think-cellとGetty Imagesが提携し、PowerPointのプレゼンテーションを改善する

ベルリン/ニューヨーク、2020年12月21日

think-cell、Microsoft PowerPointのグラフ作成およびレイアウトソフトウェアのゴールドスタンダードと、ビジュアルコミュニケーションの世界的リーダーであるGetty Imagesは、本日、新しいthink-cell11の登場により統合製品を発表しました。

この統合により、think-cellユーザーはPowerPointから離れることなく、Getty Imagesのアカウントから直感的に画像を検索、表示、挿入することができます。この統合された検索サービスにより、インパクトの強いプレゼンテーションに高品質の画像を使用する際の障壁を大幅に引き下げます。ユーザーは、Webブラウザを介した手動での検索/ダウンロード/挿入のループを回避することで時間を節約できるだけでなく、慎重に選択され適切なライセンスを取得した画像のみを企業のドキュメントで使用できるようになります。

think-cellとのパートナーシップの開始と、弊社製品の緊密な統合を非常に嬉しく思っています。Getty Imagesがこのプロジェクトを始めたのは、顧客基盤に大きな重複があり、ユーザーのメリットがすぐに明らかになるからです。think-cellのおかげで、最高の画像ソースと最高のプレゼンテーションソフトウェアの統合は、今では簡単に機能します。

ピーター・オーロフスキー氏、戦略的パートナーシップ担当上級副社長、Getty Images

いくつかのthink-cell機能は、Getty Imagesのデジタルコンテンツの使用をさらに最適化します。スマートな自動トリミングでは、画像の中心にある主要な関心領域が維持されます。また、think-cellでは最適な解像度でイメージが自動的にダウンロードされ、高品質のバージョンが必要な場合は更新されるため、プレゼンテーションのファイルサイズを気にする必要はありません。

「弊社の新しい画像機能think-cell11用に設計したとき、ユーザーがお気に入りのデジタルアセットサービスにシームレスにアクセスする必要があることは最初から明らかでした。弊社の多くの顧客にとって、これはGetty Imagesのことです。」と、think-cellのマーカス・ハンネバウアーCEOは語りました。「強力なGetty Images APIにより、彼らの検索とダウンロードエンジンを安全に活用することを可能にし、サードパーティのサービスとの最初の統合が非常に簡単になりました。」

新しいGetty Images統合は、think-cell11にアップデートした後、有効なGetty Imagesサブスクリプションを持つすべてのthink-cellユーザーが追加費用なしで利用できます。

Getty Imagesについて

Getty Imagesは、世界で最も信頼され評価されているビジュアルコンテンツのソースの一つであり、写真、動画、音楽を含む4億1500万を超えるアセットを、業界をリードするサイトであるwww.gettyimages.comとwww.istock.comを通じて提供しています。Getty Imagesにアクセスして、コミュニケーションとビジネスにおける静止画像と動画の独自の役割をどのように進化させ、創造的なアイデアを実現しているかを学んでください。

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cellの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。

シェア