊富な機能

think-cellはスムーズにPowerPointに統合し、40種以上のグラフ、多数のデータ駆動型ビジュアルエンハンスメント、その他のユニークな機能が含まれています。(このページのリストをご覧ください)

すべての機能はthink-cellリボングループや丸いコンテキストメニューからアクセスしたり、マウスを使った直接的なワン クリック操作によってアクセスできます。

積み上げグラフはシンプルなように見えますが、ラベリング、軸ブレーク、追加の装飾を加えるには長い時間がかかります。ビデオでは、この点についてthink-cellがどのように役立ち、一般的なグラフタイプでも時間を節約できるのか説明しています。

  • 数式を含むExcelベースのデータシート
  • セグメントとシリーズラベルの自動配置
  • 縦棒と横棒の合計
  • 絶対値からパーセンテージを取得
  • 個々のシリーズコネクター
  • 2種類の縦棒・横棒ブレーク
  • ベースラインブレーク
  • ベースラインギャップ
  • 絶対値とパーセントの差異矢印
  • CAGR矢印
  • 値ライン
  • シリーズCAGR
  • 自動シリーズ並べ替え
  • 「その他」シリーズ
  • テーブルのようなシリーズ凡例のレイアウト

値を入力して追加するだけでウォーターフォール図を作成できます。正の値は上向き、負の値は下向きに積み上げられます。「e」は小計を計算します。柔軟性を向上させるため、インタラクティブに各セグメントの基準コネクターを再びつなげ、合計の順序を変更できます。

  • 計算指向データ入力
  • 任意の数の基準コネクター
  • セグメントを横断するベースライン

think-cellは、複雑なタイムラインは、複雑なタイムラインチャート(ガントチャートとも呼ばれます)をPowerPointで直接作成できる唯一のソフトウェアです。ビデオでも説明されているように、このチャートは完全にカレンダーに基づいており、多様な装飾やラベルに対応します。

  • 日付に基づくインタラクティブなアクティビティの入力
  • 内蔵カレンダー
  • オートメーション向けのExcelインターフェイス
  • 1週間の勤務は5日または7日
  • 時系列の自動調整
  • アクティビティと棒ラベルの自動配置
  • 備考・責任ラベル用の列
  • 複数のアクティビティの行をまたがるラベル
  • 時系列をデータ関数にフィット
  • 異なるタイプのマイルストーン
  • 期間ブラケットおよび網掛け
  • アクティビティ行の網掛け

メッコチャート(マリメッコチャートとも呼ばれます)は二次元の100%グラフで、棒の幅は棒の値の合計に比例します。データ入力は100%グラフに似ており、データは特定の合計の絶対値またはパーセンテージとして示されます。

think-cellを使用すると、散布図とバブルチャートに手動でラベリングを行う必要はありません。一つの散布ポイントまたはバブルにニつ–の独立したバブルがある場合でも、これは自動的に行われます。ビデオでは、数秒で散布図を作成する方法と、Z値を追加してこれをバブルチャートにする方法について説明しています。

  • ポイントとバブルのラベルの自動配置
  • 容易なポイントとバブルのグループ化
  • 軸ブレーク
  • バブルの非表示を回避するための自動Z順序
  • 傾向線
  • 仕切り線および面
  • インタラクティブなバブルのサイズ変更
  • バブルサイズの凡例

ビデオでは、円グラフの自動ラベリング能力を説明しています。ハンドルを0度、90度、180度、または270度でアンカーポイントまでドラッグすると、円のセグメントを回転・展開できます。

  • セグメントとシリーズラベルの自動配置
  • インタラクティブな回転と展開
  • ブレークアウトチャート向けの一般的なコネクター

ビデオでは、補間や誤差範囲、日付に基づく軸の書式設定といった折れ線グラフの高度なオプションのいくつかを示しています。

  • スムーズな線
  • 誤差範囲
  • 補間
  • 縦棒グラフとの組み合わせ

ほとんどのグラフは組み合わせることができます。ビデオでは、ニつのグラフを調整して自動的に同じスケールにする方法を説明しています。また、すべてのラベルではPowerPointのテキストボックスと同じ機能を使用できます。

think-cellのクラスターチャートには、積み上げ縦棒・横棒グラフと同じ高度なオプションが備えられています。ビデオでは、自動的に計算された矢印を追加し、重要な関係を強調する方法を説明しています。

think-cellデータシートは、完全な機能を備えたExcelシートです。絶対値またはパーセンテージのいずれかを入力できます。同じタイプのエレメントをすばやくマークするには、弊社のインテリジェントな論理選択メカニズムを使用できます。

ビデオでは、軸チェックマーク、軸範囲、グリッド線のカスタマイズのような高度なオプションの一部について説明しています。

ビデオでは、100%面グラフでの作業中にthink-cellが作業の効果をどのようにして上げるのかを示しています。100%縦棒グラフと同様に、パーセンテージと絶対値のどちらを入力するか自由に選べます。

think-cellを使用すれば、テキスト ボックスから複雑なスライドをすばやく作成できます。think-cellを使用する際の大きな違いは、このようなテキスト ボックスが相互にぴったりはまるだけでなく、内容をフィットさせるために位置やサイズを変更してもつながった状態が続くという点です。そのため、レイアウト全体が自動的にテキスト ボックスとそのコンテンツに合わせて調整され、バランスの取れたスライドになります。

think-cellでプロセスフローを作成する際、画一的で柔軟性のない「ツール」を使用する必要はありません。ペンタゴンやシェブロン、テキスト ボックスといった基本的なエレメントをスライドに挿入し、これらを組み合わせてより複雑なレイアウトにすることができます。

think-cellを使用すると、PowerPointでの完全なアジェンダの作成と維持がワープロでの目次作成と同じくらいシンプルになります。章のスライドをデッキに追加し、章のタイトルを入力すれば、think-cellが残りの操作を行います。タイトルを変更した場合だけでなく、スライド一覧でスライドの順序を変更した場合も、アジェンダは自動的に更新されます。スライドショーモードでは、マウスをクリックするだけで非直線的なスライドのナビゲーションで目次と各章のスライドを使用できます。

think-cellには生産性を上げるためにかなり多くのツールが追加されています。その一部は以下のビデオで紹介されています。

  • 一般的な特殊文字にすばやくアクセス
  • 特定のスライドを保存して送信
  • スライド上のあらゆるテキストの校正言語を変更
  • フォントの置換とサイズの変更
  • 自動ケースコード
  • インクの除去

think-cellを使用すると、縦棒・横棒グラフの画像から数値データとカテゴリーのラベルを抽出できます。シンプルな縦棒・横棒グラフだけでなく積み上げグラフも認識します。

抽出プロセスはthink-cellの内部データシートから、または直接Excelから開始できます。透明の抽出ウィンドウをグラフの画像の上に動かし、インポートを押すと、グラフのデータとラベルがExcelシートに表示されます。

チャートの画像からのExcelのデータを抽出

レポートまたはPowerPointのプレゼンテーションでデータをコンパイルすると、Excelで総和を丸める際、頻繁に問題が生じます。多くの場合、丸めた合計を加数の合計に一致させることが望ましいのですが、これは困難です。ビデオでは、think-cellが専用のリボングループから利用できる一式の新しいExcel機能を提供することで、この問題をどのように解決しているのか説明しています。think-cellの柔軟な丸め機能を1回クリックすると、標準的なExcelの書式設定とExcel丸め機能よりも多くの操作を実行できます。

以下のビデオでは、think-cellが非常に複雑な丸めの問題も解決できることを説明しています。必要に応じて、セルごとに丸めの決定をコントロールできます。さらに、丸めを適用すべき一式のセルを選択できます。他のExcelシートへのリンクがあるものも選べます。

  • スタイルファイルに基づくコーポレートデザイン(CD)
  • CDフォント、色、表示形式
  • Sharepointの共同編集をサポート
  • 1回のクリックで操作
  • 類似したエレメントをすばやく選択するための論理型なげなわ
  • すべてのラベルで利用できる完全なPowerPointの機能
  • 多言語インターフェイス

以下でご利用いただけます。

Windows 10 32/64
Windows 8.1 32/64
Windows 8 32/64
Windows 7 32/64
Windows Vista 32/64

Office 365完全インストール済み
Office 365クイック実行
Office 2016 32/64
Office 2013 32/64
Office 2010 32/64
Office 2007

Mac OSの場合は?

納得できましたか?